スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

新入荷の絵本|絵本

  • はっぴーなっつ【ご予約承り中】

    はっぴーなっつ【ご予約承り中】

    作/荒井良二

    1,540 円(税込)

    あたらしい季節のはじまりには、とびっきりのはっぴーがつまってる!「わたしのみみは、ときどきとおくへたびをするんだよ・・・」かすかな春の音をいちはやく聞きとり、春ですよ!って目をひらかせてくれる――。春からはじまり、夏秋冬とコマ割りでつづくおはなしは、めぐりくる季節からの祝福がいっぱい!荒井良二の新たな扉をひらく、季節を旅する絵本。

  • 海峡のまちのハリル

    海峡のまちのハリル

    作/末沢寧史
    絵/小林豊

    2,970 円(税込)

    ときは、いまから百年まえ。かつて世界の中心といわれたオスマン帝国が黄昏の時代を迎えていた。その都である〈海峡のまち〉で、トルコ伝統のマーブリング紙「エブル」をつくる職人の孫ハリルと日本人の貿易商の息子たつきが出会う。

  • やぁだ!

    やぁだ!

    作/マルリョケ・ヘンリヒス

    1,650 円(税込)

    なんでも「やぁだ!」なこうさぎは、ママになにをいわれても「やぁ――だ!」。

  • ちきゅうの ための 1じかん

    ちきゅうの ための 1じかん

    作/ナネット・へファーナン
    絵/バオ・ルー

    1,540 円(税込)

    シドニーのオペラハウス、万里の長城、エッフェル塔、自由の女神、東京タワー……。その街のシンボルの明かりが消え、このとりくみが生まれたシドニーでは、レストランや家庭のあかりも消されます。1年に1回、たった1時間ではたりないけれど、「1年をとおして電気を節約し、わたしたちの地球を守る」という誓いを胸に、心をひとつにして、アースアワーの60分過ごします。

  • プロテストってなに? 世界を変えたさまざまな社会運動

    プロテストってなに? 世界を変えたさまざまな社会運動

    作/アリス&エミリー・ハワース=ブース

    2,200 円(税込)

    私たちが力を合わせれば、世界は変わる。まずは、知ることからはじめよう。抗議活動には、いろいろなかたちがある。通りを行進したり、バスで席に座ったり、テレビを家から持ち出して外を歩いたり、野菜を育てたり、うるさい音楽を奏でたり……。これらはどれも、人々が不公平な世の中に対して立ち上がる際に使った方法だ。

  • 魔法のことば

    魔法のことば

    絵/柚木沙弥郎

    1,650 円(税込)

    エスキモーの人々に伝わる一篇の詩をもとに生まれた、美しく、楽しく、そしてなんとも不思議な絵本。人と動物の区別がなかった大昔、みんなが同じことばをしゃべっていました。そのとき、ことばは、「魔法のことば」だったのです。ことばは、かつて霊的な魔力をもっていて、ことばを口に出して言うだけで、何かがおこりました。そんな、おおらかな生命力に満ちた世界が、シンプルで力強い絵と言葉で鮮やかに描かれています。

  • いまめがあったよね?

    いまめがあったよね?

    作/おおたゆみこ
    絵/西川©友美

    1,100 円(税込)

    はっぱさん、どんぐりさん、いしころさん、ひとりであそんでるあのこも。めとめがあったら、いっしょにあそぼ!

  • わたしのバイソン

    わたしのバイソン

    作/ガヤ・ヴィズニウスキ

    1,760 円(税込)

    少女がバイソンに出会ったのは4歳の春の日。少しずつ心を通わせていったふたりは、それからながい時間をともに重ねていきます。いくつもの冬を越えて続く、しあわせな時間……。ですが、ある冬の雪の日、バイソンは現れませんでした。喪失と、その後におとずれる心のやすらぎを優しさのなかに描いた絵本。

  • さむがりやのスティーナ

    さむがりやのスティーナ

    作/ラニ・ヤマモト

    1,980 円(税込)

    スティーナは、とっても寒がりの女の子。冬になると布団にもぐって出てこない。外には絶対出たくないし、家の中でも寒さ対策は万全。でも最近、友だちの様子が気になりだし……。手づくり遊びのアイデアも満載。北欧アイスランド発、キュートな冬の絵本。

  • ぐりとぐらのたまご

    ぐりとぐらのたまご

    著者/中川李枝子、山脇百合子

    1,320 円(税込)

    絵本が教えてくれる、日々うっかりこぼれ落ちてしまいそうな大切なこと。オレンジ色のふたごの野ねずみ、ぐりとぐら。お料理すること、食べることが、大好きなふたり。中川李枝子さんと山脇百合子さんの姉妹が子どもたちを喜ばせようと作った絵本は、見るたび、読むたび、人々をしあわせへと誘います。東京・PLAY!MUSEUMでの「ぐりとぐら しあわせの本」展のために刊行されたポケットブック。

  • 日本のことばずかん いろ

    日本のことばずかん いろ

    著者/神永曉(監修)

    2,750 円(税込)

    ちはやぶる 神世も聞かず たつた河 から紅に 水くゝるとは」(在原業平「古今和歌集」より) この有名な一首の、「からくれない」ってどんな色?くれない、あかね、しゅ……。赤といっても日本にはたくさんの色があります。茜という植物の根や、紅花の花から取り出した色など、古くから自然のなかに色を見いだしてきた日本人の、自然と親しむ心を「いろ」から知ることができます。

  • 日本のことばずかん そら

    日本のことばずかん そら

    著者/神永曉(監修)

    2,750 円(税込)

    名作に登場する空にまつわる美しい日本語に北斎や俵屋宗達などの絵や美しい写真などが添えられた、子どものことばの力を育てる新シリーズ第一作。自然を見つめる心をも養うことを願い、「そら」にまつわる「月」「雨」「雲」などのことばを集めました。

  • エイモスさんがバスに 乗りおくれると

    エイモスさんがバスに 乗りおくれると

    作/フィリップ・C・ステッド
    絵/エリン・E・ステッド

    1,540 円(税込)

    エイモスさんは明日のおでかけが楽しみで眠れません。翌朝、寝坊して、いつものバスに乗り遅れてしまいます。仕事に遅刻し、楽しみにしていた計画も台無し。疲れ果てて寝てしまったエイモスさんを案じた動物たちは……!?

  • おもち

    おもち

    作/彦坂有紀、もりといずみ

    990 円(税込)

    おもちを焼きましょう。網の上におもちをのせて、さあ焼こう。じりじりじりじり、おもちがだんだん熱くなる。ちりちりちりり、ほんのり裏が焼けてきた。もう焼けたかな? まあだまだ、もう少し――。おもちに焼き色がつき、ふくらむ様子を美しい木版画で描きます。おもちが焼けたら、磯辺焼きに、あんこもち、きなこもち、おいしそうなおもちをたくさん作って、さあどうぞ召し上がれ。

  • ダーラナのひ

    ダーラナのひ

    作/nakaban

    1,540 円(税込)

    ダーラナは旅のとちゅう、浜辺にたどりつきました。「ダーラナ ダーラナ わたしたちを あつめてごらん」 「たきびをして あたたまっていきなさい」 ささやき声にみちびかれ、ダーラナは枝をあつめて火をつけようとしますが、マッチがなかなか見つかりません。すると、夕日の最後のひとかけがはじけて、枝のこやまに飛び込みました。ちいさな火は、だんだんと大きくなって、ダーラナをあたためます。

pagetop
×