スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

こども|絵本

  • くろ

    くろ

    作/きくちき

    1,650 円(税込)

    犬の「くろ」が、夜をとおして、猫の「しろ」に思いをつのらせる。あいたいきもち、あえないきもち。やっとあえた時、命がかがやく。

  • あのこ

    あのこ

    作/樋勝朋巳

    1,430 円(税込)

    おとずれるのは、やわらかで愛おしい時間。ちいさいまどからやってくる、ちいさいあのこ。トントン、トントン、こんにちは。ちいさなラッパ、ちいさなおさかな、へんそうようのおひげ・・・いろんなものをもってやってくる。ときには、いたずらしたりして!ほら、またあのこがやってきた。

  • あるあさ、ぼくは…

    あるあさ、ぼくは…

    作/マリー・ホール・エッツ

    1,650 円(税込)

    おさない男の子が、家の農場や自然の中で動物たちに出会います。「どういうふうにあるくのか、やってみせてくれない」とたずねながら、ねこに、おんどりに、ぶたに……と、動物たちのまねをして進んでいきます。みずみずしく、子どもらしい興味と観察眼が光る作品です。『もりのなか』でお馴染み、エッツの魅力があふれるモノクロームで味わい深い絵本。

  • うちのおかあちゃん

    うちのおかあちゃん

    作/小手鞠るい
    絵/こしだミカ

    1,430 円(税込)

    おかあちゃんは、ほとんど目がみえない。三味線をひくのがうまい。口が悪くて、えばっていて、たくましい。ひとりでどこへでも出かけていく。みんなのことが、ぼ~っとゆうれいみたいにしか見えていない、と言っていたおかあちゃんの目が、ある日とうとう、何も見えなくなった。その日だけ、おかあちゃんが泣いた。でもおとうちゃんの一言「目も悪くて、口も悪くて、意地も悪い。それはヘレン・ケラーじゃな」

  • なきむしこぞう

    なきむしこぞう

    作/今村葦子
    絵/酒井駒子

    1,650 円(税込)

    「みんな、かえってきてー!」という、あのこのこえが、きこえたとき、ぬいぐるみたちのこころに、「ぽっ!」と、あかりがともります。しずかな、しずかな、ゆうぐれどきの、ちいさなぼうけん。

  • あんまりすてきだったから

    あんまりすてきだったから

    作/くどうれいん
    絵/みやざきひろかず

    1,540 円(税込)

    歌手のうたごえがあんまりすてきだったから、こんちゃんはお手紙をかきました。こんちゃんの心のこもったお手紙をはこぶゆうびんやさんは、なんだかうれしくなって、くちぶえをふきました。くちぶえをきいたやまめは、なんだかうれしくなって、しぶきをあげてはねました。こんちゃんのうれしい気持ちが、ふしぎとみんなに伝わって…!?

  • おたんじょうびまだかな

    おたんじょうびまだかな

    作/ジュリー・フォリアーノ
    絵/クリスチャン・ロビンソン

    2,090 円(税込)

    おたんじょうび、まだかな。はやくこないかな。おたんじょうびのプレゼントに、チョコレートたっぷりのおおきなケーキ。みんなであそんで、るん、らる、らん。ワクワクがとまらないおたんじょうびの絵本。

  • ぼりす そらをとぶ

    ぼりす そらをとぶ

    作/ディック・ブルーナ

    880 円(税込)

    外は雨が降っています。でも、くまのぼりすは、お気に入りの青い傘をさしてお出かけ。途中、雨は止みますが、突風が吹いてきて、ぼりすを青い傘もろとも空中へ巻き上げます。ところが、今度は風向きが変わって、ぼりすと青い傘は真っ逆さま。ぼりすはそのまま地面にどしんと落っこちました。ぼりすの目からは涙が一粒こぼれますが、ぼりすは強いくま。こんなことで泣くもんかと、立ち上がって、急いで家へ向かって歩きだしました。

  • くまのぼりす

    くまのぼりす

    作/ディック・ブルーナ

    880 円(税込)

    くまのぼりすは、とても働き者。風が冷たくなってきたある日、ぼりすは薪にするのに手ごろな木を見つけにいきます。そして、短く切って、積み重ねて風を通して乾かして、薪作りに励みます。ひと仕事を終えたら、家に帰ってお風呂に入り、おいしいトマトスープを作って……。こうして、ぼりすの静かな一日は終わるのでした。

  • やぁだ!

    やぁだ!

    作/マルリョケ・ヘンリヒス

    1,650 円(税込)

    なんでも「やぁだ!」なこうさぎは、ママになにをいわれても「やぁ――だ!」。

  • こどもたちは まっている

    こどもたちは まっている

    作/荒井良二

    1,760 円(税込)

    今日も水平線から日が昇る。いつもの風景、季節の移ろい、突然の雨、特別な一日。繰り返す日々のなかで、みんな、いつもなにかを待っている。船が通るのを、貨物列車を、雨上がりを、夜明けを……。荒井良二の新しい代表作、誕生。

  • きんたろうようちえん

    きんたろうようちえん

    作/やぎたみこ

    1,540 円(税込)

    山の上に、きんたろう先生が園長の幼稚園がありました。子どもたちはロープウェイで登園し、先生は動物たち。年少さんはくま先生、年中さんはおおかみ先生、年長さんはさる先生たちとお世話したり、お世話されたり。授業は自然の中でのびのび。やまんば先生の給食をおいしく食べたら、木かげでみんな一緒にお昼寝。ところが、水飲み場からおかしな声が……!? 子どもたちと動物たちがすごす夢のように楽しい幼稚園のお話です。

  • くんちゃんのはじめてのがっこう

    くんちゃんのはじめてのがっこう

    作/ドロシー・マリノ

    1,045 円(税込)

    こぐまのくんちゃんは、今日から1年生。 うれしくていつもより早く目が覚めました。 お母さんと連れだって家を出た、 ご機嫌なくんちゃん。道々で出会う動物たちに声をかけます。「ぼく がっこうに いくんだよ。きみも がっこうへ いく?」

  • がっこうだってどきどきしてる

    がっこうだってどきどきしてる

    作/アダム・レックス
    絵/クリスチャン・ロビンソン

    1,540 円(税込)

    はじめてのクラス、はじめての学校に、誰もがドキドキ。でもね、「がっこう」だってドキドキしてるって知ってた?

  • チェクポ

    チェクポ

    作/イ・チュニ 文
    絵/キム・ドンソン

    1,650 円(税込)

    チェクポとは、風呂敷状の布のこと。オギは、通学鞄がわりにチェクポを腰からぶら下げて使っています。友だちのダヒの新しい鞄が羨ましてくならないオギ。古びたチェクポをからかわれ、オギはダヒと大げんか。チェクポがみじめに見え、腹が立ってきたオギは、えんぴつでチェクポをひっかきはじめます。縫い目に鉛筆がひっかかった時、オギは、おばあちゃんが端切れを縫い合わせてチェクポをつくってくれた時を思い出し…!?

pagetop
×