スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

読みもの|絵本

  • 絵本の冒険

    絵本の冒険

    著者/小野明(編著)

    1,836 円(税込)

    「絵本とじっくりつきあうこと。絵をゆっくりよむこと。それによってこころが、からだが揺さぶられるのです」

    子どもは、絵本のことばと絵を同時に受けとめる。その原初的で直接的な感覚を、〈基本の子ども〉と呼ぶことにする。〈基本の子ども〉は、大人になってもずっと残っている。〈大人の私の素〉みたいなものとして、しっかり根を張っている。

  • 北欧に学ぶ小さなフェミニストの本

    北欧に学ぶ小さなフェミニストの本

    作/サッサ・ブーレグレーン

    1,620 円(税込)

    「世の中で大事なことを決めるのは、どうしておじさんばかりなの?」 ある日、新聞の写真を見た10歳のエッバ、なんだかおかしい、と気付きます。

  • 熊とにんげん

    熊とにんげん

    作/ライナー・チムニク

    1,512 円(税込)

     熊おじさんには友だちがふたりいた。
     熊と、そして、神さまだった。
     おじさんは、鉄のフライパンと、
     ひとつの音しか出ない角笛と、
     まりを七つもっていた。

  • 山のトムさん ほか一篇

    山のトムさん ほか一篇

    作/石井桃子
    絵/深沢紅子/箕田源一郎

    756 円(税込)

    戦争が終わってまもない頃、北国の山中で開墾生活をはじめたトシちゃん一家。山の家には、ネズミどもが出没、その退治のため、雄の子ネコトムがもらわれてきました。

tumblr

pagetop
×