スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

新入荷の絵本|絵本

  • ころべばいいのに

    ころべばいいのに

    作/ヨシタケシンスケ

    1,512 円(税込)

    発想えほん第4弾。きらいな人がいてもいいんじゃない?

    ヨシタケシンスケ流こころの処方箋。イヤな気持ちって、自分ではどうしようもないどしゃぶりの雨のようなもの。そんなときはね・・・!?

  • みなとまちから

    みなとまちから

    作/nakaban
    絵/植田真

    1,620 円(税込)

      「とても しずかな みなとです
      ふねが ついて
      ぼくは すこし やすんでいます
      ながたびだったなあ」

  • とおいまちのこと

    とおいまちのこと

    作/植田真
    絵/nakaban

    1,620 円(税込)

    「コツン コツン コツ コツ」 郵便受けから音が聴こえました。青い手紙が届いていました。火にかけた湯が沸いています。「おちゃの じかんだ」 ぼくは、封筒を窓辺に置き、缶に入った紅茶の葉を、ポットに入れました。紅茶のいい香りに包まれながら、ぼくは缶に描かれた港の絵を眺め・・・!?

  • なっちゃんの なつ

    なっちゃんの なつ

    作/伊藤比呂美
    絵/片山健

    972 円(税込)

    なっちゃんがともちゃんの家を訪ねると、ともちゃんはいませんでした。そこで一人で河原にでかけてみると、今は夏の真っ盛り。生い茂る草ぐさ、咲き乱れる花、うごめく虫たち、魚を飲み込むアオサギ、あちこちで死んでいるセミ...。ひしめく無数の命。

  • 夜のあいだに

    夜のあいだに

    作/テリー・ファン&エリック・ファン

    1,836 円(税込)

    ウィリアムが窓の外をみると、通りに町の人たちが集まっていました。いそいできがえて、階段をかけおり、おもてへとびだしていくと…!?

  • セミ

    セミ

    著者/ショーン・タン

    1,944 円(税込)

    セミが、人間と一緒に会社で働いている。誰からも認めらず、昇進もせず、それでも17年間コツコツと…!?。 不思議な残響が、こころの奥底に長くひく。『アライバル』のショーン・タン最新作は、静かに過激だ。ラストシーンを、あなたはどう読むだろう。

  • ブラザーズ ドッグ Brothers Dog

    ブラザーズ ドッグ Brothers Dog

    作/おはなしのWA♪
    絵/氏峯麻里

    1,620 円(税込)

    平成30年7月西日本豪雨災害で大きな被害を受けた倉敷市真備町。そこに暮らしていたロングコートチワワの兄弟犬の物語。弟犬のミルクは、災害から10日後に兄犬のチョコを亡くしました。兄を思いミルクは毎日泣いてばかりいます。そんなミルクを見かねて天国のチョコが、一日だけミルクの元に戻ってきました。その日、二匹は被災したほかの動物達のもとを訪ねては話を聞きました。

  • エジソン

    エジソン

    作/トーベン・クールマン

    2,592 円(税込)

    先祖が遺した宝ものをさがしたい。小ネズミのピートは、ネズミ大学の老教授を訪ね、相談する。

      教授によれば、ネズミに不可能なことはないらしい。

  • かがくのとものもと

    かがくのとものもと

    2,700 円(税込)

    「かがくのとも」は1969年4月、世界でも類を見ない月刊の科学絵本として創刊されました。本書『かがくのとものもと』は、50周年記念誌。増刊号を含め、601作品すべての表紙とあらすじ、50年の工夫の数々、1冊の「かがくのとも」ができていく過程、第一人者たちの語る科学絵本観、幻の付録など、盛りだくさんに収録しています。

  • ねえさんといもうと

    ねえさんといもうと

    作/シャーロット・ゾロトウ
    絵/酒井駒子

    1,404 円(税込)

    小さいいもうとは、いつもねえさんといっしょです。学校へ行くときも、遊ぶときも、おやつを食べるときも。

      「でも、あるひ。
      いもうとは、なんだか ひとりになりたいと おもいました」

  • ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

    ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

    作/斉藤倫
    絵/高野文子

    1,296 円(税込)

    きみはいつものように、あけっぱなしの玄関から、どんどんぼくの部屋にあがりこみ、ランドセルをおろしながらこういった。「せんせいが、おまえは本を読めっていうんだ。ことばがなってないから」。ぼくは一冊の詩集をきみに手渡す。「ここんとこ、読んでみな」

  • ダーウィンの「種の起源」

    ダーウィンの「種の起源」

    作/サビーナ・ラデヴァ

    2,484 円(税込)

    なぜ生きものは、環境に合わせて、さまざまな見かけや性質を身につけるのか? ある生きものが絶滅して、ある生きものが生き残るのはなぜか?

  • 読みたい絵本 (momo book)

    読みたい絵本 (momo book)

    1,728 円(税込)

    雑誌『momo』から完全保存版の絵本ガイド。絵本特集号の6号、18号より改編、一部内容抜粋し、全国の絵本屋さん54軒と、それぞれにおすすめの4冊を紹介。「のりもの」 「たべもの」 「いきもの」 「奇想天外」 「身近な人」 をテーマに選んだ絵本など、500冊を超える絵本が紹介され、使いごたえ十分。

  • もじもじこぶくん

    もじもじこぶくん

    作/小野寺悦子
    絵/きくちちき

    972 円(税込)

    恥ずかしがりやのこぶたのこぶくん。アイスクリームを買いにゆきますが、もじもじして、なかなか注文ができません。ほかのお客さんがどんどん割り込んできて、こぶくんは、もっともっとどうしていいかわからなくなってしまいます。

  • 夢見る人

    夢見る人

    作/パム・ムニョス・ライアン
    絵/ピーター・シス

    2,592 円(税込)

    ネフタリ・レジェスは、ひよわな少年だが、並外れた想像力の持ち主だ。厳しい父親から、「将来は医者になれ」 「空想などやめて強くなれ」と怒られるが、ネフタリのこころはいつも夢見ることをやめられない。


      「一分は何色?
      一か月は?
      一年は?」

tumblr

pagetop
×