スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

旅に出る|書籍

  • 新版 縄文聖地巡礼

    新版 縄文聖地巡礼

    著者/坂本龍一、中沢新一

    2,420 円(税込)

    ぼくたちは、未来に向かって縄文の古層へ旅をする。わたしたちの精神の源泉に触れる待望の新装版。

  • つづくをたべる食堂

    つづくをたべる食堂

    著者/相馬夕輝

    3,190 円(税込)

    郷土料理って、おもしろい! 旅する定食屋「d47食堂」の日々。

  • 旅の彼方

    旅の彼方

    著者/若菜晃子

    1,760 円(税込)

    登山の専門出版社の編集者を経て、文筆家として活躍する著者の旅の随筆集三部作の最終巻。旅の記憶や広がる思考を、読者が追体験できる濃やかで静謐な文章で綴る。旅先は英国やロシア、タイ、ネパール、チリなど。

  • d design travel 岡山

    d design travel 岡山

    2,090 円(税込)

    雨が降らない、というだけでこんなにも人は幸せに生きられる。長い夏休みのように、昼は山や川へ、夜は星や蛍を。そんな豊かな生き方をしている岡山の人たちを見て、まるで童話のワンシーンのようにも感じます。今号の表紙は、きびだんごでお馴染みの「廣榮堂」の鬼の絵。岡山市には「うらじゃ」という鬼が主役のお祭りもあり、実は桃太郎が“鬼”だったという説も……

  • 山の本棚

    山の本棚

    著者/池内紀

    1,980 円(税込)

    古今東西、山と人、自然から生まれた言葉の森を、池内紀と歩く。山岳関連書だけでなく、その選書はエッセイ、詩集、民俗学、小説、図鑑、技術書など多種多様。ドイツ文学者にてエッセイイストであり、登山、散歩、旅を愛した池内紀が描く「山」の本の世界。雑誌『山と溪谷』でも指折りの長期連載を単行本化。

  • 北極男 増補版

    北極男 増補版

    著者/荻田泰永

    1,210 円(税込)

    「冒険は素晴らしい。そのフィールドとして北極は最高だ!」 生きることに空虚さを抱えていた著者が北極で見つけたものとは。生きづらさを抱えている人たちへおくる、幸せに生きるための道しるべ。

  • 料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと

    料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと

    著者/ケイタ

    1,540 円(税込)

    1歳で包丁を握り、小学5年生で渡仏。幼いころから野良で遊び、台所に立ってきた少年は本場のフランス料理にあこがれ、暮らしの中の料理を学びに友人たちに会いに行く。「やりたい!」ことにまっしぐら。親はとめずに、見守り続けた。300点の写真で見る驚きの成長記録。

  • サルデーニャの蜜蜂

    サルデーニャの蜜蜂

    著者/内田洋子

    737 円(税込)

    苦くて甘い素顔のイタリアへいざなう一冊。イタリア往還40年余の著者が描く心揺さぶる傑作エッセイ集。

  • 海をゆくイタリア

    海をゆくイタリア

    著者/内田洋子

    726 円(税込)

    ポルトフィーノ、カプリ、パレルモ、タオルミーナ、ヴェネツィアほか12都市を海から訪問。食べて飲んで星の下で眠った。美しい帆船ラ・チチャ号でイタリア半島を旅した140日間、宝物のような航海日誌。

  • 京都不案内

    京都不案内

    著者/森まゆみ

    1,760 円(税込)

    市民運動のやり過ぎから免疫低下でがんになった。治療の後、体にいいことをするため京都へときどき転地。気功をし、映画を見、銭湯に入り、ごはんを食べて語り合う。観光客の集まる古都とは違う何かが見えてくる。

  • 祭りの季節

    祭りの季節

    著者/池内紀

    3,520 円(税込)

    「ちょうど私は五十五歳を迎える前で、三十年の教師生活にケリをつけ、べつの生き方を心に決めていた……翌春、勤め先の大学に辞表を出して、晴れて自由の身になった。しばらくはせっせと図書館に通い、自分用の資料をつくった……遅々としてはかどらない講義ノートとは大ちがいで、こちらは一つまた一つと興味の対象が加わり、関心が風船玉のようにふくらんでいくことを思い知った。

  • 途上の旅

    途上の旅

    著者/若菜晃子

    1,760 円(税込)

    「人間は常に自然のただなかにいる。そしてそのことをいつも忘れてしまう。私はそれを全身で感じるために、旅に出ているのかもしれない。」(本文より)

  • 旅の断片

    旅の断片

    著者/若菜晃子

    1,760 円(税込)

    登山の専門出版社の編集者を経て、文筆家として活躍する若菜晃子さん。『街と山のあいだ』に続く、待望の随筆集第2弾。さまざまな国の風景やひととの交流、旅を通じて広がってゆく思考を、静謐な文章でまっすぐに綴ります。個人的な旅の記憶が濃やかに表現され、読者も体感できる情緒豊かな一冊。

  • 街と山のあいだ

    街と山のあいだ

    著者/若菜晃子

    1,760 円(税込)

    登山の専門出版社を経て、編集者・文筆家として活躍する、若菜晃子さんはじめての随筆集。山にまつわる記憶や体得してきた思想を、情緒豊かにまっすぐに綴る。四季にわたる山行記やよく登る山、道具の話など、細やかなエピソードに彩られた59篇。山が好きなひとも、山に憧れるひとも、自然を近しく感じられる本。

  • 鳥に会う旅

    鳥に会う旅

    著者/叶内拓哉

    1,760 円(税込)

    野鳥を求めて北海道から沖縄まで。これほど全国を隈なく歩いた野鳥好きがいるだろうか?珍しい鳥との出会い、鳥好き仲間との交流を描いた心温まる「探鳥ドラマ」。希少な野鳥写真を満載!!全国の主な探鳥地&撮影ガイド付き!

pagetop
×