スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

あかちゃん|絵本

  • ねぶしろ

    ねぶしろ

    作/阿部はまじ
    絵/平澤まりこ

    864 円(税込)

      「ネブソクシロクマ という クマの なかまが いました。
      ねむることが にがてで いつも ねぶそく なのです。
      このこの なまえは ねぶしろ。 
      ちょっと おくびょうな おとこのこです」

  • ゴリラのおとうちゃん

    ゴリラのおとうちゃん

    作/三浦太郎

    1,296 円(税込)

    木陰でくつろぐ、ゴリラのおとうちゃんと子ども。

    「なあ おとうちゃん あそんで~や」
    「なんや またかいな しゃ~ないな」
    「それ ツルーン ”おとうちゃんすべりだい”」

  • はじまるよ

    はじまるよ

    作/ぱくきょんみ
    絵/熊谷守一

    864 円(税込)

    「おひさま、おはよう」からはじまって、「ぐっすり おやすみ」 で終わる一日。そのゆるやかな流れの中に、日だまりで幸せそうに眠る三毛猫、地面を歩き回る蟻、池をのんびり泳ぐ亀など、小さな命がきらめきます。

  • どうしてそんなにないてるの?

    どうしてそんなにないてるの?

    作/いしずまさし

    1,296 円(税込)

    泣き叫ぶあかちゃん。どうしてそんなに泣いてるの? その理由、考えたことはあるだろうか?

     おひるに おひさまを つかまえたかったから?

     もっと ちょうちょさんと いっしょに おどっていたかったから?

     あかの いろが どんな あじなのか しりたかったの?

  • おそばおばけ

    おそばおばけ

    作/谷川俊太郎
    絵/しりあがり寿

    1,296 円(税込)

    いつも元気なおそばは、ぼくを穴にひっぱりこんだ。「そばばばーん!」と出たおそばおばけを、「つるつりつるつれつろ」。「ぼくは おそばと あそぶのが すき」 穴からにゅっと出た「おそば」をおはしでつまむと、おそばがあちこち動きまわり、穴に引っぱりこまれて、「そばばばーん!」と飛び出して…!?

  • まり

    まり

    作/谷川俊太郎
    絵/広瀬弦

    1,296 円(税込)

    「ころん」 「ころころ」 「ころころころころ」 「ぽとーん」 「ぽんぽんぽん」・・・。
    顔のついた「まり」が、ころがる。はねる。落ちる。
    動きにぴったり合った音のおもしろさに、あかちゃんは釘づけ。

  • んぐまーま

    んぐまーま

    作/谷川俊太郎
    絵/大竹伸朗

    1,296 円(税込)

    「ばーれ だーれ あまはんどら!」
    登場する不思議な生きものは、野を越え、海を渡り…。ことばのリズムと力強さが、からだの内側から響くよう。この生きものは何だ? 大人はつい頭で考えてしまいますが、あかちゃんは飛びはねる色とうねることばを、まるごと感じているようです。

  • あおいよるのゆめ

    あおいよるのゆめ

    作/ガブリエーレ・クリーマ

    1,944 円(税込)

    スライド式のしかけを、指で動かして遊ぶボードブック。夜空に星を浮かべたり、花を咲かせたり、空に虹を描いたり。小さなひとが、自分の指で、絵を変えることができるなんて!

  • くっついた

    くっついた

    作/三浦太郎

    864 円(税込)

    「きんぎょさんと きんぎょさんが くっついた!」 ページをめくるたびに、「くっついた!」の繰り返しが楽しいあかちゃん絵本。アヒル、ゾウ、サルなど、さまざまな生き物が、思い思いのやり方でくっつきます。「くっついた!」のところで、あかちゃんと読んでいる大人のほっぺたを、くっつけてみてください。あかちゃん、おおよろこび間違いなし! 

  • かおかおどんなかお

    かおかおどんなかお

    作/柳原良平

    864 円(税込)

    笑った顔、泣いた顔、おこった顔、ねむった顔・・・。ひとの顔は、なんと表情豊かなこと。さまざまな表情を大胆にデフォルメして、切り絵で表現した「かおの絵本」。読んであげると、あかちゃんも一緒にわらったり、おこった顔をしたり。小さなひとたちの豊かな反応に、大人もまた魅了される絵本です。みんなで百面相を楽しんで。(0歳~幼児)

  • つみき

    つみき

    作/中川ひろたか
    絵/平田利之

    918 円(税込)

    ひとつ、ふたつ、みっつ・・・。どんどん、どんどん、高く積んで、とうとう10こになった時、てんとう虫が、てっぺんにとまったら・・・!?

    「がっしゃーん」

    くずれたら、また積み上げる。本物のつみき同様、この絵本も「がっしゃーん」のあとには、かわいい人の 「もいっかい!」 が待っています。縦開きのユニークで美しい絵本。(1歳~)

  • ぴよぴよ

    ぴよぴよ

    作/谷川俊太郎
    絵/堀内誠一

    1,080 円(税込)

    “ぴよぴよ”にはじまり、“しゅばしゅば” “とぷん” “きいいっ”・・・と、擬音だけで物語は進みます。これ以上はないシンプルな谷川俊太郎さんのことばに、『ぐるんぱのようちえん』でお馴染み、堀内誠一さんのカラフルで愛らしい絵が重なると、小さなひよこの冒険物語となるから不思議。

  • あーん

    あーん

    作/谷川俊太郎
    絵/下田昌克

    1,296 円(税込)

    ごはんを食べて、うんちをする。毎日やっているあかちゃんの大事なお仕事。一生懸命食べて、まじめにうんち。そんなあかちゃんの仕事に、詩人・谷川俊太郎さんは注目しました。シンプルで力強いいのちの営みを、下田昌克さんの絵が見事に描いています。 「あーん」「ごくん」「ぶお――」。声に出して気持ちいい一冊です。

  • おやすみ、ぼく

    おやすみ、ぼく

    作/アンドリュー・ダッド
    絵/エマ・クエイ

    1,620 円(税込)

    「おやすみ」は、眠る前の魔法のことば。「おやすみ、ぼくのあしさん」 自分のからだのあちこちに、呼びかけながら眠りについていく、やさしい毛布のような絵本です。

  • おつきさまこんばんは

    おつきさまこんばんは

    作/林明子

    864 円(税込)

    夜空にぽっかり浮かぶおつきさま。あかちゃんは、いったいどんな風に、おつきさまを見ているんでしょう。『はじめてのおつかい』 でおなじみ、林明子さんが描くやさしいおつきさまの表情は、あかちゃんのこころをとらえて離しません。

tumblr

pagetop
×