スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

新入荷の書籍|書籍

  • 新編 志樹逸馬詩集

    新編 志樹逸馬詩集

    著者/志樹逸馬(著)、若松英輔(編)

    2,530 円(税込)

     曲った手で 水をすくう
     こぼれても こぼれても
     みたされる水の
     はげしさに
     いつも なみなみと
     生命の水は手の中にある
     指は曲っていても
     天をさすには少しの不自由も感じない
     (「曲った手で」)

  • 上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!

    上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!

    著者/上野千鶴子、田房永子

    1,650 円(税込)

    日本の何が問題なのか? 母娘問題、結婚・育児、セックス、団塊世代の父、学生運動、性暴力などについて徹底的に語り合った7時間!

  • これからの大学

    これからの大学

    著者/松村圭一郎

    2,090 円(税込)

    気鋭の文化人類学者による「学問」のすすめ。高等教育ができることは? 誰もが自分の学びを追求するには? 大学の教育環境が大きく変貌しつつある今だからこそ、知の喜びとは何か根本から考えてみたい。学生のみならず、新しい視点で世界を見つめようとするすべての読者へ。「ほぼ日の学校」の学校長・河野通和氏との対談収録。

  • 岐路の前にいる君たちに  鷲田清一式辞集

    岐路の前にいる君たちに  鷲田清一式辞集

    著者/鷲田清一

    1,760 円(税込)

    「未来はけっして明るくない。そんな気分が充満するなかで、どうかこのことだけは心に留めておいてほしいという願いを込めています。」 あとがきより

    哲学者・鷲田清一が、大阪大学、京都市立芸術大学の入学・卒業式で、新しい世界に旅立つ若者へ贈った、8年分の人生哲学。

  • 旅の断片

    旅の断片

    著者/若菜晃子

    1,760 円(税込)

    登山の専門出版社の編集者を経て、文筆家として活躍する若菜晃子さん。『街と山のあいだ』に続く、待望の随筆集第2弾。さまざまな国の風景やひととの交流、旅を通じて広がってゆく思考を、静謐な文章でまっすぐに綴ります。個人的な旅の記憶が濃やかに表現され、読者も体感できる情緒豊かな一冊。

  • ありのままがあるところ

    ありのままがあるところ

    著者/福森伸

    1,760 円(税込)

    鹿児島県にある「しょうぶ学園」は1973年に誕生した、知的障がいや精神障がいのある方が集まり、暮らしている複合型の福祉施設。どのような歩みを経て、クラフトやアート作品、音楽活動が国内外で高く評価される現在の姿に至ったのか。

  • 天、共に在り

    天、共に在り

    著者/中村哲

    1,760 円(税込)

    困っている人がいたら手を差し伸べる --- それは普通のことです。

    1984年よりパキスタン、アフガニスタンで支援活動を続ける医師・中村哲。治療のために現地へ赴いた日本人の医者が、なぜ1600本もの井戸を掘り、25.5キロにもおよぶ用水路を拓くに至ったのか?「天」(自然)と「縁」(人間)をキーワードに、その数奇な半生をつづった著者初の自伝。

  • ほんのちょっと当事者

    ほんのちょっと当事者

    著者/青山ゆみこ

    1,760 円(税込)

    ローン地獄、児童虐待、性暴力、障害者差別、看取り、親との葛藤…「大文字の困りごと」を「自分事」として考えてみた。「ここまで曝すか!」と連載時より大反響の明るい(?)社会派エッセイ。

  • まれびと

    まれびと

    著者/石川直樹(著・撮)

    7,700 円(税込)

    世界をフィールドに、文化人類学や民俗学への関心を持ちつつ活躍する写真家・石川直樹。日本列島には、折口信夫がいうところの「まれびと」、すなわち異形の神を迎える儀礼が数多く残されている。それらは海や山の彼方から現れる来訪神であり、彼岸からやってくる魂でもあるという石川が、そうした仮面の祭祀儀礼について、10年以上に渡って撮影し続けた貴重な写真を一冊にまとめた写真集。

  • もうひとつのモンテレッジォの物語

    もうひとつのモンテレッジォの物語

    著者/内田洋子

    1,650 円(税込)

    イタリア・モンテレッジオ村。かつて、籠いっぱいの本を担いで、イタリア中を旅した行商人たちがいた、本の村。この村の歴史を記した『モンテレッジオ 小さな村の旅する本屋の物語』の著者・内田洋子さんと、村の人々とのこころ温まる交流、そして、村の子どもたちが自分たちの村の歴史と向き合っていく姿を描き出すエッセイ集。

  • 別冊太陽 茨木のり子

    別冊太陽 茨木のり子

    著者/別冊太陽編集部(編)

    2,640 円(税込)

    詩集『倚りかからず』から20年。日常的な言葉に強靭な精神性を込めた詩をつづった茨木のり子の生涯と生み出された詩の世界を紹介する。

  • 足をどかしてくれませんか。

    足をどかしてくれませんか。

    著者/林香里(編) 小島慶子 山本恵子 白河桃子 治部れんげ 浜田敬子 竹下郁子 李美淑 田中東子

    1,650 円(税込)

    メディアは女たちの声を届けているか? 男性中心に作られるジャーナリズムの「ふつう」は、社会の実像とズレている。メディアが世界を映す鏡なら、女性の「ふつう」も、マイノリティの「ふつう」も映してほしい。女たちが考える〈みんな〉のためのジャーナリズム。

  • 夢ひらく彼方へ〈下〉 ファンタジーの周辺

    夢ひらく彼方へ〈下〉 ファンタジーの周辺

    著者/渡辺京二

    1,870 円(税込)

    上巻では『ナルニア国物語』『指輪物語』『ゲド戦記』を読み解いたが、下巻では、英国の児童文学の黄金期を探り、さらには「アーサー王物語」「エッダとサガ」、ケルトの妖精譚、モリス、チェスタトンなど、ファンタジーの古層をたどる。なぜ人は物語を求めるのだろうか?

  • 夢ひらく彼方へ〈上〉 ファンタジーの周辺

    夢ひらく彼方へ〈上〉 ファンタジーの周辺

    著者/渡辺京二

    1,870 円(税込)

    現実からの逃避か、神に代わっての世界の創造か? 不朽の名作『ナルニア国物語』『指輪物語』『ゲド戦記』を、渡辺京二が読み解く。

  • Cabin Porn Inside 小屋のなかへ

    Cabin Porn Inside 小屋のなかへ

    著者/ZACK KLEIN(編集)

    3,190 円(税込)

    誰でも、どこかに自分だけの静かな場所を作りたい。世界中の小屋愛好家が、こだわりの手づくり小屋の内観・外観写真を投稿する人気オンラインサイト「Cabin Porn」。その中から、厳選85軒を紹介する。

tumblr

pagetop
×