スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • ターシャ・テューダー 人生の楽しみ方

    ターシャ・テューダー 人生の楽しみ方

    著者/食野雅子

    1,760 円(税込)

    名家に生まれながら農業に憧れ、自然と動物を愛し、子ども達を楽しませ、後半生はバーモントの豊かな自然の中で、庭づくりを楽しんだターシャ・テューダー。幸せとは?豊かに生きるとは?を教えてくれるターシャの名言を、さまざまなエピソードと、ターシャの絵と共につづる。

  • 幸田文 老いの身じたく

    幸田文 老いの身じたく

    著者/幸田文、青木奈緒(編)

    1,980 円(税込)

    厳しくもあたたかな幸田文の視線は、自身の、そして他人への老いにも向けられていた。いかに芯の通った老いかたをするか。人生の達人・文先生の生きかたから学ぶアンソロジー。

  • 新版 雪に生きる

    新版 雪に生きる

    著者/猪谷六合雄

    3,410 円(税込)

    著者の猪谷六合雄(いがや・くにお)は1890年、赤城山・猪谷旅館の長男として生まれました。生来の手先の器用さに加えて、何でもやってみる、何でも作ってみるという好奇心と情熱のかたまりのような人物で、10代のころからスケート、水彩画、油絵をはじめて、小さな組み立て小屋や飛行機の模型を作り、丸木舟を彫りました。

  • 気のはなし

    気のはなし

    著者/若林理砂

    1,870 円(税込)

    怪しくない、難しくない、抜群におもしろい! 人気鍼灸師が中国の古典から現代科学の知見までを用いて解説。誰もが気になる「気」の世界が、ついにわかる!? 「気」という文字の起源、孔子・荘子・老子・孟子の考えた「気」、易や風水の「気」、東洋医学の「気」、科学の「気」、日常の「気」、武術の「気」、鬱と「気」…etc.

  • 別冊太陽 柚木沙弥郎

    別冊太陽 柚木沙弥郎

    2,420 円(税込)

    日本の型染の第一人者・柚木沙弥郎。伝統工芸にとどまることなく、99歳の現在も旺盛に創作活動を続ける、稀有な作家の軌跡をたどる。初期作品から未公開作品、最新作まで収録した、永久保存版。

  • 柚木沙弥郎 life・LIFE

    柚木沙弥郎 life・LIFE

    著者/柚木沙弥郎

    5,500 円(税込)

    染色家でアーティストの柚木沙弥郎さん。型染めで布に模様を大胆に染めた染色作品をはじめ、版画や絵画、立体、絵本など、70年を超す創作活動は今日も続いています。本書は、東京・立川のPLAY! MUSEUMで開かれる展覧会「柚木沙弥郎 life・LIFE」の図録として刊行された特製アートブックです。

  • NEKKO issue 2

    NEKKO issue 2

    1,200 円(税込)

    政治ってなんだろう? 京都市左京区ではじまった、女性たちによる政治を考える小さな取り組みから生まれた雑誌『NEKKO』。根っこから、私たちの足元から、政治のことを、等身大のことばで考えます。第2号特集は、「自治はじじむさいか。」 

  • NEKKO issue 1

    NEKKO issue 1

    1,210 円(税込)

    京都市左京区で、女性たちが政治を考える小さな取り組みをはじめました。その活動の中から生まれた雑誌『NEKKO』。根っこから、私たちの足元から、政治のことを私たちのことばで考えます。

    創刊号のテーマは、「選挙をやってみた。」 NEKKOの編集部で、実際に京都市会議員選挙に挑戦したドキュメントです。立候補することで見えた沢山のことから、これからの社会を作り上げていく手がかりを探ります。

  • スペクテイター 49号

    スペクテイター 49号

    著者/エディトリアル・デパートメント(編)

    1,100 円(税込)

    特集:自然って何だろうか
    人類の活動が、自然の回復力を超えて地球全体に影響を与え始めた時代=人新世に突入!? 自然への対応をめぐって、さまざまな議論が交わされるようになりました。温暖化は人工的に防ぐことが可能? 外来種は敵か? 味方か? 火力の代わりに原子力を活用すべき? 理想の自然のあり様については、ひとりひとりが自由な意見を述べ合うことが重要。だけど、そもそも自然って何だろうか…。

  • 極北の動物誌

    極北の動物誌

    著者/ウィリアム・プルーイット

    990 円(税込)

    カリブー、ムース、オオカミらが危ういバランスの上で織りなす極寒の地の生態系。アラスカの大地を核実験場開発計画から守り、故国アメリカを追われた著者が、極北の大自然と生命の営みを描いた古典。

  • 魂の秘境から

    魂の秘境から

    著者/石牟礼道子

    858 円(税込)

    「むかしの田園では、大地と空はひとつの息でつながっていた」。現世での生きづらさ、生命の根源的な孤独。世界的文学『苦海浄土』著者 石牟礼道子さんによる、水俣・不知火海の風景の記憶と幻視の光景。朝日新聞に3年にわたり連載された、著者最晩年の肉声。渡辺京二氏による追悼文「カワイソウニ」収録。

  •  オードリー・タン 母の手記『成長戦争』 自分、そして世界との和解

    オードリー・タン 母の手記『成長戦争』 自分、そして世界との和解

    著者/近藤弥生子

    1,980 円(税込)

    「私たちが過去に受けた苦難を、誰かがもう一度味わうことがありませんように」―― 母親によって描かれた、これまで誰も見たことのないオードリーの横顔、そして家族の物語。

  • 10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック

    10歳からのカラダ・性・ココロのいろいろブック

    著者/アクロストン

    3,850 円(税込)

    「自分は他人と見た目がちがう」「生理とかどうしたらいいのかわからない」「夢精しちゃったよ。これって病気?」など、カラダがどんどん変わる思春期には、悩む人がたくさんいます。この本は、そんな疑問や不安に答えるQ&Aブック。

  • 10代の妊娠

    10代の妊娠

    著者/にじいろ、高橋幸子(監修)

    1,540 円(税込)

    「誰にも言えない……」「正しい知識が知りたい」「彼女が妊娠したかも!」 みんなのこんな疑問にこたえます。

    ・妊娠したかも……どうしたらいいの?
    ・ピルって体に悪いの?
    ・中絶って自分でできないの?
    ・出産したら学校はやめなきゃいけないの?

  • 自然真営道

    自然真営道

    著者/安藤昌益

    1,760 円(税込)

    上に立つ者の驕りが、世の乱れを生む! 階級社会批判・エコロジー思想の先駆と称される、江戸時代の比類なき思想家による諫言の書。江戸中期、封建社会の低層たる農民の生活を根拠としながら、独特の時代批判をものした安藤昌益。

pagetop
×