スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

ことば|書籍

  • 回復まで 新装版

    回復まで 新装版

    著者/メイ・サートン

    3,850 円(税込)

    66歳から67歳にかけての1年間(1978-79)は、サートンにはつらい年だった。パートナーとの別離、小説『総決算の時』への悪意ある酷評、乳がんの手術、ふっきれない鬱状態。しかし、「惜しみなく与える」友人たちがいて、小さな命にみちた静謐な自然があり、読書と、愛読者たちの手紙に支えられて、彼女は「あるがままの自分」を受け入れることを学ぶ。そして孤独を深めながら、ゆっくりと回復していく。

  • 惑星

    惑星

    著者/片山令子

    1,980 円(税込)

    『たのしいふゆごもり』『もりのてがみ』「のうさぎのおはなしえほん」シリーズなど、多くの人に愛される数多くの名作絵本を書いた詩人・片山令子さんのベストエッセイ集。

  • 74歳の日記

    74歳の日記

    著者/メイ・サートン

    3,520 円(税込)

    73歳の冬、サートンは夜中に突然軽い脳梗塞を起こした。さらに、当時つづいていた体調不良に重ねて、愛猫ブランブルの死があり、クリスマスツリーが燃えるハプニングもあり、詩はいっこうに湧いてこない。

  • プリミ恥部 あいのことば

    プリミ恥部 あいのことば

    著者/白井剛史

    1,928 円(税込)

    ツイッターのことばから、未発表の詩、エッセイ、歌詞、宇宙マッサージのおしらせ文まで。プリミ恥部さんによることばの魅力をあますことなく伝える愛の1冊。

  • 答えより問いを探して 17歳の特別教室

    答えより問いを探して 17歳の特別教室

    著者/高橋源一郎

    1,320 円(税込)

    あたりまえを疑ってみると、知らない世界が見えてくる。「読む」と「書く」の体験をとおして自分が変わる、人生が変わる。子どもも大人も目からウロコの、超・文章教室! 

  • あわいゆくころ

    あわいゆくころ

    著者/瀬尾夏美

    2,200 円(税込)

    東日本大震災で津波の甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市。絵と言葉のアーティスト・瀬尾夏美は、被災後の陸前高田へ移り住み、変わりゆく風景、人びとの感情や語り、自らの気づきを、ツイッターで継続して記録、復興への“あわいの日々”に生まれた言葉を紡いできた。

  • すごい論語

    すごい論語

    著者/安田登

    1,980 円(税込)

    いとうせいこう(音楽)、釈徹宗(宗教)、ドミニク・チェン(テクノロジー)、各分野で活躍する「すごい」人に『論語』を投げかけると、2500年前を凌ぐ「すごい論語」が現れた!

  • 普通の人々

    普通の人々

    著者/谷川俊太郎

    1,650 円(税込)

      「普通の人々はそうでない人々に
      ひけめを感じさせないように
      心を砕いている
      それが偽善であることにも
      薄々気づいている」


    寿子、篤、晋一郎、春美…。総勢60名以上の人物が登場し、交差するどこか奇妙な「日常」の姿。長編4作品を含む、新作書き下ろし詩集。

  • 五月の風

    五月の風

    著者/山尾 三省

    2,530 円(税込)

    全山で日がな一日精一杯に歌い続けているウグイス達のいのちを、「尊い」と感じるのは、ぼくが病という場に身を置いて気が弱っているからだろうか。

  • 火を焚きなさい

    火を焚きなさい

    著者/山尾三省

    1,980 円(税込)

     山に夕闇がせまる
     子供達よ
     ほら もう夜が背中まできている
     火を焚きなさい
     お前達の心残りの遊びをやめて
     大昔の心にかえり
     火を焚きなさい
        山尾三省「火を焚きなさい」より

  • 新版 野の道

    新版 野の道

    著者/山尾三省

    2,200 円(税込)

     太陽があり土がある。
     水があり森がある。
     風が流れている。
     大きそうな幸福と小さそうな幸福とを比較して、
     それが同じ幸福であるからには小さな幸福を肯しとする、
     慎ましい意識がここにはある。(本文より)

  • 新版 狭い道

    新版 狭い道

    著者/山尾三省

    2,420 円(税込)

     僕が、住む場所として島を選んだのは、
     僕自身のためではあるが、
     同じ程に子供達のためであり、
     順子のためでもあった。
     海は必ず、深く善いものを、
     大人にも子供にも与えてくれる。 (本文より)

  • ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

    ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

    作/斉藤倫
    絵/高野文子

    1,320 円(税込)

    きみはいつものように、あけっぱなしの玄関から、どんどんぼくの部屋にあがりこみ、ランドセルをおろしながらこういった。「せんせいが、おまえは本を読めっていうんだ。ことばがなってないから」。ぼくは一冊の詩集をきみに手渡す。「ここんとこ、読んでみな」

  • START WHERE YOU ARE 今いるところから始めよう

    START WHERE YOU ARE 今いるところから始めよう

    著者/ミーラ・リー・パテル

    1,386 円(税込)

    自分と向き合い、夢を実現するための書き込み式ワークブック。左側のページには、サン・テグジュペリ、ソロー、ジャンヌ・ダルク、リルケ、ルイス・キャロル、ミランダ・ジュライなど、古今東西様々なひとのことば。美しいイラストと共に、読む者に勇気を湧きたたせます。

  • しあわせしりとり

    しあわせしりとり

    著者/益田ミリ

    1,650 円(税込)

    しあわせは、つながっていく。子どもの頃の思い出、見ることのない未来、こぼれ落ちる日々…。あんなこと、こんなことが、しりとりのように連鎖する。朝日新聞連載「オトナになった女子たちへ」に加筆・修正したエッセイと、3本の書き下ろしを再編成、とっておきのエッセイ集。

tumblr

pagetop
×