スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

夢もまた青し 志村の色と言葉

9784309028231

夢もまた青し 志村の色と言葉

著者/志村ふくみ/志村洋子/志村昌司
出版社/河出書房新社
サイズ/204ページ 19.5*13cm
発行(年月)/2019年8月

販売価格 ¥ 2,052(本体 ¥1,900)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

生きることの理

染めること、織ること、祈ること。人間国宝・志村ふくみさんと、その魂と思いを受け継ぐ娘の洋子さん、孫の昌司さん。それぞれの個性が響き合いながら未来に繋ぐ思いを語る、家族三代の初めての共著。


  「道が開けるとすれば、
  今に生きる一人ひとりが切実に深く悩み、
  思考するよりほかにないのではないでしょうか。
  歴史や芸術に死に物狂いで学び、
  ひたすらに考えてください。
  行きづまっては考え、立ち止まっては考え、
  どうかその歩みを止めないでください」


  「四郎とあやが『沖宮』へと道行く、幕切れの場面。
  それまでやんでいた雨がぱらぱらと落ちてきたのです。
  そして舞台が静寂を取り戻すとともに、
  ふたたび雨は降りやみました。
  その慈雨は、まるで雨乞いの祈りを聞いた石牟礼さんが、
  天から降らせたちょっとした合図のようでした」


  「今の世の中は、生産性と効率化を追い求める
  資本主義で覆いつくされています。
  その中にあって、私たちのような
  自然とともにある手仕事は、
  まさに息絶えんばかりの状況にあります。
  この大きな潮流を押し止める術は、
  もはや残されていないのかもしれないと、
  途方に暮れることもしばしばです。
  しかしたとえ負けるとわかっていても、
  肝心なのは負け方だと私は思っています」


<目次より>
一章 いろ <色>
色がなければ空(くう)は存在せず、空がなければ色は存在しない

二章 は <母>
母から娘に受け継がれてきた機織りの背後には、数多の母の存在がある

三章 にほ <日本>
千変万化の移ろいの中から、おのずと日本的色彩は生まれてきた

四章 へ <編>
織るということは「縦(たて)」という必然と「緯(よこ)」という偶然が交差して布が生まれること

五章 と <時>
あらゆるものが滅びても、本物だけは時代とともに美しさを増す

tumblr

pagetop
×