スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

つくる|絵本

  • あかりをけして

    あかりをけして

    作/アーサー・ガイサート

    1,512 円(税込)

    「8時になったら、あかりを消さなきゃだめ」 両親はそう言うけれど、コブタは、暗い部屋ではこわくて眠れない。「なにか工夫をしてみたいですって? どうぞ、やってごらんなさい」

  • ウェズレーの国

    ウェズレーの国

    作/ポール・フライシュマン
    絵/ケビン・ホークス

    1,512 円(税込)

    仲間はずれにされていた少年ウエズレー。夏休みの自由研究に、あることをひらめいた。「じぶんだけの作物をそだてて、じぶんだけの文明をつくるんだ!」

  • おおきな きが ほしい

    おおきな きが ほしい

    作/さとうさとる
    絵/むらかみつとむ

    1,080 円(税込)

    「おおきな おおきな木があるといいな。ねえ おかあさん。」 かおるの考えるおおきな木は、とても素敵な木。

  • アームストロング

    アームストロング

    作/トーベン・クールマン

    2,700 円(税込)

    夜ごと天体望遠鏡をのぞく小ネズミは、月は地球をまわる衛星だと発見。しかし仲間のネズミたちは、月はでっかいチーズと信じていて、とりあってくれません。がっかりする小ネズミのもとに、スミソニアン博物館から手紙が届き・・・!? 

  • ふしぎなにじ

    ふしぎなにじ

    作/わたなべちなつ

    1,620 円(税込)

    ピカピカ鏡のように反射する紙でつくられた絵本です。直角(90度)に開くと、あら不思議! 両側のページの絵が互いに映りこんで、驚くほど立体的に見えるのです。

  • もぐらとずぼん

    もぐらとずぼん

    作/エドアルド・ペチシカ
    絵/ズデネック・ミレル

    1,404 円(税込)

    青いズボンが欲しくてたまらないもぐらくん。どうやったらズボンが手に入るだろう? みんなに聞いてまわります。川に住んでいるえびが、「きれを持ってくれば、ずぼんの形に切ってあげるよ」と約束してくれました。巣作りの上手なあしきりが、「縫ってあげるとも」と言ってくれました。

  • ふくはなにからできてるの?

    ふくはなにからできてるの?

    作/佐藤哲也
    絵/網中いづる

    1,296 円(税込)

    服は布から、布は糸から、糸は繊維からできている。動物の毛、虫のマユ、植物の葉や茎・・・。さまざまな材料から、細くて長くて、ふわふわした「せんい」をとりだして、紡いで、織って、縫って。そこから服が生まれます。

  • じぶんでつくろう こどものしゅげい

    じぶんでつくろう こどものしゅげい

    著者/大月ヒロ子
    絵/木村愛

    1,404 円(税込)

    針も編み棒も使わない、子どものためのかんたん手芸の本です。小さくなったTシャツ、シミがとれないブラウス、擦り切れたワイシャツ、穴があいたタイツ、毛玉だらけのセーター、陽に焼けたカーテン・・・。身のまわりで手に入る材料を、まずは探してみましょう。集まったものを、ハサミで切ったり、ほどいたり。愉しい最初の仕事は、材料つくり!

  • 糸あそび布あそび

    糸あそび布あそび

    作/田村寿美恵
    絵/平野恵理子

    1,404 円(税込)

    細い糸、太い糸、粗い麻糸、ふわふわ毛糸に、固いたこ糸。よく見ると、どの糸も 「よれて」 いるのに気付きます。どうしてだろう? 家の中を見渡すと、カーテン、布団、テーブルクロス、タオルにエコバッグ・・・いろんな布。布は、糸を織ったり編んだりしたもの。
    お次は実験。特別な道具は不要です。布ぞうりなら、自分の体が道具になります。段ボール、カッターナイフ、毛糸、そしてフォーク。家の中にあるものを使えば、

  • 工作図鑑

    工作図鑑

    作/木内勝
    絵/木内勝・田中皓也

    1,728 円(税込)

    手、はさみ、小刀、千枚通し、かなづち、のこぎり、きり、ペンチなど、さまざまな道具の使い方を覚えながら、伝承おもちゃから創作のものまで170種のおもちゃが、楽しく作れます。(小学中学年~)

  • キュッパのはくぶつかん

    キュッパのはくぶつかん

    作/オーシル・カンスタ・ヨンセン

    1,404 円(税込)

    丸太の男の子、キュッパ。森でいろいろなものを集めるのが大好き。おかげで部屋はいっぱい。おばあちゃんに相談して、集めたものを分類し、博物館を開くことにしました。
    森ではじめての博物館。たくさんのひと相手に、はりきって展示を案内するキュッパ。

  • ルリユールおじさん

    ルリユールおじさん

    作/いせひでこ

    1,728 円(税込)

    ソフィーは植物が大好きな女の子。読み込んだ図鑑が、ある朝バラバラになってしまいます。パリの街を、大事な図鑑を抱えて歩くソフィー。本屋には新しい植物図鑑がいっぱいあっても、なおしたいのはこの一冊。

  • チェロの木

    チェロの木

    作/いせひでこ

    1,620 円(税込)

    森の木を育てる仕事をしていた祖父、木からバイオリンやチェロをつくる楽器職人の父を持つ、ひとりの少年がいました。祖父と森を歩いて自然の音に耳を澄ませ、父の楽器づくりをする姿を見ながら育った少年は、ある日、父親がつくった楽器を弾くチェリスト・パブロさんの演奏にふれ、心をひきつけられます。
    四季折々の森の色、小鳥のさえずり、虫の声、風の音。そんな美しい森で生まれた木。その木が、職人の手で楽器に姿を変え

  • クリスティーナとおおきなはこ

    クリスティーナとおおきなはこ

    作/パトリシア・リー・ゴーチ
    絵/ドリス・バーン

    1,404 円(税込)

    クリスティーナは、いろいろなものを集めるのが好き。空きかん、こわれた時計、よれよれのネクタイ・・・。でも、一番すきなのは箱。箱が大きければ大きいほど、クリスティーナはワクワクします。
    ある日、家に新しい冷蔵庫が届きました。なんて大きな箱! クリスティーナは空き箱を前に、大喜び。この箱で、なにしよう?

  • 舟をつくる

    舟をつくる

    作/前田次郎
    絵/関野吉晴・監修・写真

    1,728 円(税込)

    日本列島に人類がやってきた足跡をたどる旅。インドネシア・スラウェシ島から日本・石垣島へ、当時の人と同じように、自然から採取したものだけで舟をつくって旅をしよう!
    探検家・関野吉晴。大学生と共に一艘の丸木舟をつくることにした。まずは道具。木を切るナタやオノをつくるため、九十九里浜で砂鉄を集めた。砂鉄から鋼をつくり、奈良の鍛冶職人と共に鍛える。インドネシアで全長54mの巨木を舟大工らと共に伐採。倒さ

tumblr

pagetop
×