スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

新入荷の絵本|絵本

  • マスターさんとどうぶつえん

    マスターさんとどうぶつえん

    作/アーノルド・ローベル

    1,512 円(税込)

    お天気のいい日は、いつもお気に入りの動物園に出かけるマスターさん。動物たちも、マスターさんが大好き。だから、動物園が閉まる時間になると、どちらも悲しい気持ちになります。

  • サンカクさん

    サンカクさん

    作/マック・バーネット
    絵/ジョン・クラッセン

    1,944 円(税込)

    あるひ さんかくさん どっか いきよる
    「シカクに わるさ しにいくねん」
    「みててみ、おもしろいことに なるで・・・」

    サンカクさんとシカクさん。ふたりは友達なのか? それとも!? 絵本 『どこいったん』 『みつけてん』 でお馴染み、ジョン・クラッセンさんの新シリーズ第1弾。長谷川義史さんの大阪弁訳で、ハラハラドキドキをたっぷりとお愉しみあれ。

  • 森のノート

    森のノート

    著者/酒井駒子

    2,268 円(税込)

    日常の暮らしの片隅にひっそりとある静謐な時間。『よるくま』 『ビロードのうさぎ』 『くまとやまねこ』 でお馴染み、絵本作家・酒井駒子さんのはじめての画文集は、まるで静かな森をひとり歩いているような、静けき世界。

  • こどもってね……

    こどもってね……

    作/ベアトリーチェ・アレマーニャ

    1,728 円(税込)

    こどもってね、ちいさな ひと。
    でも、ちいさいのは すこしのあいだ。
    いつのまにか しらないうちに おおきくなる。

  • おいしくたべる

    おいしくたべる

    著者/松本 仲子(監修)
    絵/加藤休ミ/得地直美

    1,296 円(税込)

    ひとは「食べる」。今日も明日も、この先もずっと。ひとはなぜ食べるんだろう? ひとはどうして 「おいしいもの」 が好きなんだろう? 大昔のひともそうだったのかな? 甘いものは、なぜおいしいの? 好きなものだけ食べて、生きていける? 不思議に思ったことがあるなら、ぜひ本書 『おいしくたべる』 を読んでみてほしい。

  • きみはライオン!

    きみはライオン!

    作/ユ・テウン

    1,620 円(税込)

     きちんと すわって りょうてを ひざに、
     おおきく くちをあけ したをだす!
     そしたら きみは・・・ ライオンだ!

    小さなひとは、生き物のまねが大好き。かえるになったり、ヘビになったり、「にゃーお」 とねこになったり! それぞれの生き物のまねは、実はヨガのポーズそのもの。

  • ノーム 不思議な小人たち

    ノーム 不思議な小人たち

    作/ヴィル・ヒュイゲン
    絵/リーン・ポールトフリート

    1,944 円(税込)

    あなたはノームに出会ったことがありますか? ヨーロッパを中心に、ロシア、北米にも生息している小さな生きもの、ノーム。その生態と歴史について、豊富な図版と詳細な解説からなる、唯一無二のノーム研究書です。

  • 空をつくる

    空をつくる

    作/村尾亘

    1,728 円(税込)

    小さな頃から、絵を描くことが大好きだった「僕」。住んでいた町は、次第に緑が消え、高い家々が建つようになった。遠くの山も、季節の花も、もう見えない。

    「もっと、もっと・・・」 おいしいものが大好きなある者は、もっとたくさんの食料を置くために。帽子が大好きなある者は、もっといろいろの帽子を家に置くために。人々は、家を上へ上へと建て増しする。

  • そらの100かいだてのいえ

    そらの100かいだてのいえ

    作/いわいとしお

    1,296 円(税込)

    ある寒い雪の日のこと。おなかをすかせたシジュウカラのツピくん。ひとつぶのひまわりの種を見つけます。「これじゃ、おなかいっぱいにはならないや・・・。そうだ! 花をさかせて、種を増やそう!」 ツピくんは、植える場所を探しに、空へと飛びたちました。

  • アリになった数学者 (たくさんのふしぎ2017年9月号)

    アリになった数学者 (たくさんのふしぎ2017年9月号)

    作/森田真生
    絵/脇坂克二

    720 円(税込)

    数や図形を便利につかう方法を教えてくれるのが「算数」。「数学」とは、そもそも、その数や図形とはなにか? を考える学問です。

    数学者はある日、気がつくとアリになっていました。アリたちと数学について語りあいたい数学者。丸い大きな実が七つ落ちているのを、通りかかった一匹のアリに伝えようとしました。

  • はくぶつかんのよる

    はくぶつかんのよる

    作/イザベル・シムレール

    1,944 円(税込)

    だれもいなくなった夜の博物館。しずまりかえった展示室から、一ぴきの黄色いチョウがにげだします。それを合図に、標本の昆虫や恐竜の化石、はくせいの動物や鳥たちが、いっせいに目をさまして、動きだします! 夜が明けるまで、博物館はおまつりさわぎ。圧巻のナイトミュージアム。

  • 「いる」じゃん

    「いる」じゃん

    作/くどうなおこ
    絵/松本大洋

    1,728 円(税込)

    詩人・くどうなおこさんと、漫画家・松本大洋さんが、「生」をテーマに絵本を作りました。夢のような母子共作!

  • おなみだぽいぽい

    おなみだぽいぽい

    作/ごとうみづき

    1,620 円(税込)

     じゅぎょうのとき 
     せんせいのいうこと わからなくて 
     なみだ こぼれそうなとき あります

    小さなひとも、大人になったひとも、誰にだって、ことばにできない泣きたい気持ちは、あるのです。

  • ねぇ、しってる?

    ねぇ、しってる?

    作/かさいしんぺい
    絵/いせひでこ

    1,620 円(税込)

    もうすぐお兄ちゃんになる、けいたくん。お兄ちゃんってなにかな? お母さんのお手伝いをしたら、なれるのかな? 大好きなぬいぐるみのそらさんと、お兄ちゃんになる練習をしてみたり。

  • ヨチヨチ父

    ヨチヨチ父

    作/ヨシタケシンスケ

    972 円(税込)

    ママっていつもイライラしてるよね? パパって何か蚊帳の外だよね・・・? 

    『りんごかもしれない』でおなじみ、絵本作家・ヨシタケシンスケさんが、父になってわかった「トホホな真実」を描く育児イラストエッセイ。はじめてお父さん・お母さんになる方へのプレゼントに。まさに「はじめて」真っ最中のひとたちに。クスッと笑えて、楽になります。

tumblr

pagetop
×