スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

子どもと|書籍

  • これからの男の子たちへ

    これからの男の子たちへ

    著者/太田啓子

    1,760 円(税込)

    「男らしさ」の呪縛は何歳から始まる?わが子をセクハラ加害者にしないためには?性差別に怒りを燃やしつつ男子2人を育てる弁護士ママが悩みながら考えた、ジェンダー平等時代の子育て論。

  • おうち性教育はじめます

    おうち性教育はじめます

    著者/フクチマミ、村瀬幸浩

    1,430 円(税込)

    「なんでママは立っておしっこしないの?」と聞かれたら、「知らないおじさんに髪をひっぱられた!」と子どもが泣いて帰ってきたら、どうしますか?おうち性教育=子どもを守るための教育です。 

  • 赤ちゃんってどうやってできるの? いま、子どもに伝えたい性のQ&A

    赤ちゃんってどうやってできるの? いま、子どもに伝えたい性のQ&A

    著者/アクロストン

    1,540 円(税込)

    「赤ちゃんってどうしてできるの?」「生理ってなに?」「どうしてぼくにはおちんちんがあるの?」など、とても大切なことなのに、とても説明しづらい性のお話。日本では「寝た子を起こすな」の思想のもと、学校でも家庭でもタブー視されてしまいがちです。一方で、ネットなどには歪んだ性のコンテンツがあふれ、子どもたちが間違った価値観とともに成長するリスクが大きいのが現実。

  • こどもと大人のてつがくじかん

    こどもと大人のてつがくじかん

    著者/犬てつ(編)

    2,530 円(税込)

    “みんなのいる意味を感じるところ。 新しい世界に踏み出せる場所。”(小5の参加者の声) こどもと大人が一緒に対話し、紡いできたてつがくじかん。愛知県犬山市で営まれた、宝物のような三年間のドキュメント。

  • 北欧の森のようちえん

    北欧の森のようちえん

    著者/リッケ・ローセングレン

    2,970 円(税込)

    自然は、子どもたちがさまざまなことを試しながら成長できる絶好の環境です。この本では、なぜ自然が子どもの発達のために健康的で刺激的な学習環境だと言えるのか、その理由に迫ります。

  • 自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全

    自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全

    著者/本間真二郎

    2,200 円(税込)

    全国から患者が訪れる小児科医の、大らかに楽しく健康に生きるための知識・考え方・工夫。

  • 「読む」って、どんなこと?

    「読む」って、どんなこと?

    著者/高橋源一郎

    737 円(税込)

    誰もが学校で教わった「文章の読み方」。私たちはそれを疑いもせず身につけることで生きてきた。ところが、学校で教わった読み方だと「読めない」ものがある!? 小説、詩、エッセイ、ノンフィクション…。作家・高橋源一郎が好きな作品を一緒に読みながら、「読むきほん」を学びなおす、大人のための授業。

  • 13歳までにやっておくべき50の冒険

    13歳までにやっておくべき50の冒険

    著者/ピエルドメニコ・バッカラリオ、トンマーゾ・ペルチヴァーレ
    絵/アントンジョナータ・フェッラーリ

    1,760 円(税込)

    児童文学作家・バッカラリオらが贈る、ちょっぴり変わったアドベンチャーガイド。木登りや雪合戦のようなアクティブなものから、魔法の薬の調合といった「?」なものまで、多彩な50のミッションが子どもたちを待ちうけます。

  • 世界を変えるための50の小さな革命

    世界を変えるための50の小さな革命

    著者/ピエルドメニコ・バッカラリオ、フェデリーコ・タッディア
    絵/アントンジョナータ・フェッラーリ

    1,760 円(税込)

    環境破壊、貧困、スマホ依存、ウソ、偏見…。このまちがった世の中にガマンがならない? もしそう思ってるなら、文句なんか言ってるひまはない。行動するのはキミだ。同志を集めて革命団を結成し、世界をよりよく変える50の革命を起こせ!

  • 22世紀を見る君たちへ

    22世紀を見る君たちへ

    著者/平田オリザ

    946 円(税込)

    これから大切な能力って何? いまの子どもたちの文章読解能力は、本当に「危機的」? 未来の大学入試とは? 英語教育は必要? そもそも日本人の大多数が、ネイティブと同じ発音をする必要がどこにあるの? 祖父母から孫へ、親から子へ。世代を超えて伝えたい、教育の「本質」を探る。

  • 月刊クーヨン 2020年 6月号

    月刊クーヨン 2020年 6月号

    880 円(税込)

    オーガニックな育児雑誌。特集は、「ウィルスをはねかえす子育て」。免疫力や発達が促される暮らし方を探ります。

  • 14歳の教室

    14歳の教室

    著者/若松英輔

    1,430 円(税込)

    答えは誰かがくれるものじゃない。自分で見つけるものなんだ。

    進むべき道に迷ったとき、先が見えずに苦しいとき、生きがいを見失ったとき、言葉が君を支えてくれる。「おもう」「分かる」「考える」「読む」「書く」「聞く」「話す」 素朴な動詞の意味を問いながら、大切な言葉と出会う7つの授業 。

  • 有権者って誰?

    有権者って誰?

    著者/藪野祐三

    880 円(税込)

    選挙権年齢が18歳に引き下げられ、中高生に向けた主権者教育が求められています。本書は、若い世代が自らを選挙の当事者として考えるきっかけとなるように「有権者」を切り口に、選挙のしくみや意義をわかりやすく解説します。有権者には何が求められているのか、社会に参加するとはどのようなことなのかを学ぶための一冊です。

  • みんなの園芸店

    みんなの園芸店

    作/大野八生

    3,080 円(税込)

    部屋の中や庭に植物があると、気持ちに張りが出たり安らいだりと、暮らしに彩りを添えてくれます。この本は、多肉植物からバラやヒマワリ、食虫植物までの様々な種類の植物の楽しみ方を春夏秋冬それぞれの季節で提案した、園芸の入門書です。

  • グレタと立ち上がろう

    グレタと立ち上がろう

    著者/ヴァレンティナ・ジャンネッラ
    絵/マヌエラ・マラッツィ

    1,980 円(税込)

    「このままでは地球は危ない」と声をあげたグレタ・トゥーンベリ。「科学者の声に耳を傾けよ」と訴えるグレタは、科学的データに基づき説明する。地球の環境の何が、どう、危ないのか。

tumblr

pagetop
×