スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

地面の上で|書籍

  • スペクテイター 49号

    スペクテイター 49号

    著者/エディトリアル・デパートメント(編)

    1,100 円(税込)

    特集:自然って何だろうか
    人類の活動が、自然の回復力を超えて地球全体に影響を与え始めた時代=人新世に突入!? 自然への対応をめぐって、さまざまな議論が交わされるようになりました。温暖化は人工的に防ぐことが可能? 外来種は敵か? 味方か? 火力の代わりに原子力を活用すべき? 理想の自然のあり様については、ひとりひとりが自由な意見を述べ合うことが重要。だけど、そもそも自然って何だろうか…。

  • 極北の動物誌

    極北の動物誌

    著者/ウィリアム・プルーイット

    990 円(税込)

    カリブー、ムース、オオカミらが危ういバランスの上で織りなす極寒の地の生態系。アラスカの大地を核実験場開発計画から守り、故国アメリカを追われた著者が、極北の大自然と生命の営みを描いた古典。

  • 自然真営道

    自然真営道

    著者/安藤昌益

    1,760 円(税込)

    上に立つ者の驕りが、世の乱れを生む! 階級社会批判・エコロジー思想の先駆と称される、江戸時代の比類なき思想家による諫言の書。江戸中期、封建社会の低層たる農民の生活を根拠としながら、独特の時代批判をものした安藤昌益。

  • その農地、私が買います

    その農地、私が買います

    著者/高橋久美子

    1,870 円(税込)

    「実家の畑を、太陽光パネルにしたくない」 愛媛出身、東京在住。闘いの狼煙をあげたものの、立ちはだかる壁の数々。これぞ、現代日本の課題そのもの… 現実はあまりにもすごかった! 「おまえは東京におるんじゃけん関係なかろわい」by 父

  • 土になる

    土になる

    著者/坂口恭平

    1,870 円(税込)

    今、僕は自分自身と完全に一つになったような気がする。それ以上の平安がどこにあるだろうか。それが鳥であり、猫であり、虫じゃないか。地に足をつけるとは、このことを言うのではないか。土に聞くまでもない。僕が土になったのだから

  • 自然の哲学

    自然の哲学

    著者/高野雅夫

    2,200 円(税込)

    自然〈しぜん〉と人間を区別することなく、両者が一体となった自然〈じねん〉の世界。里山とはそのような場所であり、変わりつつある今も、さまざまなことを教えてくれる。里山に移住してきた若い人たちとの対話を手がかりに、自らも里山に移住した環境学者が思索を深めてたどりついた、サステナブルな生き方とは。

  • 農民芸術概論

    農民芸術概論

    著者/宮沢賢治

    2,200 円(税込)

    「われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である」 新たな時代を生きるすべての人に捧げる、宮沢賢治至高の芸術詩編。

  • 地球温暖化を解決したい

    地球温暖化を解決したい

    著者/小西雅子

    1,595 円(税込)

    猛暑や大洪水、干ばつ、飢餓を引き起こす温暖化を解決するカギはエネルギーの選び方。二酸化炭素を出さない水力、風力、太陽光などの再生可能エネルギー、そして石油、石炭、天然ガス、原子力など、それぞれのエネルギーの長所や短所をわかりやすく解説します。どのエネルギーをどう選ぶか、みんなで考えよう。

  • 農家が教える タネ採り・タネ交換

    農家が教える タネ採り・タネ交換

    著者/農文協(編)

    1,650 円(税込)

    「どんな野菜でも採れるの?」「タネはいつ採ってもいいの?」「交雑してヘンな品種ができてしまうのでは?」などといったタネ採り初心者の疑問や不安にやさしく答える。タネを採れば、自分の畑に合った強いタネにすることができる。市販のF1品種でも年数さえかければ強化できる。そんなタネを交換しあう交換会も全国にある。

  • 食べられる庭図鑑

    食べられる庭図鑑

    著者/良原リエ

    1,760 円(税込)

    大きな庭がなくても大丈夫!都会の小さな庭やベランダでも始められる、家庭菜園や庭作りのアイデアをたっぷりご紹介。「野菜」「ハーブ」「果樹」「雑草・野草」など、育てて楽しい、食べて美味しい植物88品種を掲載。一年を通して自然に親しむ暮らしを提案します。

  • 庭にほしい木と草の本

    庭にほしい木と草の本

    著者/草木屋

    1,980 円(税込)

    梅や柿など定番の庭木、公園や散歩道で出合うクワやマタタビ、ムクロジ、ドクダミやヨモギなど、木と草、全50種を紹介。在来種の苗木の生産販売をしながら、自宅の庭と畑で野外保育室を営む著者が、それぞれ食べ方やお茶、薬湯のつくり方、草木染め、やってくる鳥や虫の観察ポイントなど、あらゆる活用法を解説します。草木の名前や使い方を知ると、散歩が楽しくなります。ふつう「庭木」にしない草木の植え方や育て方がわかる

  • ほどくよ どっこい ほころべ よいしょ

    ほどくよ どっこい ほころべ よいしょ

    著者/伊藤晃
    絵/てるて

    1,870 円(税込)

    百姓になって30年。津波で崩れた原発神話。列島を覆い、土や水と農の営みに降り注いだ放射能という異物。3.11から9年。命あるものと向き合う百姓は今、何を想う。

  • 人類堆肥化計画

    人類堆肥化計画

    著者/東千茅

    1,870 円(税込)

    生きることの迫真性を求めて、都会から奈良の里山へ移り住んだ若き農耕民が構想する、生き物たちとの貪欲で不道徳な共生宣言。一般に禁欲や清貧といった観念に結び付けられている里山を、人間を含む貪欲な多種たちの賑やかな吹き溜まりとして捉え直し、人間と異種たちとの結節点である堆肥を取り上げながら、現代社会において希釈・隠蔽されている「生の悦び」を基底から問い直す。

  • スペクテイター 47号

    スペクテイター 47号

    著者/エディトリアル・デパートメント(編)

    1,100 円(税込)

    特集:土のがっこう
    畑や森の地面の下の世界が、どうなっているか? あなたは想像してみたことがありますか。「自然の隠された半分」にあたる土のなかには目に見えないくらい小さな生きものたちが無数に棲んでいて、それらの活動が植物の成長や地球の未来にも影響を及ぼしているらしいのです。そんな土にまつわる驚きの事実や土が地球の環境に与える影響について、いっしょに学んでみませんか。

  • 重森三玲 庭を見る心得

    重森三玲 庭を見る心得

    著者/重森三玲

    1,540 円(税込)

    日本中の庭園を実測調査し、大著『日本庭園史大系』を編纂した一方、東福寺方丈庭園などの名庭を作り上げた「永遠のモダン」の求道者が語る、庭を作る楽しみ、観る楽しみ。

pagetop
×