スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

からだ|書籍

  • ゆるめる・温める・巡らせる

    ゆるめる・温める・巡らせる

    著者/鈴木七重

    1,650 円(税込)

    「ゆるめる・温める・巡らせる」 この3つの循環で、"治る"私になる! 今までにない新しい健康法。

    自律神経、冷え、生理痛、PMS、肩こり、花粉症、ストレス、胃腸ケア、不眠……。この本では、不調に対する対症療法ではなく、からだを根本から整え、不調が起きないからだとこころになることを目指します。

  • あかちゃんからのかぞくの医学

    あかちゃんからのかぞくの医学

    著者/本間真二郎

    2,970 円(税込)

    感染症対策でも重要な免疫を支える「腸内細菌」の育て方とは? 病院に行くほどではない「不調」と「病気」の見極め、そして「不調」のホームケアをどうすれば? 小児科医・微生物学者 本間真二郎さんの雑誌「月刊クーヨン」連載記事と特集(およそ5年分)を、最新の情報を加筆修正し、再構成。子育て中の悩みにどーんと応える、かぞくの‟救急箱”的な一冊です。

  • エトセトラ VOL.3

    エトセトラ VOL.3

    著者/長田杏奈(編)

    1,430 円(税込)

    美容ライター長田杏奈さん責任編集、フェミマガジン3号目のテーマは「身体」!

    1300人から回答が集まった、身体にまつわるアンケート企画「エトセトラ・リポート2020」をはじめ、漫画や短歌、写真、女子プロレスラーへの熱いインタビュー、「身体」の視野を広げるエッセイ、そして、性教育からリプロダクティブ・ヘルス/ライツの問題意識マップまで、多様な書き手が集結。

  • きょうの毒出し

    きょうの毒出し

    著者/蓮村誠

    1,320 円(税込)

    毒出し力とは、消化力。食べものだけでなく、自分の感情を処理するこころの消化力も含みます。こころとからだは、互いに影響し合うもの。それぞれの毒出しが自然にできるようになれば、毒を作りにくい体質に変わっていきます。

  • いのちは のちの いのちへ

    いのちは のちの いのちへ

    著者/稲葉俊郎

    1,760 円(税込)

    「医師」という枠では収まらない元東大病院医師、稲葉俊郎氏。「対話」や「場づくり」をキーワードに、従来の病院のあり方や病気の考え方だけでは解決しない、補完し合う存在としての「新たな医療」や私たち自らが関わっていく「医療的な場」とはなにかを考えます。

  • いのちを呼びさますもの

    いのちを呼びさますもの

    著者/稲葉俊郎

    1,760 円(税込)

    ひとのからだは、60兆個の細胞から成る。今ある自分は、過去が土台となり、古い地層の積み重なりの上に存在している。病や葛藤を受け止め、時に乗り越えながら「新しい自分」へと変化し続ける。そうやって、「わたし」ができていく。

  • からだとこころの健康学

    からだとこころの健康学

    著者/稲葉俊郎

    737 円(税込)

    “健康”を再定義せよ! 私たちが思い描く“健康”は、間違っている? 古今東西の医療に精通する東大病院の医師が、「あたま」「からだ」「こころ」の3つのつながりから、健康に生きる心構えを伝授。普段は意識しない“自分の仕組み”を改めて知れば、健康の概念が一変する。医学知識ゼロで読める、目からウロコのレッスン。

  • 冷えとりスタイルブック

    冷えとりスタイルブック

    2,200 円(税込)

    おしゃれをたのしみながら、からだだけでなく、こころまで元気になれる、それが「冷えとりスタイル」。天然繊維の靴下を重ねばきし、下半身を厚く、上半身を薄く。血と気がめぐり、循環がよくなり、自分の中の「元気」が作動する。表面だけでなく、内側から、からだもこころも本質的に美しくする「冷えとりスタイル」は、何よりここちよいのです。

  • 自分と他人の許し方、あるいは愛し方

    自分と他人の許し方、あるいは愛し方

    著者/三砂ちづる

    1,870 円(税込)

    女性が歳を重ねて生きる、それは「喜び」のほかない。恋愛、結婚、出産、更年期….今ではほとんど語られなくなった、人類の深い知恵をもう一度。

    ・男と女が、結婚や性愛を超えて、人生を見届け合う関係
    ・社会活躍や恋愛や家族を超える、「献身」の幸せ
    ・からだの快を喜び、不快をはっきり伝える矜持
    ・子どもに許されることと、親を許すこと
    ・病気の友人や故人への想いを託す言葉を見つけること

  • 絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話

    絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話

    著者/若林理砂

    1,760 円(税込)

    目指すは、「歳とって、それなりにちゃんと動けて、楽しく生きられる、いい塩梅の健康な状態」。日常生活の基本、「寝る・食う・動く」に注目を。誰でもほんのちょっと気を付ければ実践できる現代版・養生法を、人気鍼灸師・若林理砂さんに教わる。

  • ダイエット幻想 やせること、愛されること

    ダイエット幻想 やせること、愛されること

    著者/磯野真穂

    924 円(税込)

    「やせたい」、そう願うひとはたくさんいる。でも、どうしてやせたいんだろう? 健康のため? おしゃれがしたい? モテたい、選ばれたい、認められたい…?。ダイエットの動機は様々だけど、それに人生、振り回されていないだろうか。その強い思いで生きづらくなっていないだろうか。食べること、他者と生きることを見つめ直す本。

  • たべるクリニック

    たべるクリニック

    著者/たなかれいこ

    1,100 円(税込)

    本物の食べ物に触れて、人生が変わりました。病弱だった私が、37年間も医者いらずの秘訣とは。

  • からだのーと

    からだのーと

    著者/早川ユミ

    1,980 円(税込)

    畑の野菜を育てるように、愛おしい布を一針一針縫うように、からだをいたわり手当てを実践してきた、布作家・早川ユミさん。本書は、ユミさんから私たちへの、からだ育てのレッスンの書。単なる健康法などではない。からだとこころ、その深部にまでたどっていく生き方の書。自分のからだと向き合い、からだという自然観をつくることで、ひとは自分自身をもっと生きやすくなる。

  • 東洋医学式 カラダとココロの整え方

    東洋医学式 カラダとココロの整え方

    著者/鈴木知世

    1,430 円(税込)

    病院に行くほどではないけれど、悩みが尽きない女性の不調。からだとこころを健やかにするための、「東洋医学に基づいた生活習慣」の提案。食事や睡眠、季節との付き合い方、ツボやセルフお灸など。

  • 胎児のはなし

    胎児のはなし

    著者/最相葉月、増﨑英明

    2,090 円(税込)

    この世に生まれた誰もが経験している胎児の世界。その不思議に、ノンフィクションライター・最相葉月さんが迫ります。妊娠・出産にまつわる素朴な疑問から、超音波検査、遺伝子解析などの科学技術がもたらした恩恵と課題、さらには母体とつながったまま手術をすることで、胎児の命をつなげる「胎児医療」の最前線まで。

tumblr

pagetop
×