スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

おいしい|絵本

  • ミツバチのはなし

    ミツバチのはなし

    作/ヴォイチェフ・グライコフスキ(文)
    絵/ピョトル・ソハ

    3,024 円(税込)

    とろりと甘くておいしいハチミツは、ミツバチが作ってくれるもの。ミツバチは、どんなふうにハチミツを作っているのでしょう。人間は、いつ頃からミツバチを飼うようになったのでしょう。

  • とびきりおいしいデザート

    とびきりおいしいデザート

    作/エミリー・ジェンキンス
    絵/ソフィー・ブラッコール

    1,728 円(税込)

    フルーツに生クリーム、そしてお砂糖で簡単に作れるデザート「フルーツ・フール」。ヨーロッパ最古のデザートと言われ、今も世界中で作られている。
    この絵本は、ブラックベリー・フールをめぐる、4つの時代、4つの家族の、4つの物語。

  • 夏休み! 発酵菌ですぐできる おいしい自由研究

    夏休み! 発酵菌ですぐできる おいしい自由研究

    作/小倉ヒラク

    1,080 円(税込)

    ヨーグルト、納豆、みそ汁、甘酒、パン。よく知っているこれらのおいしいものたちの共通点は、「菌」、そして「発酵」。

    乳酸菌、納豆菌、酵母菌・・・。身のまわりにあるけれど、目には見えない「発酵菌」を、夏休みに育てて、おいしい食べ物をつくってみよう! という自由研究ガイドブック。

  • ありとすいか

    ありとすいか

    作/たむらしげる

    1,404 円(税込)

    ある夏の午後、すいかを見つけたありたち。巣に運ぼうとしますが、みんなで力を合わせても、びくともしません。そこで・・・!?

  • おいしくたべる

    おいしくたべる

    著者/松本 仲子(監修)
    絵/加藤休ミ/得地直美

    1,296 円(税込)

    ひとは、食べる。今日も明日も、この先もずっと。ひとは、なぜ食べるんだろう? ひとは、どうして 「おいしいもの」 が好きなんだろう? 大昔のひともそうだったの? 甘いものは、なぜおいしいの? 好きなものだけ食べて、生きていける? 不思議に思ったことがあるなら、ぜひ本書を読んでみてほしい。

  • はちみつ

    はちみつ

    作/ふじわらゆみこ
    絵/いせひでこ

    972 円(税込)

    パンやホットケーキに塗るとおいしいはちみつ。一体どうやってできるのでしょう? 養蜂家の父をもつ子どもの視点から、はちみつ作りの一年を描きます。

  • おちゃのじかんにきたとら

    おちゃのじかんにきたとら

    作/ジュディス・カー

    1,512 円(税込)

    ソフィーとお母さんがお茶の時間にしようとしていると、玄関のベルが鳴りました。ドアの前には、毛むくじゃらの大きなとら! 「ごめんください、お茶の時間にご一緒させていただけませんか」 「もちろん、いいですよ。どうぞおはいりなさい」 

  • おさらをあらわなかったおじさん

    おさらをあらわなかったおじさん

    作/フィリス・クラジラフスキー
    絵/バーバラ・クーニー

    842 円(税込)

    ひとり暮らしのおじさんは、おいしいごちそうを作るのが好き。食べるのも大好き! ある晩、いつもよりずっとおなかが空いていたおじさんは、いつもよりうんとたくさんのごちそうを作って、おなかいっぱい食べた。 食べ終わった時にはくたびれて、お皿は明日の晩、洗うことにした。
    次の日、もっとおなかがすいたおじさんは、さらにたくさんごちそうを作った。食べ終わると、もっとくたびれて、この日もお皿を洗わなかった・・

  • きょうのおやつは

    きょうのおやつは

    作/わたなべちなつ

    1,620 円(税込)

    たまごをかしゃっと割りまして。小麦粉、おさとう、牛乳入れて・・・。ほわほわ、湯気が立ちのぼってきましたよ。さあ、できあがるおやつは何でしょう。
    この絵本、実は鏡のように反射する特殊な紙でできています。ページとページが直角になるように開いて読むと、あら不思議! 鏡の効果で互いのページが映り込み、絵が三次元に広がって見えるのです。

  • おだんごスープ

    おだんごスープ

    作/角野栄子
    絵/市川里美

    1,512 円(税込)

    「あったかいスープが のみたいなあ。おばあさんがつくってくれた おだんごスープが のみたいなあ」 ひとりぼっちになったおじいさんは、はじめておだんごスープを作ります。おばあさんがよく口ずさんでいた歌を思い出しながら。

     ぐらぐらおゆに
     おにくのおだんご
     まるめて ぽとん、
     さいごに しおとバターとこしょうを少々・・・

  • からすのパンやさん

    からすのパンやさん

    作/かこさとし

    1,080 円(税込)

    いずみがもりの、からすのパンやさんの家に、四羽のあかちゃんがうまれました。大喜びのおとうさんとおかあさん。四羽をやさしく、大事に育てます。せっせと働きますが、あかちゃんが泣き出すと飛んでいって世話をするため、パンは黒こげ、お店はちらかったまま。お客さんは減り、貧乏になってしまいました。

  • あっちゃんあがつく たべものあいうえお

    あっちゃんあがつく たべものあいうえお

    作/さいとうしのぶ (みねよう原案)

    1,944 円(税込)

    歌って、遊べて、愉しめる! とっても愉快な「たべものあいうえお」。

    「すっちゃん すがつく すし くいねえー」
    「ろっちゃん ろがつく ろーすとちきん」
    「うっちゃん うがつく うめぼし すっぱい」

    「あ」から「ん」まではもちろんのこと、濁音や半濁音も含めた69音すべてが登場します。

  • 14ひきのあさごはん

    14ひきのあさごはん

    作/いわむらかずお

    1,296 円(税込)

    森の朝。早起き一番は、誰かな? お寝坊さんは? 冷たい水で顔を洗ったら、さあ、のいちご摘みに出かけよう。台所では、どんぐりのこなをこねて、おいしいパンづくり。庭では、お父さんが作るきのこのスープが湯気を立て・・・。

  • おひさまパン

    おひさまパン

    作/エリサ・クレヴェン

    1,404 円(税込)

    おひさまが隠れてしまい、寒くてどんより暗い町。住人の動物たちも、うんざり。色の無くなった町で、「それなら わたしが・・・」 立ち上がったのは、ひとりのパンやさんでした。

  • ごはんはおいしい

    ごはんはおいしい

    作/ぱくきょんみ
    絵/鈴木理策(写真)

    1,728 円(税込)

    ごはんは おいしい
    ごはんは あったかい
    わたしは ごはんが だいすき

tumblr

pagetop
×