スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

読みもの|絵本

  • 読みたい絵本 (momo book)

    読みたい絵本 (momo book)

    1,728 円(税込)

    雑誌『momo』から完全保存版の絵本ガイド。絵本特集号の6号、18号より改編、一部内容抜粋し、全国の絵本屋さん54軒と、それぞれにおすすめの4冊を紹介。「のりもの」 「たべもの」 「いきもの」 「奇想天外」 「身近な人」 をテーマに選んだ絵本など、500冊を超える絵本が紹介され、使いごたえ十分。

  • 岸辺のヤービ

    岸辺のヤービ

    作/梨木香歩
    絵/小沢さかえ

    1,728 円(税込)

    寄宿学校で教師をしている「わたし」は、ある晴れた夏の日、学校近くの三日月湖、マッドガイド・ウォーターに浮かべたボートの上で、ふわふわの毛につつまれた、二足歩行するハリネズミのようなふしぎな生きものと出会います。

  • ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

    ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

    作/斉藤倫
    絵/高野文子

    1,296 円(税込)

    きみはいつものように、あけっぱなしの玄関から、どんどんぼくの部屋にあがりこみ、ランドセルをおろしながらこういった。「せんせいが、おまえは本を読めっていうんだ。ことばがなってないから」。ぼくは一冊の詩集をきみに手渡す。「ここんとこ、読んでみな」

  • 夢見る人

    夢見る人

    作/パム・ムニョス・ライアン
    絵/ピーター・シス

    2,592 円(税込)

    ネフタリ・レジェスは、ひよわな少年だが、並外れた想像力の持ち主だ。厳しい父親から、「将来は医者になれ」 「空想などやめて強くなれ」と怒られるが、ネフタリのこころはいつも夢見ることをやめられない。


      「一分は何色?
      一か月は?
      一年は?」

  • ピッピ 南の島へ

    ピッピ 南の島へ

    著者/アストリッド・リンドグレーン
    絵/イングリッド・ヴァン・ニイマン

    1,782 円(税込)

    ピッピは「ごたごた荘」で、今日も元気。トミーとアニカはもちろん、町のひとたちもピッピとすっかりなかよしです。ある日、ピッピのもとに手紙が届きました。

      「わしの愛するピッピロッタ...
      わしはおまえをむかえに行って、しばらくのあいだ、
      クレクレドット島へつれていこうと思っとるのだ。

  • クシュラの奇跡  140冊の絵本との日々【普及版 】

    クシュラの奇跡  140冊の絵本との日々【普及版 】

    著者/ドロシー・バトラー

    1,728 円(税込)

    複雑な重い障害をもって生まれたクシュラ。ひとりの女の子の“生”のたたかいの記録と、その成長に関わったたくさんの絵本の物語。

    生後まもなく次々と異常が発見されたクシュラ。絶望的な日々の中で、両親は懸命に治療法を模索し、かすかな希望の光を見出します。昼も夜も眠れずにむずかる赤んぼうとの長い時間を埋めるため、母親がはじめた絵本の読み聞かせに、生後四か月のクシュラが強い関心を示したのです。

  • ピッピ 船にのる

    ピッピ 船にのる

    著者/アストリッド・リンドグレーン
    絵/イングリッド・ヴァン・ニイマン

    1,782 円(税込)

    ピッピはなかよしのトミーとアニカといっしょに、今日も元気に大活躍! ニイマンの挿絵と新訳によるシリーズ2作目。

  • 長くつ下のピッピ

    長くつ下のピッピ

    著者/アストリッド・リンドグレーン
    絵/イングリッド・ヴァン・ニイマン

    1,782 円(税込)

    世界中で愛され続ける、だれよりも強くて自由な女の子「ピッピ」の物語を、スウェーデン語初版挿絵と新訳で。

  • あしながおじさん

    あしながおじさん

    著者/ジーン・ウェブスター
    絵/安野光雅

    2,376 円(税込)

    「すてきなことがおこりました。あててみる? でもあたりっこない! 」

    100年以上にわたって世界中で読みつがれてきた名作が、詩人・谷川俊太郎さんの訳と、画家・安野光雅さんの絵によって、新たな生を吹き込まれました。

  • 銀河鉄道の星

    銀河鉄道の星

    著者/宮沢賢治(原作)/後藤正文(編)
    絵/牡丹靖佳

    1,944 円(税込)

    銀河鉄道の夜、よだかの星、双子の星。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんが、宮沢賢治の世界そのままに、新たな生命を吹き込んだ名作の決定版。「恐れおののきつつ、ありったけの愛をもってリミックスしました」

  • あさって町のフミオくん

    あさって町のフミオくん

    著者/昼田弥子
    絵/高畠那生

    1,404 円(税込)

    小学3年生のフミオくんの町は、どこかへん。スーパーマーケットへ牛乳を買いにいったらシマウマの子どもと間違われたり、がいこつのおじさんとプールへ行ったり、「おいらたちは、おまえの足にぴったりだ!」という運動靴に出会ったり、お茶目なタコが耳にできたり・・・!?

  • 赤毛のアン

    赤毛のアン

    作/ルーシイ=モード=モンゴメリ
    絵/安野光雅

    3,024 円(税込)

    世界中で愛され続ける名作『赤毛のアン』。颯爽と明るい少女・アンが、風光明媚な島の自然から、多くのものを受け取り、こころ優しいひとびととの魂の触れ合いを通し、目覚め、成長していく、こころあたたまる物語です。

  • 小さな家のローラ

    小さな家のローラ

    著者/ローラ・インガルス・ワイルダー
    絵/安野光雅(監訳・絵)

    2,052 円(税込)

    名作 『大きな森の小さな家』 が、安野光雅さんの手によって 「絵の本」 になりました。

    かつて大ヒットしたテレビドラマ 『大草原の小さな家』、その原作 『大きな森の小さな家』 の世界に魅了された方も多いはず。安野光雅さんの絵と訳で描きおろされた本書は、緻密な描写と遊びごころあふれる美しい絵と、親しみやすい日本語訳で、アメリカ西部開拓時代を生きた家族の、あたたかく力強い暮らしを忠実に描きます。

  • あやとりの記

    あやとりの記

    作/石牟礼道子

    810 円(税込)

    幼いみっちんが見つめる世界は、自然も、ひとも、不思議な美しさと優しさに満ちている。一本足の仙造やん、馬の萩麿、火葬場の岩殿、「あいさつのよい」ヒロム兄やん、懐にいつも犬を入れている犬の仔せっちゃん、そして祖母であるおもかさま・・・。山や海には「あのひとたち」がいて、森羅万象とつながり、交信しているかのよう。

  • 絵本の冒険

    絵本の冒険

    著者/小野明(編著)

    1,836 円(税込)

    「絵本とじっくりつきあうこと。絵をゆっくりよむこと。それによってこころが、からだが揺さぶられるのです」

    子どもは、絵本のことばと絵を同時に受けとめる。その原初的で直接的な感覚を、〈基本の子ども〉と呼ぶことにする。〈基本の子ども〉は、大人になってもずっと残っている。〈大人の私の素〉みたいなものとして、しっかり根を張っている。

tumblr

pagetop
×