スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

  • ここは

    ここは

    作/最果タヒ
    絵/及川賢治(100%ORANGE)

    1,430 円(税込)

    「ここは、ぼくのまんなかです。」 おかあさんの膝の上に座るぼく。ふたりが今いる「ここ」を、いろんな視点から見てみると・・・!? 詩人 最果タヒが及川賢治(100%ORANGE)とのタッグで贈る、はじめての絵本。リビングルームから宇宙まで、でもいつだって「ここは」ここだ。最高に幸せなところだ。

  • こどもたちは まっている

    こどもたちは まっている

    作/荒井良二

    1,760 円(税込)

    今日も水平線から日が昇る。いつもの風景、季節の移ろい、突然の雨、特別な一日。繰り返す日々のなかで、みんな、いつもなにかを待っている。船が通るのを、貨物列車を、雨上がりを、夜明けを……。荒井良二の新しい代表作、誕生。

  • チャーリー、こっちだよ

    チャーリー、こっちだよ

    作/キャレン・レヴィス
    絵/チャールズ・サントソ

    1,870 円(税込)

    ここは〈だれでもぼくじょう〉。こころやからだに傷を負った動物たちが、安心してくらせる家。他の動物たちと離れ、いつもひとりでいるヤギのジャック。片方の目がよくみえないウマのチャーリー。そんなふたりに、いつしか交流がうまれ・・・。

  • おばあちゃんと ことりと

    おばあちゃんと ことりと

    作/ベンジー・デイヴィス

    1,540 円(税込)

    この夏、ひとりでおばあちゃんのうちに泊まることになったノイ。少し変わったおばあちゃんと、孫のノイの間には、はじめ距離があった。ある日、ノイがひとりで散歩していると、嵐がやってきた。洞窟で小鳥を保護したノイ。雨風はどんどん強くなる一方で、このままでは小鳥が死んでしまう。その時、波を切ってやってくるいっそうのボートが見えて…!?

  • パパパネル

    パパパネル

    作/tupera tupera

    2,076 円(税込)

    tupera tuperaによる、魔法のコミュニケーションツール!? パッとしないひとも、パーフェクトなひとも、どんなひともパパッと人気者になれる、顔はめパネルセット。遊び方はとっても簡単!パネルに顔をはめて、ひっくりかえすだけ。パパがパイナップルに!? パパがパンツに!? パパがパンダに!? みんなで笑って声を出して遊ぼう。パネル10枚+説明書1枚入り。

  • シェルパのポルパ エベレストにのぼる

    シェルパのポルパ エベレストにのぼる

    作/石川直樹
    絵/梨木羊

    1,980 円(税込)

    シェルパの男の子、ポルパは、生まれたときからヒマラヤの山々をながめて育ってきた。毎日の荷物運びの仕事で体をきたえ、テンジンおじさんに認められたポルパは、念願のエベレスト初登頂をめざす。「ここよりたかいばしょは どこにもないぞ!」ヒマラヤ登山の縁の下の力持ち、シェルパの人びとに注目した新しい冒険絵本。

  • 新装版 私の絵本ろん

    新装版 私の絵本ろん

    著者/赤羽末吉

    1,540 円(税込)

    「わかってもわからなくても、シカとした本質的なものをみせることが大切だ」 『スーホの白い馬』 『かさじぞう』などで知られる赤羽末吉。日本ではじめて、国際アンデルセン賞を受賞した絵本作家は、いつも子どもを愉しませようと考え、子どもの絵本を読みとく力を信用していた。「良い作品はなぜ古くならないのか」という創作の根源的な疑問を、平易な言葉で解きあかす絵本論。

  • りすとかえるとかぜのうた

    りすとかえるとかぜのうた

    作/うえだまこと

    1,760 円(税込)

    まだ一度も旅に出たことがないけれど、いつも旅の話をしていたりすとかえる。ある日、りすは、手に入れたばかりの舟にのって、かえるに会いにいきました。ところが、かえるはりすに気がつかず、どこかへいってしまいました。さびしくて、舟の上でねむってしまったりす。そこへやってきた風たちの歌に、りすはつつみこまれ、そして…。

  • プラスチックモンスターをやっつけよう!

    プラスチックモンスターをやっつけよう!

    著者/高田秀重 (監修)
    絵/クリハラタカシ

    1,760 円(税込)

    プラスチックは便利だけれど、生きものにからみつき、小さくなってエサのふりをし、毒を出し、ほかの有害物質とくっつき、パワーアップも。そんな「プラスチックモンスター」の特徴をわかりやすく伝える児童書。

  • お蚕さんから糸と綿と

    お蚕さんから糸と綿と

    作/大西暢夫(文・写真)

    1,650 円(税込)

    滋賀県と岐阜県の境にある山の麓の集落に、一軒だけ残っている養蚕農家。お蚕さんを育て、その繭から糸を取る。それが生糸になり、真綿にもなる。人間本来の生活の営みや、生き物の命を衣食住にいただいていることを伝える美しい写真絵本。

  • 虫ガール

    虫ガール

    作/ソフィア・スペンサー、マーガレット・マクナマラ
    絵/ケラスコエット

    1,650 円(税込)

    ちいさな頃から虫が大好きなソフィア。幼稚園の間は人気者でしたが、小学校に入ると、虫が好きなことが原因でいじめにあうように…。すっかり落ち込んでしまい、「虫をお休みする」と言うソフィアを見かねたお母さんが、ソフィアをはげまそうと、昆虫学者のグループに1通のメールを出しました。すると、世界中の昆虫学者から、ソフィアにぞくぞくとメッセージが!

  • チョウはなぜ飛ぶか

    チョウはなぜ飛ぶか

    著者/日高敏隆

    836 円(税込)

    小学生のころ、ぼくはおもしろいことに気がついた。どうしてアゲハは同じ道を飛ぶんだろう? 少年はやがて研究者となりチョウの行動のふしぎを解きあかしていく。なぞを追って、世界を知るのはたのしい。動物行動学者が夢中で調べて見たこと感じたことを、失敗談もまじえて子どもたちに語る。装画・解説=舘野鴻。

  • あかずきん

    あかずきん

    作/グリム
    絵/堀内誠一

    1,540 円(税込)

    グラフィックデザイナーとして活躍し、絵本作家としても『ぐるんぱのようちえん』などを生み出した堀内誠一の絵によるグリム童話。約50年前に出版され、幻の名作として知られていた絵本が、最新の印刷技術によって原画の美しい色を再現し、かつ新たな装いとなりよみがえりました。誰もが知っているお話が、子どもも大人も引きつける、どこかユーモア漂う魅力的な絵で改めて楽しめます。はじめて出会うグリム絵本に。

  • ディック・ブルーナ

    ディック・ブルーナ

    著者/ブルース・イングマン、ラモーナ・レイヒル

    1,980 円(税込)

    世界的人気キャラクター“ミッフィー”を生んだディック・ブルーナ。彼の仕事と生涯を、イギリスの絵本研究者が丹念にたどった、決定版の伝記。ミッフィー誕生の秘密に迫ります。

  • かおPLAY!

    かおPLAY!

    作/tupera tupera (ツペラツペラ)

    2,200 円(税込)

    『パンダ銭湯』『しろくまのパンツ』でお馴染み、絵本作家tupera tupera(ツペラ ツペラ)最新作。ひたすら「顔」をテーマに、書いたり、消したり、切ったり、貼ったり、笑ったり。子どもから大人まで、本気で遊べるワークブック。ページをめくる度にへんてこなお題が次々に…!?

tumblr

pagetop
×