スロウな本屋

オンラインショップ

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • マスターさんとどうぶつえん

    作/アーノルド・ローベル

    1,512円(税込)

    お天気のいい日は、いつもお気に入りの動物園に出かけるマスターさん。動物たちも、マスターさんが大好き。だから、動物園が閉まる時間になると、どちらも悲しい気持ちになります。

  • サンカクさん

    作/マック・バーネット
    絵/ジョン・クラッセン

    1,944円(税込)

    あるひ さんかくさん どっか いきよる 「シカクに わるさ しにいくねん」 「みててみ、おもしろいことに なるで・・・」 サンカクさんとシカクさん。ふたりは友達なのか? それとも!? 絵本 『どこいったん』 『みつけてん』 でお馴染み、ジョン・クラッセンさんの新シリーズ第1弾。長谷川義史さんの大阪弁訳で、ハラハラドキドキをたっぷりとお愉しみあれ。

  • 森のノート

    著者/酒井駒子

    2,268円(税込)

    日常の暮らしの片隅にひっそりとある静謐な時間。『よるくま』 『ビロードのうさぎ』 『くまとやまねこ』 でお馴染み、絵本作家・酒井駒子さんのはじめての画文集は、まるで静かな森をひとり歩いているような、静けき世界。

  • こどもってね……

    作/ベアトリーチェ・アレマーニャ

    1,728円(税込)

    こどもってね、ちいさな ひと。 でも、ちいさいのは すこしのあいだ。 いつのまにか しらないうちに おおきくなる。

  • おいしくたべる

    著者/松本 仲子(監修)
    絵/加藤休ミ/得地直美

    1,296円(税込)

    ひとは「食べる」。今日も明日も、この先もずっと。ひとはなぜ食べるんだろう? ひとはどうして 「おいしいもの」 が好きなんだろう? 大昔のひともそうだったのかな? 甘いものは、なぜおいしいの? 好きなものだけ食べて、生きていける? 不思議に思ったことがあるなら、ぜひ本書 『おいしくたべる』 を読んでみてほしい。

  • きみはライオン!

    作/ユ・テウン

    1,620円(税込)

    きちんと すわって りょうてを ひざに、 おおきく くちをあけ したをだす! そしたら きみは・・・ ライオンだ! 小さなひとは、生き物のまねが大好き。かえるになったり、ヘビになったり、「にゃーお」 とねこになったり! それぞれの生き物のまねは、実はヨガのポーズそのもの。

  • ノーム 不思議な小人たち

    作/ヴィル・ヒュイゲン
    絵/リーン・ポールトフリート

    1,944円(税込)

    あなたはノームに出会ったことがありますか? ヨーロッパを中心に、ロシア、北米にも生息している小さな生きもの、ノーム。その生態と歴史について、豊富な図版と詳細な解説からなる、唯一無二のノーム研究書です。

  • 空をつくる

    作/村尾亘

    1,728円(税込)

    小さな頃から、絵を描くことが大好きだった「僕」。住んでいた町は、次第に緑が消え、高い家々が建つようになった。遠くの山も、季節の花も、もう見えない。 「もっと、もっと・・・」 おいしいものが大好きなある者は、もっとたくさんの食料を置くために。帽子が大好きなある者は、もっといろいろの帽子を家に置くために。人々は、家を上へ上へと建て増しする。

もっと見る >

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • うしろめたさの人類学

    著者/松村圭一郎

    1,836円(税込)

    市場、国家、社会・・・。断絶した世界が、「つながり」を取り戻す。 その可能性を、「構築人類学」という新たな学問手法で追求。強固な制度のなかにスキマをつくる力は、「うしろめたさ」にある! 「批判」 ではなく 「再構築」 をすることで、新たな時代の可能性が生まれる。

  • 私たちの星で

    著者/梨木香歩、師岡カリーマ・エルサムニー

    1,512円(税込)

    イスラームのことを学びたい、とはじまった往復書簡。端正な作品で知られる作家・梨木香歩さんと、多文化を生きる類い稀なる文筆家・師岡カリーマ・エルサムニーさん。お二人の邂逅から生まれた、人間の原点に迫る対話は、なんとスリリングであることか。

  • 神谷美恵子 島の診療記録から

    著者/神谷美恵子

    1,512円(税込)

    ハンセン病患者に寄り添い続けた精神科医・神谷美恵子さん。瀬戸内、国立療養所長嶋愛生園での経験、自らの幼少期の体験や子育てを通じてつむぎ出されることばの、なんとたおやかであることか。

  • murren vol.21

    作/若菜晃子

    540円(税込)

    「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な自然や山をテーマにした小冊子『mürren(ミューレン)』。山に登ったことのないひとでも、自然の中に一緒に身を置いているかのような気分になります。

  • 物語のティータイム

    著者/北野佐久子

    1,944円(税込)

    物語の中に登場するおいしそうなお菓子やハーブ、草木の名前に、ドキドキしたことはありませんか? 本書 『物語のティータイム』 は、イギリスの食文化や児童文学を研究してきた著者・北野佐久子さんによる、ユニークなイギリス児童文学の解説書。なにしろ、お菓子と暮らしにフォーカスして、11作品を読み解いていくのですから。

  • さきちゃんの読んだ絵本

    著者/かわいゆう
    絵/木原いづみ

    1,944円(税込)

    「こんにちは、かまのすけさん」 さきちゃんは、道で本物のかまきりに出逢いました。おばあちゃんが、かまきりのかまのすけさんのお話を読んでくれてから、大好きになったかまきりに。

  • この椅子が一番!

    著者/西川栄明

    1,944円(税込)

    椅子に関わる専門家100人に、約40項目のアンケートを実施。名作椅子ベスト20、座りやすい椅子ベスト10・ワースト10、仕事がバリバリはかどる椅子、パスタを食べる時に座りやすい椅子、5歳の子どもに座らせたい椅子などなど、回答を基に、シーン別に適する椅子を紹介する。

  • この世は落語

    著者/中野翠

    950円(税込)

    ノンキで、愚かで、愛すべきひとびとが登場する落語。ヒトの愚かさのいろいろを、呑気に受けとめ笑い飛ばしてしまう落語54作品の魅力を、30年来の「落語ファン」である著者・中野翠さんが綴る、最良の落語案内。登場人物を著者自らが描いたイラスト多数。

もっと見る >

イベントワークショップ

スロウな本屋で開催しているイベントをご紹介しています

  • IMG_20170116_141235

    2017年10月27日(金)

    読書会『独り居の日記』

    一冊の本を、ゆっくりじっくり読んでみる。メイ・サートン著『独り居の日記』を、1年かけて毎回…
  • IMG_3640

    2017年10月21日(土)

    大人(  )絵本の会

    お気に入りの一冊を持ち寄って、自分のことばで語る時間、大人(  )絵本の会。大人( の )…
  • うしろめたさの人類学_カバー+帯+表紙_fix_ol

    2017年10月14日(土)

    松村圭一郎『うしろめたさの人類学』刊行記念 トークイベント

    松村圭一郎・著『うしろめたさの人類学』(ミシマ社)の刊行を記念して、トークイベントを開催い…
  • bookbarトップ画像

    2017年10月01日(日)

    BOOK BAR

    【申込受付終了】 グラス片手に、お気に入りの本の話をする、大人のための本の時間「BO…
  • IMG_3164

    2017年09月30日(土)

    絵本とお絵描きワークショップ 『ひとつ』

    【申込受付終了】 絵本を読んで、感じたこと、考えたことをお絵描きするワークショップ。…
  • IMG_3067

    2017年09月30日(土)

    えほん哲学カフェ『空をつくる』

    絵本を読んで、感想を語り合い、物語から浮かび上がるテーマについて考える、大人のための哲学時…

もっと見る >

毎月えりすぐりの1冊がお家に届く楽しみ。

スロウな絵本の絵本便

あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が、毎月ポストに届く楽しみ。

絵本便のコースは次の3つからお選びいただけます

  • 小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

スロウな本屋

岡山県岡山市北区南方2−9−7
TEL:086−207−2182営業時間:11:00~19:00定休日:火曜日・第二月曜日

お問い合わせはこちらから

一冊の本から、なにかがはじまる

tumblr

pagetop
×