スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

新入荷の絵本|絵本

  • おにぎりをつくる

    おにぎりをつくる

    作/高山なおみ
    絵/長野陽一(写真)

    1,320 円(税込)

    おにぎりだいすき!おいいしいね!ごはんをぎゅぎゅっとにぎったら、生きる力がわいてくる!ごはんを炊いて、塩おにぎりがひとつできたよ。ひとりで留守番をしているこどもたちにも、忙しい大人にも、おにぎりはいちばんの味方。5歳でもつくれる、ほっかほかの提案です。料理家・高山なおみから子どもたちへ贈る写真絵本。

  • せかいねこのひ

    せかいねこのひ

    作/井上奈奈

    1,760 円(税込)

    ある朝目覚めたら、誰もがことばを忘れていました。あいさつをするときも、電話をするときも、口から出るのは「ニャー」という鳴き声だけ。困ったひとたちは、こんな日は猫をお手本に過ごそうと決め・・・!?

  • ちび竜

    ちび竜

    作/工藤直子
    絵/あべ弘士

    1,870 円(税込)

    小さな粒からうまれたちび竜は、ボウフラ、たんぽぽ、もぐら…、いろいろな生き物に出会い、風や水や土となかよくなっていく。神通力もつかえるようになり、やがて、でかくなったちび竜は、光る青い地球を抱いて…!?

  • こんにちは!あたらしいいのち

    こんにちは!あたらしいいのち

    作/アイナ・ベスタルド

    3,080 円(税込)

    動物のあかちゃんは、どうやって生まれるの? 出会い、誕生、子育て、巣立ち…。トレーシングペーパーを透かしてみたり、重ねてみたりしながら、海や陸の生きものたちの誕生のふしぎを見てみよう! 繊細で美しいイラストレーションで、いのちの神秘をそっとのぞいてみよう。小さな人から大人まで幅広い世代を魅了する美しい絵本。

  • ものは言いよう

    ものは言いよう

    作/ヨシタケシンスケ

    1,320 円(税込)

    絵本作家、ヨシタケシンスケ。自身を徹底分析したイラスト解説と、その絵本創作の秘密がすべて詰まったインタビュー集

  • わたしのわごむはわたさない

    わたしのわごむはわたさない

    作/ヨシタケシンスケ

    1,100 円(税込)

    ゴミ箱の横にわごむが落ちていた。お母さんに「ちょうだい」って聞いたら「いいよ」だって。やった! このわごむは、わたしのだ!!

  • なんだろう なんだろう

    なんだろう なんだろう

    作/ヨシタケシンスケ

    1,650 円(税込)

    「いってきまーす」いつものように学校に向かうぼく。途中で会った友だちのお母さんから「学校どう? たのしい?」って聞かれた。

      「そう言われてみると、学校ってなんだろうね。
      あれ、たのしいってどんな気もちなんだろう…」

  • ちいさいおうち

    ちいさいおうち

    作/バージニア・リー・バートン

    1,870 円(税込)

    むかしむかし、静かな田舎に、ちいさいおうちがたっていました。ちいさいおうちは、丘の上から周囲の景色を眺めながら幸せに暮らしていました。
    時が経ち、周りには大きな道ができました。工場がたち、にぎやかな町になり、ちいさいおうちには住む人もいなくなりました。ちいさいおうちは,白いヒナギクの花が咲く田舎の景色をなつかしく思うのでした。

  • 大どろぼうホッツェンプロッツ おたからゲームブック

    大どろぼうホッツェンプロッツ おたからゲームブック

    作/オトフリート・プロイスラー(原著)
    絵/F. J. トリップ(イラスト)、マティアス・ヴェーバー(編集/イラスト)

    1,980 円(税込)

    世界中で50年以上愛読されているドイツの物語『大どろぼうホッツェンプロッツ』の世界がゲームブックに! 


      「かんたんには とけないものばかりだ
      むずかしくて こたえが わからないときは、
      なかまのどろぼうや、
      おうちの人に そうだんしてみてくれ!」

  • 父さんがかえる日まで

    父さんがかえる日まで

    作/モーリス・センダック

    2,200 円(税込)

    船乗りの父さんが航海に出たあと、母さんはその帰りを待ちわびるだけ。まだあかんぼうの妹は、姉さんのアイダが子守りをしなければなりません。ところが、よそ見をしていたすきに、その妹がゴブリンにさらわれてしまいました。アイダは母さんのレインコートをきて、ホルンをポケットに入れ、妹の救出に向かうのですが、窓を出るとき、うっかり後ろ向きに出たために、〝ふわふわふわのうわのそら〟をさまようことに。

  • はぐれくん、おおきなマルにであう

    はぐれくん、おおきなマルにであう

    作/シェル・シルヴァスタイン

    1,650 円(税込)

    シルヴァスタインの名作絵本『ぼくを探しに』の続編、『ビッグ・オーとの出会い』が、村上春樹の新訳で再刊。「大きなマル」に出会った「はぐれくん」に、小さな変化が…!? 40年以上愛され続けるロングセラー絵本。

  • いやだいやだの絵本プレゼントBOX

    いやだいやだの絵本プレゼントBOX

    作/せなけいこ

    3,300 円(税込)

    『ねないこだれだ』 『いやだいやだ』 『もじゃもじゃ』 『にんじん』 4冊が入った、せなけいこさんの「いやだいやだの絵本」シリーズ。1969年の刊行から50周年を記念して、この「いやだいやだの絵本プレゼントBOX」が刊行されました。

  • の

    作/junaida

    2,200 円(税込)

    「の」は、いつもことばとことばの隙間に、こっそりいます。けれど、この「の」が持っている魔法の力で、ことばとことばが思いがけない出会いをしたとき、そこには見たこともない景色が現れ、聞いたこともない物語がはじまります。この絵本を開いてみてください。

  • 馬と生きる (たくさんのふしぎ 2019年11月号)

    馬と生きる (たくさんのふしぎ 2019年11月号)

    作/澄川嘉彦
    絵/五十嵐大介

    770 円(税込)

    岩手県遠野市に、馬と人が一緒に働く、昔ながらのくらしを続けているおじいさんがいます。機械を使わず、馬を使って木を運ぶ古くからのやりかたで山での仕事をしてきました。しかし、こうして馬と働く人は、遠野ではおじいさん一人だけになっていました。どのようにしておじいさんは馬とのくらしを続けてきたのでしょうか?

  • 逃げろ  生きろ  生きのびろ!

    逃げろ 生きろ 生きのびろ!

    作/たかのてるこ

    550 円(税込)

    今、ここにいる自分を愛おしむことを教えてくれる小さな本『生きるって、なに?』に、続編誕生。テーマは、「逃げろ」。

    日本では10〜30代の死因の1位は自殺です。それは世界中を見ても日本だけの現象。そのことにずっと胸を痛めていた著者・たかのてるこさん。自殺防止になる本を!との想いで、制作を続けてこられました。

tumblr

pagetop
×