スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

新入荷の絵本|絵本

  • あおいよるのゆめ

    あおいよるのゆめ

    作/ガブリエーレ・クリーマ

    1,944 円(税込)

    スライド式のしかけを、指で動かして遊ぶボードブック。夜空に星を浮かべたり、花を咲かせたり、空に虹を描いたり。小さなひとが、自分の指で、絵を変えることができるなんて!

  • マルコとパパ

    マルコとパパ

    作/グスティ

    3,024 円(税込)

    絵なら やぶりすてられる。
    消して、もういちど かきなおしてもいい。

    だけど、子どもは・・・
    ほんものの子どもは そうはいかない。

  • DRAWING FROM THE CITY (街の絵)

    DRAWING FROM THE CITY (街の絵)

    作/Tejubehan

    3,024 円(税込)

    「わたしを街につれていって」 西インド・ラージャスターンの農村に暮らす、大道芸人一家の少女テージュ。都会に行くことを夢見ている。

     They say the poor have nowhere to go.
     I'm not sure.

  • I LIKE CAT

    I LIKE CAT

    作/Anushka Ravishankar
    絵/Various Artists

    4,104 円(税込)

    わるい猫、ふとった猫、お祈りする猫・・・。インド各地の少数民族画家たちが描く、猫たちの画集絵本。正規の美術教育を受けていないからこそ描ける、大胆でおおらかな猫の姿。アヌーシュカ・ラヴィシャンカルによる詩はシンプルで、英語が苦手な方でも充分愉しめる。

  • The Night Life of Trees

    The Night Life of Trees

    作/Bhajju Shyam, Durga Bai, Ramsingh Urveti

    5,616 円(税込)

    夜になると本性を現すという、聖なる木にまつわるゴンド族の村の神話を描いた物語。漆黒の手漉き紙に鮮やかに手刷りされた木々は、繊細で力強い世界観を表現している。『The Night Life of Trees』(夜の木)は、タラブックスの名を世界的に知らしめた代表作

  • 熊とにんげん

    熊とにんげん

    作/ライナー・チムニク

    1,512 円(税込)

     熊おじさんには友だちがふたりいた。
     熊と、そして、神さまだった。
     おじさんは、鉄のフライパンと、
     ひとつの音しか出ない角笛と、
     まりを七つもっていた。

  • すずちゃんののうみそ

    すずちゃんののうみそ

    作/竹山美奈子
    絵/三木葉苗

    1,728 円(税込)

     ねぇ、すずちゃんママ、
     すずちゃんは、どうして年長さんなのに、
     くつを一人ではけないの?

    ことばを話せない自閉症スペクトラムのすずちゃん。保育園のお友だちは、すずちゃんと仲良くしたい、すずちゃんのことを知りたい、そんなまっすぐな気持ちで問いかけます

  • バオバブのことば

    バオバブのことば

    著者/本橋成一(写真・文)

    2,484 円(税込)

    西アフリカ・セネガル。1000年を超えて生きるバオバブの樹は、悠久の年月をひとびとと共に歩んできた。写真家・本橋成一さんが、モノクローム写真で捉えた、人間や動物たち、そして大自然と関わってきたさまざまなバオバブの姿。その歳月の一端を写真とことばで描く、美しい写真絵本。

  • みんなでたのしむまよいみち

    みんなでたのしむまよいみち

    作/安野光雅

    3,240 円(税込)

    さまざまな「まよいみち」。木の枝でできたまよいみち、あやとりでつくったまよいみち、7つの橋を渡るまよいみち、古寺に残る昔々のまよいみち・・・。

    答えは書いてありません。どこから入り、どこから出てくればよいか? 焦らず、ゆっくり、指でたどりながら何度も試してください。ひとりでも、みんなと一緒に絵本を囲んでも、指でたどる愉しさを味わえる大判サイズの絵本です。

  • Beasts of India

    Beasts of India

    作/Kanchana Arni and Gita Wolf with various artists

    4,104 円(税込)

    虎、ゾウ、鹿、へび・・・。インドの少数民族の画家が描く、「けもの」たち。見開き右ページにけものの絵、左ページには、その動物名と少数民族の名前が記される。まるであかちゃん絵本のような、シンプルさ。しかし、それぞれの「けもの」たちの、なんとカラフルで多様な姿カタチであることか! 「TIGER」ひとつとっても、全く異なる動物たちが次々と現れ、こころ奪われる。ことばは要らない。

  • water

    water

    作/Subhash Vyam

    2,700 円(税込)

    少数民族ゴンドのアーティスト、Subhash Vyam スバーシュ・ビャーム が紡ぐ、「水」にまつわる物語。

    かつて村の人びとは、水源が枯渇しないように、大事に工夫して暮らしていた。彼はふんだんに水道をつかう町の暮らしを見て、「このままでは大地は完全に干上がってしまうのではないか」という危機感をつのらせる。あらゆる資源が枯渇してしまう前に、私たちができることは何だろう?

  • BLACK: AN ARTIST'S TRIBUTE

    BLACK: AN ARTIST'S TRIBUTE

    作/Santosh Kumar Das

    5,184 円(税込)

    「絵描きが本来の自分に立ち戻れる、本当の場所とはどんな所だろう。それはひとつの小さな墨つぼである。あらゆるかたちと魔法がつまった墨の中から、人間は万物を想像し、生み出すことができる」

  • マララのまほうのえんぴつ

    マララのまほうのえんぴつ

    作/マララ・ユスフザイ
    絵/キャラスクエット

    1,620 円(税込)

    2014年、史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん自身による、はじめての自作絵本。マララさんは、なぜ女の子が教育を受けることに関心を抱き、行動に移すことができたのか。パキスタンの小さな村に暮らすごく普通の女の子が、ことばで世界を変えた真実の物語。自分の想いをことばにし、おそれずに声を発することの大切さを伝える絵本。

  • キツネと星

    キツネと星

    作/コラリー・ビックフォード=スミス

    3,024 円(税込)

    大きな森の奥深く、一匹のキツネが住んでいました。とても小さくて、こわがりのキツネ。真っ暗な夜空にかがやく、たったひとつの星だけが、友だちでした。

  • どうしてそんなにないてるの?

    どうしてそんなにないてるの?

    作/いしずまさし

    1,296 円(税込)

    泣き叫ぶあかちゃん。どうしてそんなに泣いてるの? その理由、考えたことはあるだろうか?

     おひるに おひさまを つかまえたかったから?

     もっと ちょうちょさんと いっしょに おどっていたかったから?

     あかの いろが どんな あじなのか しりたかったの?

tumblr

pagetop
×