スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • 坊さん、ぼーっとする。

    坊さん、ぼーっとする。

    著者/白川密成

    1,870 円(税込)

    今、必要なのは、情報でも評価でも判断でもなく、期待せずに、平気で待つ勇気。『ボクは坊さん。』(2015年映画化)から10年。秘伝『理趣経』をひもときながら綴る、進化するポップな坊さんの現在地。

  • 小さき者たち

    小さき者たち

    著者/粕谷知世

    2,090 円(税込)

    死者が悪霊にならないように見守る〈家守〉──その父を誇りに思い9歳の少年モチカは後を継ごうとするが、ロディヨナ家によって父と引き裂かれてしまう。時は過ぎ、15歳のモチカは、国中の少年が大神殿に集まる〈神様の試練〉で己の命に関わる運命と対峙する。

  • わたしの外国語漂流記

    わたしの外国語漂流記

    著者/松村圭一郎/佐久間裕美子/丸山ゴンザレスほか

    1,540 円(税込)

    外国語はシビアな世界を渡る武器にもなり、時に誰かと自分を結ぶ糸にもなる。留学、転職、研究、世界大会……各界の25名が自身の外国語学習法とヒリヒリ、ホロリ、リアルな体験を綴る。

  • 早川ユミのちくちく服つくり

    早川ユミのちくちく服つくり

    著者/早川ユミ

    2,200 円(税込)

    アジア各地を旅して見つけた布を使い、現地の衣服を参考に、オリジナルな服をつくる早川ユミさん。もんぺやジャケット、ワンピースやブラウスなど、ユミさんがずっと作り続けてきた19種類の「生活服」と、布を使い切るちいさなものつくり。自分の暮らしを自分でつくるための、ヒントに満ちた手芸実用の書。

  • 次の時代を先に生きる

    次の時代を先に生きる

    著者/髙坂勝

    968 円(税込)

    嫌な仕事で経済的豊かさを追うのではなく、競争を降り、地域に分散し、「できる」ことを増やし、自由と幸福へ。都市の企業で経済成長を目指す時代は終わった。地域で作物を育てながら、自分の好きな生業で生きよう。競争ではなく、共助して生きよう。

  • アルテリ 九号

    アルテリ 九号

    著者/田尻久子(責任編集)

    1,100 円(税込)

    熊本発の文芸誌「アルテリ」九号、巻頭は谷川俊太郎さんの詩「どこ?」です。表紙から詩がはじまります。渡辺京二さん二万字インタビュー第三弾も掲載。

  • 道子の草文

    道子の草文

    著者/石牟礼道子

    2,750 円(税込)

    『花びら供養』『綾蝶の記』に続く、渡辺京二編集の遺文集。十代から二十代にかけての鋭敏かつ凶暴なまでの瑞々しい感性が横溢する未発表短編小説や日記から、『苦海浄土』の一部草稿、晩年の日常を書きとめた随筆まで、近年新たに発見された原稿の数々。石牟礼道子資料保存会提供の未発表短篇小説を含む散文を、年代順に収録。

  • コトノネ vol.33

    コトノネ vol.33

    1,100 円(税込)

    コトノネは、障害者の「働く姿」を通して、「生きるよろこび」を伝える雑誌。この世には「障害者」も「健常者」もいない、おなじ人がいるだけ。誰もが「生きづらく」、その中に「生きるよろこび」を求めて生きている。

  • 農福連携が農業と地域をおもしろくする

    農福連携が農業と地域をおもしろくする

    著者/吉田行郷・里見喜久夫

    1,980 円(税込)

    縮む農業。ふくらむ障害者福祉。ひとつずつでは課題が多いが、二つが結びつけば、課題がチャンスになりました。行き詰まった地域が生まれ変わります。

    本書は大きく4部構成。農福連携の提唱者であり、研究者の第一人者・吉田行郷が、農福連携の全貌について分析・解説。障害者福祉が農業を武器にさまざまな企業・事業と結びつけ、新しい地域を生み出す姿を、季刊『コトノネ』の里見喜久夫が報告。

  • 旅の断片

    旅の断片

    著者/若菜晃子

    1,760 円(税込)

    登山の専門出版社の編集者を経て、文筆家として活躍する若菜晃子さん。『街と山のあいだ』に続く、待望の随筆集第2弾。さまざまな国の風景やひととの交流、旅を通じて広がってゆく思考を、静謐な文章でまっすぐに綴ります。個人的な旅の記憶が濃やかに表現され、読者も体感できる情緒豊かな一冊。

  • 新版 びろう葉帽子の下で

    新版 びろう葉帽子の下で

    著者/山尾三省

    2,860 円(税込)

    詩あるいは歌は、絶望に耐える希望あるいは祈りとして太古以来つくられ続けてきた。日常の中で非日常的な時をつづった詩人・山尾三省の代表作。「歌のまこと」「地霊」「水が流れている」「縄文の火」「びろう葉帽子の下で」と題された、全5部247篇を集成した1987年刊の新版。あらたに文化人類学者・批評家の今福龍太の序を収録。

  • 誰にも相談できません

    誰にも相談できません

    著者/高橋源一郎

    1,540 円(税込)

    あなたのお話、聞かせてください。「恋をしたことがありません」「夫のすべてに悪寒が走る」「就職決まらず孤独で絶望」・・・。人生のままならぬ悩み、どうしたらいいの?作家・高橋源一郎が、「人に言えない悩み」にそっと寄り添い、耳をかたむけ、真摯なことばで向き合った人生相談。

  • モヤモヤの正体

    モヤモヤの正体

    著者/尹雄大

    1,980 円(税込)

    犯人は、「他者の不可解な行動」や「社会の空気」にあらず…。共感、個性、協調性、正しさ、「みんなが…」 こうしたことばで、現代人が自らハマる罠を見事に解明!身体に根ざした、本当の自信を取り戻す!

  • 上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!

    上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!

    著者/上野千鶴子、田房永子

    1,650 円(税込)

    日本の何が問題なのか? 母娘問題、結婚・育児、セックス、団塊世代の父、学生運動、性暴力などについて徹底的に語り合った7時間!

  • 暮らしのおへそ Vol.29

    暮らしのおへそ Vol.29

    1,400 円(税込)

    その人だけが持つ習慣、この本ではそれを「おへそ」と呼んでいます。歌手、作家、焼き菓子店店主、ギタリスト…。様々な職業で活躍する方々の「おへそ」をつかまえてみれば、それぞれの暮らしが立ち上がります。さりげなくてもおいしそうな「おにぎり」のカバーが目印です。

tumblr

pagetop
×