スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

新入荷の書籍|書籍

  • まなざしが出会う場所へ

    まなざしが出会う場所へ

    著者/渋谷敦志

    2,160 円(税込)

      「その眼に射抜かれることもある。
      その眼に挫折することもある。
      それでもなお、お前は何者なんだ、と
      厳しく問いつめる眼に自分を開いておくこと。
      見つめ、見つめられ、
      まなざしが交差する十字路が、
      ぼくのカメラのレンズに映っている。
      そこに近づけるだろうか。

  • イスラムが効く!

    イスラムが効く!

    著者/内藤正典・中田考

    1,728 円(税込)

    イスラム地域研究者の内藤正典さんと、イスラム法学者でムスリム(イスラム教徒)である中田考さん。おふたりが、イスラムという宗教の根底にある思考や知恵について、身近な日常の問題を例にあげながら、語り合いました。

  • MONKEY vol.17 哲学へ

    MONKEY vol.17 哲学へ

    著者/柴田元幸(編集)

    1,512 円(税込)

    翻訳家・柴田元幸が編集長をつとめる文芸誌『MONKEY』。いい文学とは何か? ひとのこころに残ることばとは何か? その先の生き方を探りながら、小説を通して、今私たちが住む世界の魅力を伝える文芸誌です。最新号vol.17、特集は「哲学へ」。その深遠なる世界の扉をはじめて叩きます。

  • アルテリ 七号

    アルテリ 七号

    著者/田尻久子(責任編集)

    1,080 円(税込)

    熊本の文芸誌『アルテリ』。石牟礼道子さんがお亡くなりになってちょうど一年。第七号は、渡辺京二さんへの二万字インタビューを掲載。

      --- 渡辺さんが石牟礼さんから得たものってありますか?
      「民衆生活が何かというものを教えてもらった。
      日本の民衆の精神世界がどういうものかというのを
      初めて教えてもらった。
      それは非常に大きかった。
      それは僕だけじゃないだろう。」

  • 濃霧の中の方向感覚

    濃霧の中の方向感覚

    著者/鷲田清一

    1,944 円(税込)

    危機の時代、先の見えない時代において、ほんとうに必要とされ、ほんとうに信じられる知性・教養とはなにか? それは、視界の悪い濃霧の中でも道を見失わずにいられる「方向感覚」のこと。複雑性の増大に耐えうる知的体力をもち、迷ってもそこに根を下ろしなおすことのできるたしかな言葉と出会う。社会、政治、文化、教育、震災などの領域において、臨床哲学者がみずからの方向感覚を研ぎ澄ませながら綴った思索の記録。

  •  早く家へ帰りたい <新装版>

    早く家へ帰りたい <新装版>

    著者/高階杞一
    絵/望月通陽(挿画)

    1,728 円(税込)

    愛する子どもが、重い障害をもって生まれてきた日。そして、その永眠のときまで。一冊の本のなかに、子どもの命がみずみずしく描かれた、感動的な詩集。

  • 樹木希林 120の遺言

    樹木希林 120の遺言

    著者/樹木希林

    1,296 円(税込)

      とにかく、
      世の中を面白がること。
      老いだって、
      病気だって
      自分の栄養になる。

  • ユージン・スミス写真集

    ユージン・スミス写真集

    著者/W. ユージン・スミス

    2,700 円(税込)

    生きている動き、生きている世界、その面白さ、その悲劇を追求し、あるがままの人生をとらえた写真家、ユージン・スミス。雑誌 『ライフ』のフォト・エッセイ「カントリー・ドクター」 「スペインの村」 「助産師モード」 「慈悲の人」をはじめ、日本を取材した「太平洋戦争」 「日立」、世界に公害の恐怖を知らしめた 「水俣」 ほか作品148点を収録。

  • 暮らしのおへそ Vol.27

    暮らしのおへそ Vol.27

    1,296 円(税込)

    その人だけがもつ習慣、その人の根っこをつくるものを「おへそ」と名づけました。女優、料理家、デザイナー、経営者、主婦の方まで、個性豊かな方々の「暮らしのおへそ」を紹介します。

    巻頭は女優・原田知世さん。気負わず、頑張りすぎず、自然体。50歳をすぎた今のおへそをうかがいます。料理研究家・内田真美さんは、大切にしているお茶の時間、旅のおへそについて。

  • murren vol.24

    murren vol.24

    作/若菜晃子

    540 円(税込)

    『mürren(ミューレン)』は「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な自然や山 をテーマにした小冊子。毎号ワンテーマ主義で、日常の中で自然や山の世界を感じられる本です。

    24号の特集は、「葉で包む」 Wrapping with leaves。「植物の葉で包む食べもの」がテーマです。

  • マーマーマガジン for men 第4号

    マーマーマガジン for men 第4号

    著者/服部みれい

    972 円(税込)

    特集は『好きなことだけして自由にたのしく豊かに生きる』 マーマーマガジン版・就職しないで生きるには? です。好きなことだけして自由に楽しく豊かに生きている個性的な3人を徹底取材。

  • 燃える水滴

    燃える水滴

    著者/若松英輔

    1,944 円(税込)

    弱き者のささやきを聞き逃さないために。石牟礼道子へ、また多くの逝きし者たちへ、ことばを贈る。詩歌文学館賞受賞の詩人・批評家、若松英輔さんの第三詩集。

  • 胎児のはなし

    胎児のはなし

    著者/最相葉月、増﨑英明

    2,052 円(税込)

    この世に生まれた誰もが経験している胎児の世界。その不思議に、ノンフィクションライター・最相葉月さんが迫ります。妊娠・出産にまつわる素朴な疑問から、超音波検査、遺伝子解析などの科学技術がもたらした恩恵と課題、さらには母体とつながったまま手術をすることで、胎児の命をつなげる「胎児医療」の最前線まで。

  • 忠吉語録

    忠吉語録

    著者/野津恵子
    絵/森善之(写真)

    1,944 円(税込)

    佐藤忠吉(さとう ちゅうきち)。1920年島根県雲南市木次町生まれ。木次乳業創業者。日本ではじめて低温殺菌牛乳「パスチャライズ牛乳」を精算、流通に成功させたひと。名刺の肩書きは「百姓」。1960年代、農業の近代化が進む中、仲間と共にいち早く地域循環型の有機農業を実践し、安心安全な農産物をつくるなど、生涯をかけて「食と農」に生きてきたひと。

  • 贈与と共生の経済倫理学

    贈与と共生の経済倫理学

    著者/折戸えとな

    4,104 円(税込)

    埼玉県小川町の有機農業者・金子美登さん。40年に渡り 「お礼制」 を実践してきた。お礼制とは、生産者と消費者の間で直接関係を取り結び、農産物を流通させる仕組みのこと。その際、農産物を売買するのではなく、贈与と返礼というかたちをとる。

tumblr

pagetop
×