スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

住む・暮らす|書籍

  • 逝きし世の面影

    逝きし世の面影

    著者/渡辺京二

    2,052 円(税込)

    昭和を問うなら開国を問え。そのためには開国以前の文明を問え……。幕末から明治に日本を訪れた、異邦人による訪日記を読破。日本近代が失ったものの意味を根本から問い直した超大作。

  • 縁側のある家と暮らし

    縁側のある家と暮らし

    1,728 円(税込)

    昔ながらの日本家屋が少なくなった現代でも、「縁側」にあたる場所は、残っています。家のふちにあり、外と中、ひととひととをゆるやかに結ぶ場、縁側。

  • ウォールデン 森の生活<上・下巻>

    ウォールデン 森の生活<上・下巻>

    著者/ヘンリー・D・ソロー

    1,836 円(税込)

    「自分に最善を尽くし、あるがままの自分を生きようではありませんか」

    「いったいどれほどの数の人が、本に親しむことを通じて人生を開いたでしょうか。本が、生きることの不思議さを説き、新しい生き方を暗示しました」

    「人は1週間に1日働けば生きていけます」

  • まねしんぼ日記

    まねしんぼ日記

    著者/一田憲子

    1,296 円(税込)

    出逢った誰かの「あれいいな」と思うことを、家に帰ってまねしてみる。まねをすることで、いつもの毎日に新しい風が吹き、少しずつ日々が更新されていく。

  • Cabin Porn

    Cabin Porn

    著者/ザック・クライン(編)

    3,132 円(税込)

    人里離れた山の中の小屋、砂漠の中で明るい光を灯す小屋、仲間と楽しむツリーハウス、畑付きの木造ホステル・・・。1,000万人以上の小屋愛好家が集うオンラインサイト「Cabin Porn」 から、10人の建築秘話と世界の選りすぐり200軒を紹介する、美しい写真集が誕生しました。

  • あるノルウェーの大工の日記

    あるノルウェーの大工の日記

    著者/オーレ・トシュテンセン

    1,836 円(税込)

     私は木を扱う仕事をしている。
     いわゆる 「大工」 だ。

    本書は、ノルウェーに実在するひとりの大工が綴った日記である。屋根裏の改築を依頼する一本の電話から、施主への引き渡しまでの日々。クラフトマンシップあふれる著者の視点は、時にユーモアを交えながら、建設業界の厳しい現状やノルウェーの人々の暮らし、そして働くことの誇りと喜びを、淡々と描き出す。

  • アレクセイと泉

    アレクセイと泉

    著者/本橋成一(写真・文)

    3,672 円(税込)

    青年アレクセイだけになった。チェルノブイリ原発事故後、移住勧告が出された。森も原野も田畑も汚染された中で、村の中心に湧く泉の水だけは、放射能が検出されない。100年の歳月をかけてすべてをろ過し、地表に湧き出る泉の水が、人間と大地をひとつに結びつける。

  • 夜は暗くてはいけないか

    夜は暗くてはいけないか

    著者/乾正雄

    1,404 円(税込)

    明るさ/暗さは人間にどう影響するのか? 本書は、欧米と日本の優れた「暗い」芸術作品や建築物をとりあげ、ビルと照明の歴史を辿りながら考える、「暗さ」の文化論。

  • ゼロ・ウェイスト・ホーム

    ゼロ・ウェイスト・ホーム

    著者/ベア・ジョーンズ

    1,836 円(税込)

    家族4人が1年間に出すごみの量が、1リットルのガラス瓶1本分!? 本書は、カリフォルニア在住のフランス人女性、ベア・ジョーンズさんによる、ゼロ・ウェイスト(=ごみを出さない)暮らしの実践紹介です。

  • 野生のおくりもの

    野生のおくりもの

    著者/早川ユミ

    1,728 円(税込)

    布作家・早川ユミさんが語る、「野生」とは。ユミさんが本能的に惹かれる土器や神事、アイヌや縄文のくらしからまなぶこと、直感を信じて生きる魅力的なひとびとについて、ダイナミックに綴るエッセイ集。挿画、装丁も含め、本全体から野生がほとばしる。

  • はじめてのスワッグ

    はじめてのスワッグ

    著者/岡本典子

    1,620 円(税込)

    スワッグとは、花をブーケのように束ねた壁飾りのこと。花生師(はないけし)・岡本典子さんに教わる、スワッグの作り方。

    花を選び、組合わせる。色を合わせ、香りを愉しみ、手を動かすうちに、五感がフルに稼働しはじめる。岡本さんは言う。「日々植物から学び、パワーをもらい、どれだけ助けてもらっているかわかりません」

  • 地図をつくる本

    地図をつくる本

    作/La ZOO

    1,944 円(税込)

     あなたの心の中にある
     あなたの家があった町を
     思い出してみてください

    かつて自分が暮らした街をイメージし、巻末に綴じられた用紙を使って切ったり貼ったりしながら、過去の自分を思い出す。地図をつくることで得られる、不思議な感覚、なつかしい気持ち。

  • この椅子が一番!

    この椅子が一番!

    著者/西川栄明

    1,944 円(税込)

    椅子に関わる専門家100人に、約40項目のアンケートを実施。名作椅子ベスト20、座りやすい椅子ベスト10・ワースト10、仕事がバリバリはかどる椅子、パスタを食べる時に座りやすい椅子、5歳の子どもに座らせたい椅子などなど、回答を基に、シーン別に適する椅子を紹介する。

  • こんなまちに住みたいナ

    こんなまちに住みたいナ

    著者/延藤安弘

    1,944 円(税込)

    著者・延藤安弘さんは、コーポラティブハウスを提唱するなど、地域づくり、まちづくり、コミュニティデザインに長年携わり、先駆的な仕事をしてきた方。絵本のコレクターでもあり、絵本の中に、まちづくりのヒントになる思想がたくさんあると言います。人とのつながり、合意形成、創意と協働、歴史の引き継ぎ・・・。本書は、コミュニティに必要なこころの栄養素について、絵本を通して探っていきます。

  • 手にするもの しないもの 残すもの 残さないもの

    手にするもの しないもの 残すもの 残さないもの

    著者/広瀬裕子

    1,512 円(税込)

    子どもが成長し、それまで着ていた服が合わなくなるように、大人にも、見えないところで変化は起きています。気持ちの変化や違和感、それは次へ行くための合図。

    この本は、いわゆる「片づけ」や「断捨離」の本とは、ちょっと違います。著者・広瀬裕子さんが目指すのは、「自分自身をみつめる」「心を整える」こと。気持ち軽やかに、自分を整えたい方に。

tumblr

pagetop
×