スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

新入荷の絵本|絵本

  • せかいいちの いちご

    せかいいちの いちご

    作/林木林
    絵/庄野ナホコ

    1,944 円(税込)

    ある日、シロクマのもとに届いた一粒のいちご。生まれてはじめて食べる一粒のいちごに、シロクマはうっとり。 それから冬が来るたびに、届くいちごの数は年々増えます。でも、いちごの数が増えるほど、減っていくのは・・・!?

  • 青い海をかけるカヌー(たくさんのふしぎ2019年3月号)

    青い海をかけるカヌー(たくさんのふしぎ2019年3月号)

    作/堀内孝(文・写真)
    絵/牧野伊三夫

    720 円(税込)

    アフリカの島国・マダガスカルには、モーター付きの船も、車も持たず、カヌーを使ってくらす「ヴェズ」というひとびとがいる。

      「まっ白な帆をはったカヌーが
      ゆっくりと走っていきます。
      エンジンをつかわず、
      風と人の力だけで走る姿は、
      とても気持ちよさそうです」

  • ピッピ 南の島へ

    ピッピ 南の島へ

    著者/アストリッド・リンドグレーン
    絵/イングリッド・ヴァン・ニイマン

    1,782 円(税込)

    ピッピは「ごたごた荘」で、今日も元気。トミーとアニカはもちろん、町のひとたちもピッピとすっかりなかよしです。ある日、ピッピのもとに手紙が届きました。

      「わしの愛するピッピロッタ...
      わしはおまえをむかえに行って、しばらくのあいだ、
      クレクレドット島へつれていこうと思っとるのだ。

  • こんとん

    こんとん

    作/夢枕獏
    絵/夢枕獏

    1,728 円(税込)

    名前がないので、誰でもない。誰でもないから、何にでもなれる。それが、こんとん。六本の足を持ち、六枚の翼を持つけれど、目も耳も鼻も口もない。いつも空を見あげ笑っている、こんとん。

  • さくらもちのさくらこさん

    さくらもちのさくらこさん

    作/岡田よしたか

    1,058 円(税込)

    さくらもちのさくらこさん、なぜだかご機嫌ななめ。「あ~ つまんない つまんない。ぜーんぜん おもしろない。たのしいこと なーんも ないわ」

  • ピッピ 船にのる

    ピッピ 船にのる

    著者/アストリッド・リンドグレーン
    絵/イングリッド・ヴァン・ニイマン

    1,782 円(税込)

    ピッピはなかよしのトミーとアニカといっしょに、今日も元気に大活躍! ニイマンの挿絵と新訳によるシリーズ2作目。

  • あしながおじさん

    あしながおじさん

    著者/ジーン・ウェブスター
    絵/安野光雅

    2,376 円(税込)

    「すてきなことがおこりました。あててみる? でもあたりっこない! 」

    100年以上にわたって世界中で読みつがれてきた名作が、詩人・谷川俊太郎さんの訳と、画家・安野光雅さんの絵によって、新たな生を吹き込まれました。

  • Michi

    Michi

    作/junaida

    2,484 円(税込)

    背中を向け、足を踏ん張って立つ子ども。小さな一歩を踏み出そうと決心した、その行く手には、まっ白な道が、どこまでも伸びている。その先に待ち受ける、不思議な町の数々! 本でできた町、大きな木の中の町、宇宙に浮かぶ町、おばけがいっぱいいる町・・・。

  • それしか ないわけ ないでしょう

    それしか ないわけ ないでしょう

    作/ヨシタケシンスケ

    1,404 円(税込)

     ”みらいの せかいは
     たいへんな ことばっかり なんだってさ”

    人口が増えすぎたり、戦争が起こったり・・・ 大人になった時、未来に待っているのは、大変なことばかり。おにいちゃんはそう言うけど、それって本当!? 

  • サーベルふじん

    サーベルふじん

    作/網代幸介

    1,620 円(税込)

    サーベル頭のサーベル夫人。働き者で、町の人気者。「みんなの よろこぶ かおが みたくて まいにち めが まわるほど はたらきました」

  • ねむりどり

    ねむりどり

    作/イザベル・シムレール

    1,836 円(税込)

    深い青色と、細密な絵が印象的なフランスの絵本作家、イザベル・シムレールの美しい絵本。ねむりを冒険に見立てて、物語は進みます。

  • 鹿踊りのはじまり

    鹿踊りのはじまり

    作/宮沢賢治
    絵/ミロコマチコ

    1,620 円(税込)

    白い火のように揺れて輝く一面のすすき野原。嘉十(かじゅう)は、自分の耳を疑った。そして、がたがた震え出した。聞こえるはずのない鹿のことばが、聞こえてきたから!

     「じゃ、おれ行って見て来べが。」
     「うんにゃ、危ないじゃ。も少し見でべ。」

  • ぼくのたび

    ぼくのたび

    作/みやこしあきこ

    1,620 円(税込)

    小さなホテルで働くぼく。居心地のよい、自慢のホテル。世界中からお客さんがやってくる。でもぼくは、まだこの町しか知らない。だけどいつか、大きなかばんを持って…。

  • みなまたの木 改訂復刻版

    みなまたの木 改訂復刻版

    作/三枝三七子/原田正純 (監修)

    1,620 円(税込)

    松の木が一本、海辺の小さな家のそばにあった。漁師家族が、貧しくとも幸せに暮らしていた。毎日食卓には魚があがったが、雨が降れば漁に出られず、おなかのすく日もあった。

    町に大きな工場ができた。生活を安定させるため、漁師だったお父さんは、工場で働くようになった。やがて、町では植物や動物がおかしくなりはじめ、さらに、小さな家族を悲劇が襲い・・・。

  • あずき

    あずき

    作/荒井真紀

    972 円(税込)

    おめでたい席の「お赤飯」、こどもの日の「かしわもち」など、様々なお祝い事や行事で、あずきを使ったお菓子や料理が食べられてきました。なぜ、おめでたい席に、あずきを食べるのでしょう? 

tumblr

pagetop
×