スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

くすくす|絵本

  • ぼくらのまちにおいでよ

    ぼくらのまちにおいでよ

    作/大桃洋祐

    1,650 円(税込)

    ひとと動物が、いっしょに暮らす街。いろんなお店で、いろんな動物が、いろんな仕事をしているよ。ライオンの花屋、リスのお菓子屋、保育園にはハリネズミの保育士・・・!どの動物も、生き生きしていて愉しそう。さあ、キミは、この街でなにをする?いってみたいな、こんな街。

  • めいわくなボール

    めいわくなボール

    作/牡丹靖佳

    1,430 円(税込)

    あつくもなくて、さむくもない、そんなある日の午後のこと、少年たちのホームランボールが、すぽりとレンガのえんとつに。ボールは暖炉から飛びだして、家のあちこちに跳ねていき……!? おだやかな昼下がり、とつぜんの闖入者におおさわぎ! 跳ねて跳ねて、どこまでいくのか。世にも不思議で迷惑なホームランボールが演じるコメディ映画の一幕のような、おかしみたっぷりの絵本。

  • ねこは るすばん

    ねこは るすばん

    作/町田尚子

    1,650 円(税込)

    にんげん、でかけていった。ねこは、るすばん。とおもいきや……? 猫だってカフェに行くし、身だしなみを整える。──あなたのしらない猫の世界。「ねこがおとなしく、るすばんしてるとおもうなよ」。

  • ながいながい ねこのおかあさん

    ながいながい ねこのおかあさん

    作/キューライス
    絵/ヒグチユウコ

    1,320 円(税込)

    子ねこのおかあさんは、体が長い長いねこ。ある風が強い日、子ねこは遠くまで吹き飛ばされてしまいます。おかあさんの顔を見たくて、こころ細い思いのまま、ひたすら走る子ねこ、果たして無事におかあさんに会えるのでしょうか?

  • あ

    作/谷川俊太郎
    絵/広瀬弦

    1,320 円(税込)

    「あ」は一人ぼっちでさびしそう。だれか ともだち いないかな? 「お」が、やってきたら・・・!? 「か」があそびにきたら・・・!? 文字と文字の組み合わせで、言葉が生まれ、物語が生まれる。その楽しさが、絵本になりました。
    (3歳~)

  • あつかったら ぬげばいい

    あつかったら ぬげばいい

    作/ヨシタケシンスケ

    1,100 円(税込)

    「ヘトヘトにつかれたら」
    「ふとっちゃったら」
    「だれもわかってくれなかったら」
    「せかいがかわってしまったら」…。

  • やまのかいしゃ

    やまのかいしゃ

    作/スズキコージ
    絵/かたやまけん

    1,650 円(税込)

    会社員のほげたさん、今日も朝寝坊。昼過ぎに電車に飛び乗ると、ラッシュアワーは終わっていました。おむすびを食べようと思ったら、足にはトイレのスリッパを履いてきたことに気付きます。眼鏡やかばんも、持ってくるのを忘れました。電車は、会社とは反対方向へ。

  • かおPLAY!

    かおPLAY!

    作/tupera tupera (ツペラツペラ)

    2,200 円(税込)

    『パンダ銭湯』『しろくまのパンツ』でお馴染み、絵本作家tupera tupera(ツペラ ツペラ)最新作。ひたすら「顔」をテーマに、書いたり、消したり、切ったり、貼ったり、笑ったり。子どもから大人まで、本気で遊べるワークブック。ページをめくる度にへんてこなお題が次々に…!?

  • せかいいちながいゾウさんのおはな

    せかいいちながいゾウさんのおはな

    作/谷口智則

    1,980 円(税込)

    せかいいち長いゾウさんの鼻は、アリの巣を通り、森を抜け、野原も街も海だって越えて・・・!? そして、たったひとりの大切なあの子に届きます。広げると、全長5,74メートル。ながーいジャバラ絵本。

  • やっぱり・しごとば

    やっぱり・しごとば

    作/鈴木のりたけ

    1,870 円(税込)

    はたらくってこんなにたのしい!見ればみるほどおもしろい、迫力の構図に目がくぎづけ。厩務員、プロサッカー選手、恐竜学者、プログラマー、探検家、オーケストラ団員、料理研究家、吹きガラス職人、医師、の9職業を収録。鈴木のりたけさん『しごとば』シリーズ、6年ぶりの最新刊。

  • エイモスさんがかぜをひくと

    エイモスさんがかぜをひくと

    作/フィリップ・C・ステッド
    絵/エリン・E・ステッド

    1,540 円(税込)

    動物園で働くエイモスさん。いそがしい仕事の合間をぬって、毎日なかよしの動物たちをたずねてまわります。ゾウとチェスをして、カメとはかけっこ、ペンギンのそばに座ってやり・・・。
    ある日、エイモスさんは風邪をひき、仕事を休んでしまいました。エイモスさんを待ち続ける動物たち。心配のあまり、みんなは・・・!?

  • かわにくまがおっこちた

    かわにくまがおっこちた

    作/リチャード・T・モリス
    絵/レウィン・ファム

    1,650 円(税込)

    川にくまが落っこちたことをきっかけに、川ぞいの動物たちが一緒に川下りをします。「ぴょーん!」「にゅっ!」「へーい!」「ヒャッ、ホー!」 次々乗り込んでくる動物たち。それぞれの持ち味を出し合いながら、進んだ先は?

  • ちょっとだけまいご

    ちょっとだけまいご

    作/クリス・ホートン

    1,540 円(税込)

    すとーん とん ことん。巣から落っこちて、迷子になったちびフクロウ。リスが駆け寄ってきました。
    「だいじょうぶ。おいらが かあちゃんを みつけてやるから しんぱいするなって。
    で? きみの かあちゃんは どんなかんじ?」
    「ぼくの ママはね、すごーく おおきいんだ。こーんなに」

  • そのつもり

    そのつもり

    作/荒井良二

    1,760 円(税込)

    緑あふれる 「そのつ森」 という名前の森のおはなしです。

    森にある空き地をどんなふうに使おうか、動物たちが会議をしています。サルが、「空き地に穴を掘って温泉にしよう」 と言います。みんなは少し考えてから、「いいねえ、それ」 と言って、そのつもりになりました。

  • さるのせんせいとへびのかんごふさん

    さるのせんせいとへびのかんごふさん

    作/穂高順也
    絵/荒井良二

    1,760 円(税込)

    どうぶつ村に、新しい病院ができました。さるのせんせい、へびのかんごふさんが働いています。へびのかんごふさんは、何にでも変身できます。薬を調合したり、患者さんに噛みついて注射器になったり、身長計になったり、大活躍。動物の患者さんたちも大喜びで・・・!? とっても楽しいどうぶつ村病院物語。

tumblr

pagetop
×