スロウな本屋

オンラインショップ

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • ヨチヨチ父

    作/ヨシタケシンスケ

    972円(税込)

    ママっていつもイライラしてるよね? パパって何か蚊帳の外だよね・・・? 『りんごかもしれない』でおなじみ、絵本作家・ヨシタケシンスケさんが、父になってわかった「トホホな真実」を描く育児イラストエッセイ。はじめてお父さん・お母さんになる方へのプレゼントに。まさに「はじめて」真っ最中のひとたちに。クスッと笑えて、楽になります。

  • アームストロング

    作/トーベン・クールマン

    2,700円(税込)

    夜ごと天体望遠鏡をのぞく小ネズミは、月は地球をまわる衛星だと発見。しかし仲間のネズミたちは、月はでっかいチーズと信じていて、とりあってくれません。がっかりする小ネズミのもとに、スミソニアン博物館から手紙が届き・・・!?

  • アントワネット

    作/ケリー・ディプッチオ
    絵/クリスチャン・ロビンソン

    1,620円(税込)

    ブルドッグ一家のアントワネットには、3匹のきょうだいがいます。ロッキーは賢くて、リッキーは足が速く、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、自分の得意なことがわかりません。

  • 庭のたからもの

    作/大野八生

    1,458円(税込)

    春から冬へ。季節を通して植物の愉しみ方、育て方、身近な自然とのふれあい方を、美しいイラストで紹介する絵本。 自宅に庭がなくても大丈夫。著者は、絵本 『じょうろさん』 『にわのともだち』でお馴染み、造園家であり、イラストレーターとしても活躍する大野八生さん。その繊細で確かな絵と知識が、公園で、道ばたで、花屋で、など、身の回りの自然の楽しみ方を教えてくれます。

  • さくら研究ノート

    著者/近田文弘
    絵/大野八生

    1,728円(税込)

    日本人とは切りはなすことができない桜の木。学校にも必ずといっていいほどある桜の木。専門的で、子どもたちも興味をもって、桜の木について知ることができるように、イラストでわかりやすく解説する。

  • さらじいさん

    作/はせがわはっち

    1,512円(税込)

    おじいちゃんからもらった、とても古びた、青いお皿。青い絵の中に描かれた、ぼうず頭のひとがおかしいから、「さらじいさん」って呼んでいる。お母さんは、「使っちゃだめ」と言って、飾っている。お皿なのに、変なの。 ある日、ドーナツを食べようと、このお皿にこっそりのせたら、手がにゅーっとのびてきて・・・!?

  • 今月のふくてんちょー

    1,836円(税込)

    「今月のふくてんちょー」とは、小学生が選んだイチオシ岩波少年文庫を、1か月間宣伝販売する、スロウな本屋の人気プロジェクトです。本書は、2016年2月~2017年2月までの歴代ふくてんちょーのオススメ本を、一冊にまとめたもの。 製本も、ふくてんちょーたちの手で行なっています。表紙は、一点ずつ手書き(手描き)の完全オリジナルです。どんな表紙の本が届くかは、どうぞお愉しみに。

  • ぼくの草のなまえ

    作/長尾玲子

    1,188円(税込)

    太郎くんは、プランターのチューリップに水をあげていると、片隅に小さな草が白い花を咲かせているのに気が付きました。かわいい草の名前を知りたい太郎くん。そうだ、雑草のことならおじいちゃんだ! さっそく電話をするのですが、この季節に白い花が咲く雑草の名前は、どうやらとてもたくさんあるようです。さて、太郎くんとおじいちゃんは、どうする!?

もっと見る >

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • インタビュー

    著者/木村俊介

    2,376円(税込)

    えんえんと、えんえんと、えんえんと、 訊(き)く。纏(まと)める。 20年にわたり1000人以上の人にインタビューしつづけてきた著者による、はじめてのインタビュー論。下準備、節度などの基本から、依頼の仕方、聞き方などの技術までを網羅。その上で、「インタビューにはなにができるか」という可能性を探る。

  • 今日の人生

    著者/益田ミリ

    1,620円(税込)

    むなしい日、幸せな日、おいしいものを食べた日、永遠の別れが訪れた日・・・。2コマで終わる 「今日」 もあれば、8ページの物語になる 「今日」 もある。「今日の人生」 の積み重ねが、私の人生。

  • 人と料理

    作/馬場わかな(写真・文)

    1,944円(税込)

    皆が作り、食べるのだ。料理が本業の人もそうじゃない人も、 料理に対して語ることばを持っている人もいない人も。 どんな人でも、毎日ごはんを作って食べる。そんな日々の営みを、ライフワークとして撮り続けてきたフォトグラファー・馬場わかなさん。興味を惹かれた人たちに、「いつもの料理を作ってください」 とお願いして、普段の表情や料理風景を撮影してきた。

  • こどものみかた

    著者/柴田愛子

    1,296円(税込)

    未知のものへの好奇心、友だちとの葛藤、個性の違い・・・。毎日を精一杯生きる子どもたちのこころの中で、どんなドラマが起きているのか? 1982年、神奈川県に小さな幼稚園 「りんごの木」 をはじめた、著者・柴田愛子さん。本書は、保育の最前線で小さなひとたちをつぶさに見てきた柴田さんによるエッセイ。

  • 食の思想

    著者/小林カツ代

    1,188円(税込)

    一人でも『家庭料理』と思いたいけれど、 一人暮らしを家庭と呼ぶかどうか。 家族とでもいいし、 一人が自分のためだけの、 個人が楽しむために作る料理でもいいし。 うちで作ってただ食べるそのことを なんて呼べばいいかなァ。

  • 本の修理と仕立て直し

    著者/美篶堂

    1,944円(税込)

    カバーが破れた。ページが裂けた。背表紙が壊れた。本がバラバラになった・・・。何度も読んだ愛着ある本は、どうしても傷んでしまいがち。思い出のいっぱい詰まった本は、捨てるに捨てられない。

  • かんしゃになろうよ。こころで、

    作/佐藤春菜

    1,620円(税込)

    ダウン症のアーティスト、佐藤春菜さんの作品集。 詩であり、絵でもある、新しい「ことば」の表現。

  • マーマーマガジン for men 第3号

    著者/服部みれい

    972円(税込)

    ■追悼特集 中島正 思想入門/みの虫生活のすすめ 不耕の民と都市とは? 直耕の民と自然世とは? 独立農民、どうやって? 編集部がおくる みの虫生活のためのAction Plan11 中島正インタビュー

もっと見る >

イベントワークショップ

スロウな本屋で開催しているイベントをご紹介しています

  • 薬膳1

    2017年06月25日(日)

    パーソナル薬膳

    「薬膳」と聞くと、「薬っぽくて苦そう!」 「難しそう!」そんなイメージを持たれることが多い…
  • IMG_20170116_141235

    2017年06月23日(金)

    読書会『独り居の日記』

    一冊の本を、ゆっくりじっくり読んでみる。メイ・サートン著『独り居の日記』を、1年かけて毎回…
  • IMG_0640

    2017年06月18日(日)

    えほん哲学カフェ

    絵本を読んだあと、感想を語り合いながら、物語から浮かび上がるテーマについて考える、大人のた…
  • IMG_0867

    2017年06月17日(土)

    大人(  )絵本の会

    お気に入りの一冊を持ち寄って、自分のことばで語る時間、大人(  )絵本の会。大人( の )…
  • IMG_0952

    2017年06月11日(日)

    ひたすらチクチクの会

    「お裁縫は苦手で・・・」 「きれいに縫えるようになりたい」 大人のみなさんから、そんな声を…
  • ぽわんさんイメージ画像

    2017年06月04日(日)

    ぽわん チーズケーキ販売

    果物、野菜、豆や木の実。四季折々の旬の素材を混ぜ込んだ、季節のチーズケーキ、ぽわん。6月の…

もっと見る >

毎月えりすぐりの1冊がお家に届く楽しみ。

スロウな絵本の絵本便

あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が、毎月ポストに届く楽しみ。

絵本便のコースは次の3つからお選びいただけます

  • 小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

スロウな本屋

岡山県岡山市北区南方2−9−7
TEL:086−207−2182営業時間:11:00~19:00定休日:火曜日

お問い合わせはこちらから

一冊の本から、なにかがはじまる

tumblr

pagetop
×