スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

  • 空をつくる

    空をつくる

    作/村尾亘

    1,728 円(税込)

    小さな頃から、絵を描くことが大好きだった「僕」。住んでいた町は、次第に緑が消え、高い家々が建つようになった。遠くの山も、季節の花も、もう見えない。

    「もっと、もっと・・・」 おいしいものが大好きなある者は、もっとたくさんの食料を置くために。帽子が大好きなある者は、もっといろいろの帽子を家に置くために。人々は、家を上へ上へと建て増しする。

  • そらの100かいだてのいえ

    そらの100かいだてのいえ

    作/いわいとしお

    1,296 円(税込)

    ある寒い雪の日のこと。おなかをすかせたシジュウカラのツピくん。ひとつぶのひまわりの種を見つけます。「これじゃ、おなかいっぱいにはならないや・・・。そうだ! 花をさかせて、種を増やそう!」 ツピくんは、植える場所を探しに、空へと飛びたちました。

  • アリになった数学者 (たくさんのふしぎ2017年9月号)

    アリになった数学者 (たくさんのふしぎ2017年9月号)

    作/森田真生
    絵/脇坂克二

    720 円(税込)

    数や図形を便利につかう方法を教えてくれるのが「算数」。「数学」とは、そもそも、その数や図形とはなにか? を考える学問です。

    数学者はある日、気がつくとアリになっていました。アリたちと数学について語りあいたい数学者。丸い大きな実が七つ落ちているのを、通りかかった一匹のアリに伝えようとしました。

  • はくぶつかんのよる

    はくぶつかんのよる

    作/イザベル・シムレール

    1,944 円(税込)

    だれもいなくなった夜の博物館。しずまりかえった展示室から、一ぴきの黄色いチョウがにげだします。それを合図に、標本の昆虫や恐竜の化石、はくせいの動物や鳥たちが、いっせいに目をさまして、動きだします! 夜が明けるまで、博物館はおまつりさわぎ。圧巻のナイトミュージアム。

  • 「いる」じゃん

    「いる」じゃん

    作/くどうなおこ
    絵/松本大洋

    1,728 円(税込)

    詩人・くどうなおこさんと、漫画家・松本大洋さんが、「生」をテーマに絵本を作りました。夢のような母子共作!

  • おなみだぽいぽい

    おなみだぽいぽい

    作/ごとうみづき

    1,620 円(税込)

     じゅぎょうのとき 
     せんせいのいうこと わからなくて 
     なみだ こぼれそうなとき あります

    小さなひとも、大人になったひとも、誰にだって、ことばにできない泣きたい気持ちは、あるのです。

  • ねぇ、しってる?

    ねぇ、しってる?

    作/かさいしんぺい
    絵/いせひでこ

    1,620 円(税込)

    もうすぐお兄ちゃんになる、けいたくん。お兄ちゃんってなにかな? お母さんのお手伝いをしたら、なれるのかな? 大好きなぬいぐるみのそらさんと、お兄ちゃんになる練習をしてみたり。

  • ヨチヨチ父

    ヨチヨチ父

    作/ヨシタケシンスケ

    972 円(税込)

    ママっていつもイライラしてるよね? パパって何か蚊帳の外だよね・・・? 

    『りんごかもしれない』でおなじみ、絵本作家・ヨシタケシンスケさんが、父になってわかった「トホホな真実」を描く育児イラストエッセイ。はじめてお父さん・お母さんになる方へのプレゼントに。まさに「はじめて」真っ最中のひとたちに。クスッと笑えて、楽になります。

  • 夏休み! 発酵菌ですぐできる おいしい自由研究

    夏休み! 発酵菌ですぐできる おいしい自由研究

    作/小倉ヒラク

    1,080 円(税込)

    ヨーグルト、納豆、みそ汁、甘酒、パン。よく知っているこれらのおいしいものたちの共通点は、「菌」、そして「発酵」。

    乳酸菌、納豆菌、酵母菌・・・。身のまわりにあるけれど、目には見えない「発酵菌」を、夏休みに育てて、おいしい食べ物をつくってみよう! という自由研究ガイドブック。

  • アームストロング

    アームストロング

    作/トーベン・クールマン

    2,700 円(税込)

    夜ごと天体望遠鏡をのぞく小ネズミは、月は地球をまわる衛星だと発見。しかし仲間のネズミたちは、月はでっかいチーズと信じていて、とりあってくれません。がっかりする小ネズミのもとに、スミソニアン博物館から手紙が届き・・・!? 

  • アントワネット

    アントワネット

    作/ケリー・ディプッチオ
    絵/クリスチャン・ロビンソン

    1,620 円(税込)

    ブルドッグ一家のアントワネットには、3匹のきょうだいがいます。ロッキーは賢くて、リッキーは足が速く、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、自分の得意なことがわかりません。

  • 庭のたからもの

    庭のたからもの

    作/大野八生

    1,458 円(税込)

    春から冬へ。季節を通して植物の愉しみ方、育て方、身近な自然とのふれあい方を、美しいイラストで紹介する絵本。

    自宅に庭がなくても大丈夫。著者は、絵本 『じょうろさん』 『にわのともだち』でお馴染み、造園家であり、イラストレーターとしても活躍する大野八生さん。その繊細で確かな絵と知識が、公園で、道ばたで、花屋で、など、身の回りの自然の楽しみ方を教えてくれます。

  • おばあちゃんとバスにのって

    おばあちゃんとバスにのって

    作/マット・デ・ラ・ペーニャ
    絵/クリスチャン・ロビンソン

    1,620 円(税込)

    雨の日曜日。ジェイとおばあちゃんはバスに乗ります。

    「あめなんて やだな」
    「なんで ぼくたちは くるまに のらないの?」
    ジェイが文句を言う度に、おばあちゃんはユーモアたっぷりの返事。少しずつ、ジェイのこころは、やわらかくほどけていき、出逢ったひとたちと、愉しく豊かなひと時を過ごせるように。やがてバスは終点に到着。ふたりは、「ボランティアしょくどう」に向かい・・・!?

  • ふくはなにからできてるの?

    ふくはなにからできてるの?

    作/佐藤哲也
    絵/網中いづる

    1,296 円(税込)

    服は布から、布は糸から、糸は繊維からできている。動物の毛、虫のマユ、植物の葉や茎・・・。さまざまな材料から、細くて長くて、ふわふわした「せんい」をとりだして、紡いで、織って、縫って。そこから服が生まれます。

  • シャクルトンの大漂流

    シャクルトンの大漂流

    作/ウィリアム・グリル

    2,160 円(税込)

    1914年、GPSも携帯もない時代に、南極大陸横断を目指し出航したエンデュアランス号。巨大な流氷にはばまれて座礁、船を失っても、シャクルトンと隊員たちは希望を失わなかった。氷に閉ざされ壮絶な日々を、一人も命を落とすことなく、いかにして乗り越えたのか。

tumblr

pagetop
×