スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • murren vol.22

    murren vol.22

    作/若菜晃子

    540 円(税込)

    「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な自然や山をテーマにした小冊子『murren(ミューレン)」。第22号の特集は、「岩波少年文庫」。

    戦後すぐに高い志をもって子どもたちに向けて創刊された岩波少年文庫。刊行 点数400点以上、65年経った今もなお、刊行され続けています。数多くの名著を生み出してきた岩波少年文庫の中から、自然に関わりのある作品を選んで紹介。

  • 21世紀の楕円幻想論

    21世紀の楕円幻想論

    著者/平川克美

    1,944 円(税込)

    「ひとは誰でも、自分の利益を最大化するために生きている」 「自分の生き方に対しては自分で責任を取らなければならない」 そんな時代に、平川克美さんがメスを入れる。

     俺は、案外、
     俺のために生きているわけでは
     ないのかもしれない。

  • うしろめたさの人類学

    うしろめたさの人類学

    著者/松村圭一郎

    1,836 円(税込)

    市場、国家、社会・・・。断絶した世界が、「つながり」を取り戻す。その可能性を、「構築人類学」という新たな学問手法で追求。強固な制度のなかにスキマをつくる力は、「うしろめたさ」にある! 「批判」 ではなく 「再構築」 をすることで、新たな時代の可能性が生まれる。

  • 星空の谷川俊太郎質問箱

    星空の谷川俊太郎質問箱

    著者/谷川俊太郎

    1,620 円(税込)

    詩人・谷川俊太郎さんが、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」上で募集した質問に答えた新しい本。詩人ならではの世界の見せ方でくり出される名回答の数々。こころに沁みます。

  • 花びら供養

    花びら供養

    著者/石牟礼道子

    2,700 円(税込)

    『石牟礼道子全集』未収録の、主に2000年以後に書かれた珠玉のエッセイ40篇を中心に1冊に。水俣の記憶を磁場に立ち上がる独自のコスモロジーは、一片の花びらに捧ぐ祈りのよう。この世をやわらかに包み込み、時に鋭く、その不条理を照らし出す。著者・石牟礼道子さんが、現代に伝え残したかったメッセージとは。(編集 渡辺京二)

  • いのちを呼びさますもの

    いのちを呼びさますもの

    著者/稲葉俊郎

    1,728 円(税込)

    ひとのからだは、60兆個の細胞から成る。今ある自分は、過去が土台となり、古い地層の積み重なりの上に存在している。病や葛藤を受け止め、時に乗り越えながら「新しい自分」へと変化し続ける。そうやって、「わたし」ができていく。

  • まねしんぼ日記

    まねしんぼ日記

    著者/一田憲子

    1,296 円(税込)

    出逢った誰かの「あれいいな」と思うことを、家に帰ってまねしてみる。まねをすることで、いつもの毎日に新しい風が吹き、少しずつ日々が更新されていく。

  • 暮らしのおへそ vol.25

    暮らしのおへそ vol.25

    1,296 円(税込)

    その人だけが持つ習慣、それを「おへそ」と名づけました。そのひとの生き方、暮らし方を紹介する雑誌『暮らしのおへそ』 最新号。

  • 人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ

    人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ

    作/月光荘

    1,512 円(税込)

    永井荷風、藤田嗣治、花森安治・・・。大正・昭和の文化人を惹き付けてやまなかった画材店 「月光荘」 。銀座で創業100年、その店名は、歌人の与謝野鉄幹、与謝野晶子が名付けたと言います。

  • 図録 世界を変える美しい本

    図録 世界を変える美しい本

    著者/ブルーシープ / 板橋区立美術館(編)

    2,592 円(税込)

    板橋区立美術館 「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」 展、公式図録。

    ざらりとした手触りのスリーブケースにあしらわれているのは、タラブックスのオフィスの窓にはめられた幾何学的な格子模様。ケースをはずすと、つややかな表紙に、『夜の木』などの絵本がずらり。開く前から、ため息が出る美しさ。

  • 完訳・エリア随筆 Ⅰ

    完訳・エリア随筆 Ⅰ

    著者/チャールズ・ラム

    2,592 円(税込)

    古今東西におけるエッセー文学の最高峰、チャールズ・ラムの『エリア随筆』待望の新訳。

  • ウォールデン 森の生活<上・下巻>

    ウォールデン 森の生活<上・下巻>

    著者/ヘンリー・D・ソロー

    1,836 円(税込)

    「自分に最善を尽くし、あるがままの自分を生きようではありませんか」

    「いったいどれほどの数の人が、本に親しむことを通じて人生を開いたでしょうか。本が、生きることの不思議さを説き、新しい生き方を暗示しました」

    「人は1週間に1日働けば生きていけます」

  • ロバート・キャパ写真集

    ロバート・キャパ写真集

    著者/ICP ロバート・キャパ・アーカイブ (編)

    1,512 円(税込)

    報道写真家ロバート・キャパが撮影した約7万点の写真から、236点を精選して収録。スペイン内戦、ノルマンディー上陸作戦、最期の日を迎えたインドシナ・・・。キャパが撮影した約7万点のネガから、戦下の光景のみならず、デビュー作 「トロツキーの講演」 や、ヘミングウェイ、ピカソ、イングリッド・バーグマンなどのポートレートまで、小さな文庫本の中に大きな世界が広がっている。

  • ぼくの伯父さん

    ぼくの伯父さん

    著者/伊丹十三

    2,160 円(税込)

    稀代のエッセイスト、伊丹十三の単行本未収録エッセイ集。

    食卓の作法、料理の秘訣、服選びに着こなし、日常に見るヨーロッパ文化、子育てから性教育、スポーツに社会問題、組織論・・・。あらゆるテーマを見逃さず、調べて観察し、自分の頭で考えたすえに、わかりやすく、やわらかく、おもしろく書いた。

  • きんいろのアファメーション帖

    きんいろのアファメーション帖

    著者/服部みれい

    421 円(税込)

    アファメーションとは、願望が叶った時の状態を想像し、ワクワクしながら肯定文で願望を書いていくこと。それによって、世間からの不要な刷り込みや自分の思い込みから、静かに解放されること。何より自分の本心と向き合い、願望を肯定文で書くことは、自分の意識の世界を無理なく心地よい方向へと運んでくれます。

tumblr

pagetop
×