スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

読みもの|絵本

  • グレタ・トゥーンベリ

    グレタ・トゥーンベリ

    著者/ヴィヴィアナ マッツァ

    1,430 円(税込)

    グレタ・トゥーンベリはスウェーデンのティーンエイジャーで、いまやロックスターなみの有名人です。でも、ずっと有名だったわけではありません。

  • ネルソン・マンデラ

    ネルソン・マンデラ

    著者/セロ・ハタン&ヴァーン・ハリス

    1,100 円(税込)

    インタビューシリーズ「信念は社会を変えた!」は、ネルソン・マンデラの生き方に触発されて、現代の影響力を持つリーダーたちが、真に重要と考えていることを記録し、共有するために編まれたもの。シリーズ第2弾は、そのネルソン・マンデラ自身について、彼と共に自由のために闘った腹心の部下たちがまったく新しい視点で分析した。

  • グレタ・トゥーンベリ

    グレタ・トゥーンベリ

    著者/ジェフ・ブラックウェル&ルース・ホブデイ(編)

    1,100 円(税込)

    この強さは、どこからくるのか? 世界を驚かせた若き活動家の素顔に迫る特別インタビュー。

  • 14歳の教室

    14歳の教室

    著者/若松英輔

    1,430 円(税込)

    答えは誰かがくれるものじゃない。自分で見つけるものなんだ。

    進むべき道に迷ったとき、先が見えずに苦しいとき、生きがいを見失ったとき、言葉が君を支えてくれる。「おもう」「分かる」「考える」「読む」「書く」「聞く」「話す」 素朴な動詞の意味を問いながら、大切な言葉と出会う7つの授業 。

  • 13歳までにやっておくべき50の冒険

    13歳までにやっておくべき50の冒険

    著者/ピエルドメニコ・バッカラリオ、トンマーゾ・ペルチヴァーレ
    絵/アントンジョナータ・フェッラーリ

    1,760 円(税込)

    児童文学作家・バッカラリオらが贈る、ちょっぴり変わったアドベンチャーガイド。木登りや雪合戦のようなアクティブなものから、魔法の薬の調合といった「?」なものまで、多彩な50のミッションが子どもたちを待ちうけます。

  • 新装版 私の絵本ろん

    新装版 私の絵本ろん

    著者/赤羽末吉

    1,540 円(税込)

    「わかってもわからなくても、シカとした本質的なものをみせることが大切だ」 『スーホの白い馬』 『かさじぞう』などで知られる赤羽末吉。日本ではじめて、国際アンデルセン賞を受賞した絵本作家は、いつも子どもを愉しませようと考え、子どもの絵本を読みとく力を信用していた。「良い作品はなぜ古くならないのか」という創作の根源的な疑問を、平易な言葉で解きあかす絵本論。

  • チョウはなぜ飛ぶか

    チョウはなぜ飛ぶか

    著者/日高敏隆

    836 円(税込)

    小学生のころ、ぼくはおもしろいことに気がついた。どうしてアゲハは同じ道を飛ぶんだろう? 少年はやがて研究者となりチョウの行動のふしぎを解きあかしていく。なぞを追って、世界を知るのはたのしい。動物行動学者が夢中で調べて見たこと感じたことを、失敗談もまじえて子どもたちに語る。装画・解説=舘野鴻。

  • 谷川俊太郎詩集 たったいま

    谷川俊太郎詩集 たったいま

    著者/谷川 俊太郎, 広瀬 弦
    絵/谷川 俊太郎, 広瀬 弦

    792 円(税込)

    青い鳥文庫はじめての詩集。子どもたちにもおなじみの詩人・谷川俊太郎さん。その膨大な作品のなかから、37編を選び、新作も収録。こころが大きく成長する子どもたちに、つらい気持ちに寄り添ったり、大人の本音を明かしたり、社会への疑問を問いかけたり、世界平和を考えたりする詩を届けます。流れていく時間を止めようとせず、大人の世界の扉を開けることをためらわないで、というメッセージが込められています。

  • コトノハ町はきょうもヘンテコ

    コトノハ町はきょうもヘンテコ

    著者/昼田弥子
    絵/早川世詩男

    1,100 円(税込)

    レンちゃんは、小学生の女の子。ことばどおりのことが起きちゃう、ヘンテコな町「コトノハ町」に住んでいます。ある日、遠足で山登りに出かけると、「ブハハハ!」とレンちゃんのひざが笑いだすではありませんか! はずかしくて、足元を穴のあくほど見つめると、地面にぽっかり穴があいて・・・!?

  • グレタと立ち上がろう

    グレタと立ち上がろう

    著者/ヴァレンティナ・ジャンネッラ
    絵/マヌエラ・マラッツィ

    1,980 円(税込)

    「このままでは地球は危ない」と声をあげたグレタ・トゥーンベリ。「科学者の声に耳を傾けよ」と訴えるグレタは、科学的データに基づき説明する。地球の環境の何が、どう、危ないのか。

  • グレタのねがい

    グレタのねがい

    著者/ヴァレンティナ・キャメリニ

    1,078 円(税込)

    行動する勇気があれば、未来は変えられる。2018年、スウェーデンの夏は記録的な暑さとなり、多数の火災が発生しました。「もう放っておけない」 当時15歳のグレタ・トゥーンベリは、地球温暖化を食い止めるための行動を政府に迫るため、学校へ行かずに国会議事堂へむかい、ひとりでストライキをはじめます。

  • 夢ひらく彼方へ〈下〉 ファンタジーの周辺

    夢ひらく彼方へ〈下〉 ファンタジーの周辺

    著者/渡辺京二

    1,870 円(税込)

    上巻では『ナルニア国物語』『指輪物語』『ゲド戦記』を読み解いたが、下巻では、英国の児童文学の黄金期を探り、さらには「アーサー王物語」「エッダとサガ」、ケルトの妖精譚、モリス、チェスタトンなど、ファンタジーの古層をたどる。なぜ人は物語を求めるのだろうか?

  • 夢ひらく彼方へ〈上〉 ファンタジーの周辺

    夢ひらく彼方へ〈上〉 ファンタジーの周辺

    著者/渡辺京二

    1,870 円(税込)

    現実からの逃避か、神に代わっての世界の創造か? 不朽の名作『ナルニア国物語』『指輪物語』『ゲド戦記』を、渡辺京二が読み解く。

  • 水はみどろの宮

    水はみどろの宮

    作/石牟礼道子
    絵/山福朱実

    770 円(税込)

    七つになるお葉は、山犬らんに導かれて山の懐へと入っていく。山の湖の底深く、「水はみどろの宮」の穢れを祓う千年狐のごんの守と出会ったお葉は、山の声を聴くようになった。そんなお葉のもとに、片目の黒猫おノンがやってくる。やがて山の精たちの祀りに招かれたお葉が見たものとは…。

  • 大どろぼうホッツェンプロッツ おたからゲームブック

    大どろぼうホッツェンプロッツ おたからゲームブック

    作/オトフリート・プロイスラー(原著)
    絵/F. J. トリップ(イラスト)、マティアス・ヴェーバー(編集/イラスト)

    1,980 円(税込)

    世界中で50年以上愛読されているドイツの物語『大どろぼうホッツェンプロッツ』の世界がゲームブックに! 


      「かんたんには とけないものばかりだ
      むずかしくて こたえが わからないときは、
      なかまのどろぼうや、
      おうちの人に そうだんしてみてくれ!」

tumblr

pagetop
×