スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

からだ|書籍

  • 「身体」を忘れた日本人

    「身体」を忘れた日本人

    著者/養老孟司、C.W.ニコル 青山聖子

    990 円(税込)

    豊かな自然と付き合う中で、身体を使って暮らしてきたはずの日本人。解剖学者・養老孟司とナチュラリストのC・W ニコルが、現代人の自然欠乏による「身体感覚の衰え」を語る。

  • 薬草手帖

    薬草手帖

    著者/新⽥理恵

    1,980 円(税込)

    飲み方、食べ方、育成と採取…… 薬草の基本をまるごと一冊に!

  • 病気を遠ざける暮らし方

    病気を遠ざける暮らし方

    著者/本間真二郎

    1,760 円(税込)

    栃木に暮らす医師・本間真二郎さんは、「自然に沿った暮らし方が、すべての病気を遠ざける」という考えの自然派医師です。「100の理論より、ひとつの実践」を信条とする本間医師は、2023年春、新たな暮らし方をはじめました。「できる限り、人まかせにしない暮らし方」を追求し、食べ物、水、電気なども自給する暮らしへ踏み出したのです。

  • はじめての操体法

    はじめての操体法

    著者/川名慶子

    1,320 円(税込)

    「ラクなほう」「気持ちのよいほう」を探して動き、からだを整える運動療法・操体法。「疲れにくく、しなやかで元気なからだづくり」をモットーにする川名慶子先生が、初心者でもひとりでできる操法を紹介する。

  • みらいのからだのーと 増補改訂版

    みらいのからだのーと 増補改訂版

    著者/早川ユミ

    1,980 円(税込)

    からだは自然からのおくりもの。土を耕し、種をまき、その土地で採れたものを活かしきる。畑の野菜を育てるように、草木染めした布を一針一針ちくちくするように、身体をいたわり手当てする。そんな暮らしを実践してきた著者が、様々なからだの不調に悩む現代人に伝える、自助のちからを信頼し“からだを取り戻す”ためのレッスン。著者自身が描いた、ページからはみ出しそうなおおらかで大胆なイラストも魅力。

  • ゆるめる・温める・巡らせる

    ゆるめる・温める・巡らせる

    著者/鈴木七重

    1,650 円(税込)

    「ゆるめる・温める・巡らせる」 この3つの循環で、"治る"私になる! 今までにない新しい健康法。

    自律神経、冷え、生理痛、PMS、肩こり、花粉症、ストレス、胃腸ケア、不眠……。この本では、不調に対する対症療法ではなく、からだを根本から整え、不調が起きないからだとこころになることを目指します。

  • 気功奥義 解説書

    気功奥義 解説書

    著者/盛鶴延

    2,717 円(税込)

    疲れがとれない。肩、腰が痛い。不安、不調。できれば自分の健康は自分で守れるようになりたい。気功は自分で自分を治療する方法です。易しい動作をしながら、特別な呼吸法をし、そこに意識を加えることで高い効果を出します。

  • ことばのくすり

    ことばのくすり

    著者/稲葉俊郎

    1,650 円(税込)

    「歩くこと」も「食べること」も、実はスゴイこと-。医療と芸術の最前線にいる著者が、日常に潜む奇跡を鮮やかに照らしだした医療&芸術エッセイ。日常を見る目が変わる全33篇を収録する。

  • いのちはのちのいのちへ

    いのちはのちのいのちへ

    著者/稲葉俊郎

    1,760 円(税込)

    「医師」という枠では収まらない元東大病院医師、稲葉俊郎氏。「対話」や「場づくり」をキーワードに、従来の病院のあり方や病気の考え方だけでは解決しない、補完し合う存在としての「新たな医療」や私たち自らが関わっていく「医療的な場」とはなにかを考えます。

  • いのちを呼びさますもの

    いのちを呼びさますもの

    著者/稲葉俊郎

    1,760 円(税込)

    ひとのからだは、60兆個の細胞から成る。今ある自分は、過去が土台となり、古い地層の積み重なりの上に存在している。病や葛藤を受け止め、時に乗り越えながら「新しい自分」へと変化し続ける。そうやって、「わたし」ができていく。

  • エトセトラ VOL.3

    エトセトラ VOL.3

    著者/長田杏奈(編)

    1,430 円(税込)

    美容ライター長田杏奈さん責任編集、フェミマガジン3号目のテーマは「身体」!

    1300人から回答が集まった、身体にまつわるアンケート企画「エトセトラ・リポート2020」をはじめ、漫画や短歌、写真、女子プロレスラーへの熱いインタビュー、「身体」の視野を広げるエッセイ、そして、性教育からリプロダクティブ・ヘルス/ライツの問題意識マップまで、多様な書き手が集結。

  • きょうの毒出し

    きょうの毒出し

    著者/蓮村誠

    1,320 円(税込)

    毒出し力とは、消化力。食べものだけでなく、自分の感情を処理するこころの消化力も含みます。こころとからだは、互いに影響し合うもの。それぞれの毒出しが自然にできるようになれば、毒を作りにくい体質に変わっていきます。

  • 香りの扉、草の椅子

    香りの扉、草の椅子

    著者/萩尾エリ子

    1,760 円(税込)

    寒い時、暑い時、嬉しい時、悲しい時、ハーブがいつも寄り添ってくれる。著者は長野県・蓼科の森でハーブとアロマテラピーの店を営む傍ら、地域の病院や緩和ケア病棟にハーブの庭を作り、香りを用いたハンドトリートメントのボランティアを続ける人。小さな花束、緑や香りで人々の最後の日々に寄り添ってきた。だからこそ、ひと枝、ひと花の持つ力を誰よりも信じているし、その力に笑顔を取り戻した人々をたくさん見てきた。

  • たべるクリニック

    たべるクリニック

    著者/たなかれいこ

    1,100 円(税込)

    本物の食べ物に触れて、人生が変わりました。病弱だった私が、37年間も医者いらずの秘訣とは。

  • 腸がよろこぶ料理

    腸がよろこぶ料理

    著者/たなかれいこ

    1,650 円(税込)

    腸が整うと、世界が輝く! 前作『生きるための料理』で、そのレシピと思想で大きな反響を呼んだ料理家 たなかれいこ。待望の続編は、“腸”に効く、75のレシピ。

pagetop
×