スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

くすくす|絵本

  • マスターさんとどうぶつえん

    マスターさんとどうぶつえん

    作/アーノルド・ローベル

    1,512 円(税込)

    お天気のいい日は、いつもお気に入りの動物園に出かけるマスターさん。動物たちも、マスターさんが大好き。だから、動物園が閉まる時間になると、どちらも悲しい気持ちになります。

  • サンカクさん

    サンカクさん

    作/マック・バーネット
    絵/ジョン・クラッセン

    1,944 円(税込)

    あるひ さんかくさん どっか いきよる
    「シカクに わるさ しにいくねん」
    「みててみ、おもしろいことに なるで・・・」

    サンカクさんとシカクさん。ふたりは友達なのか? それとも!? 絵本 『どこいったん』 『みつけてん』 でお馴染み、ジョン・クラッセンさんの新シリーズ第1弾。長谷川義史さんの大阪弁訳で、ハラハラドキドキをたっぷりとお愉しみあれ。

  • リスとお月さま

    リスとお月さま

    作/ゼバスティアン・メッシェンモーザー

    1,728 円(税込)

    リスはびっくりして、目を覚ましました。お月さまが、リスの家に落っこちてきたからです。誰かがお月さまをとろうとして、落としちゃった? ぼくの所にあったら、どろぼうと間違えられちゃう!?

  • そらの100かいだてのいえ

    そらの100かいだてのいえ

    作/いわいとしお

    1,296 円(税込)

    ある寒い雪の日のこと。おなかをすかせたシジュウカラのツピくん。ひとつぶのひまわりの種を見つけます。「これじゃ、おなかいっぱいにはならないや・・・。そうだ! 花をさかせて、種を増やそう!」 ツピくんは、植える場所を探しに、空へと飛びたちました。

  • 100かいだてのいえ

    100かいだてのいえ

    作/いわいとしお

    1,296 円(税込)

    「ぼくは 100かいだてのいえの てっぺんに すんでいます。あそびにきてください!」 手紙を受けとったトチくん、出かけることに。

  • あかりをけして

    あかりをけして

    作/アーサー・ガイサート

    1,512 円(税込)

    「8時になったら、あかりを消さなきゃだめ」 両親はそう言うけれど、コブタは、暗い部屋ではこわくて眠れない。「なにか工夫をしてみたいですって? どうぞ、やってごらんなさい」

  • きゅうりさん あぶないよ

    きゅうりさん あぶないよ

    作/スズキコージ

    864 円(税込)

    きゅうりさんが歩いていくと、動物たちが、「きゅうりさん、あぶないよ」と言って、いろいろな物をくれます。ひとつひとつ、それを身につけ、どんどん姿が変っていくきゅうりさん。最後に遭遇したのは・・・!? 

  • おじさんとカエルくん

    おじさんとカエルくん

    作/リンダ・アシュマン
    絵/クリスチャン・ロビンソン

    1,296 円(税込)

    雨の朝。「雨か・・・」しかめっつらのおじさんと、「雨だ!」にこにこ笑顔の男の子。

  • わゴムはどのくらいのびるかしら?

    わゴムはどのくらいのびるかしら?

    著者/マイク・サーラー
    絵/ジェリー・ジョイナー

    1,296 円(税込)

    ある日、ぼうやは、わゴムがどのくらいのびるか、ためしてみることにしました。わゴムをベッドの枠にひっかけて、部屋から出て屋外へ。自転車に乗って、まだまだのびます。さらに、バスで、汽車で、飛行機で、わゴムはどんどん、どんどんのびて・・・!? 子どもの想像力をかきたてる愉快な絵本。ラストのページは、絵をよーくよーく見てみてね。さて、ぼうやは一体どこまで、わゴムをのばしたでしょうか? (4歳~)

  • もうぬげない

    もうぬげない

    作/ヨシタケシンスケ

    1,058 円(税込)

    ふくがひっかかってぬげなくなって、もう どれくらいたったのかしら。このままずっとぬげなかったらどうしよう。このままおとなになるのかな。ぬがないまま、工夫しながら生きる? ぬげない仲間をみつけて、たのしく生きる? あれこれ考えるうち、だんだんおなかがさむくなってきて・・・。
    ヨシタケシンスケさんの最新刊。やっぱりクスクスおかしくて、子どもたちはもちろん、大人も夢中。今宵もどこかのお風呂場の脱衣所で

  • このあとどうしちゃおう

    このあとどうしちゃおう

    作/ヨシタケシンスケ

    1,512 円(税込)

    亡くなったおじいちゃんの部屋から、「このあと どうしちゃおう」ノートが出てきた。「じぶんが しょうらい しんだら どうなりたいか」が、たくさん書いてあるノート。「うまれかわったらなりたいもの」「こんなかみさまにいてほしい」クスクス、思わず笑ってしまうリスト。なんだかおじいちゃん、楽しそう。でも、もしかしたら逆だったのかもしれない。

  • りんごかもしれない

    りんごかもしれない

    作/ヨシタケシンスケ

    1,512 円(税込)

    テーブルの上にりんごがおいてあった。・・・でも、・・・もしかしたら、これはりんごじゃないかもしれない。もしかしたら、大きなサクランボのいちぶかもしれないし、心があるのかもしれない。実は、宇宙から落ちてきた小さな星なのかもしれない・・・。

  • みつけてん

    みつけてん

    作/ジョン・クラッセン

    1,944 円(税込)

    ふたりづれのかめが、ぼうしをみつけました。
    でも、ぼうしはひとつだけ。「ぼくら ふたりやのになぁ。」
    はたして、ふたりはぼうしをかぶることができるのか!?

    『どこいったん』『ちがうねん』に続く、ジョン・クラッセンの帽子シリーズ絵本、ついに完結。絵本作家・長谷川義史さんによる大阪弁の名訳にもご注目。クールなドキドキが続いた後のラストシーンに、ほっ。

  • そのつもり

    そのつもり

    作/荒井良二

    1,728 円(税込)

    緑あふれる 「そのつ森」 という名前の森のおはなしです。

    森にある空き地をどんなふうに使おうか、動物たちが会議をしています。サルが、「空き地に穴を掘って温泉にしよう」 と言います。みんなは少し考えてから、「いいねえ、それ」 と言って、そのつもりになりました。

  • ちょっとだけまいご

    ちょっとだけまいご

    作/クリス・ホートン

    1,512 円(税込)

    すとーん とん ことん。巣から落っこちて、迷子になったちびフクロウ。リスが駆け寄ってきました。
    「だいじょうぶ。おいらが かあちゃんを みつけてやるから しんぱいするなって。
    で? きみの かあちゃんは どんなかんじ?」
    「ぼくの ママはね、すごーく おおきいんだ。こーんなに」

tumblr

pagetop
×