スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

きせつ|絵本

  • クリスマスってなあに?

    クリスマスってなあに?

    作/ジョーン・G・ロビンソン

    1,404 円(税込)

    冬のお愉しみ、クリスマス。日本では、チキンとケーキを食べる日なんて言う子もいるそうですが、そもそもクリスマスって何の日か、ご存知ですか?

    本書は、読みもの『テディ・ロビンソン』シリーズでお馴染みのジョーン・G・ロビンソンが、クリスマスについてやさしく教えてくれる美しい絵本です。

  • クリスマスのまえのよる

    クリスマスのまえのよる

    作/クレメント・C・ムーア
    絵/ロジャー・デュボアザン

    1,296 円(税込)

    クリスマスの前夜。眠りにつこうとしたその時、外からシャンシャンと音が響いてきた。なんだろう? パパはベッドから起き上がり、窓を開けた。そこに見えたものは・・・!?

  • サンタクロースっているんでしょうか?

    サンタクロースっているんでしょうか?

    作/ニューヨーク・サン新聞社説
    絵/東逸子

    864 円(税込)

    「おねがいです。おしえてください。サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?」 1897年、アメリカ。8歳のバージニアが、新聞社THE NEW YORK SUNに質問を送った。新聞社は、少女の質問に真摯に向き合い、社説で答えた。
    「サンタクロースがいるというのは、けっしてうそではありません。この世の中に、愛や、人へのおもいやりや、まごころがあるのとおなじように、サンタクロースもたしかにい

  • 100にんのサンタクロース

    100にんのサンタクロース

    作/谷口智則

    1,620 円(税込)

    ここは 100にんのサンタクロースがすむまち。
    100にん いろんなサンタがいるんだ。

  • HUG

    HUG

    作/junaida

    1,728 円(税込)

    いろんな人々や生き物たちの、さまざまなハグが描かれた絵本、『HUG』。恋人同士、仲間同士、敵味方同士、いろんなハグがあるのです。時にことばよりも雄弁に、普段ことばでは言えないことや、想いを伝える力が、人と人とが触れ合う瞬間に、あるのではないか。それぞれのハグの形を見ているうちに、そんなことを考えます。読み終えた時、あなたがこころに思い浮かべるのは、いったいだれのことでしょう。

  • 急行「北極号」

    急行「北極号」

    作/クリス・ヴァン・オールズバーグ

    1,620 円(税込)

    の鈴の音が響くのを待っていた。夜も更けて、聴こえてきたのは、しゅうっという蒸気の音と、金属がきいいっときしむ音。窓の外には、なんと汽車が停まっていた。

  • さんかくサンタ

    さんかくサンタ

    作/tupera tupera (ツペラツペラ)

    1,296 円(税込)

    さんかく さんかく さんかくサンタ
    まんまる ふくろを せなかに しょって

  • クリスマスのふしぎなはこ

    クリスマスのふしぎなはこ

    作/長谷川摂子
    絵/斉藤俊行

    972 円(税込)

    あれっ、なんだろう、このはこ。あけてみよう。
    クリスマスの前の日、縁の下で小さな箱を見つけたのは、朝でした。ふたを開けると、そこにはなんと眠っているサンタさん! ぼくはその箱をこっそり持ち帰り、ベッドの下に隠しました。

  • 大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

    大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

    作/ジャネット&アラン・アルバーグ

    1,944 円(税込)

    いつか ある日 クリスマスイブ
    たくさん雪が ふったあと
    また ゆかいな ゆうびんやさんが やってきた。
    ゆかいな道を 走ってね。

  • とんがとぴんがのプレゼント

    とんがとぴんがのプレゼント

    作/西内ミナミ
    絵/スズキコージ

    1,620 円(税込)

    ハリネズミの とんが と ぴんが。遠い北の国の山奥で、ニコラスおじいさんと暮らしています。クリスマス・イヴの日、おじいさんはとっておきの赤い服に着替えて出かける支度をしています。「あら、靴下に穴があいてるわ」と、とんが と ぴんが は気付きました。「おじいさんは世界中の人にプレゼントをあげるのに、自分はもらうことってないんだね」「そうね、来年はわたしたちがあげましょう」

  • よるくま クリスマスのまえのよる

    よるくま クリスマスのまえのよる

    作/酒井駒子

    1,080 円(税込)

    あしたは たのしい クリスマス。
    いいこには サンタさんが くるよ。
    でもね、わるいこには?

    サンタさんが来てくれるか、心配で眠れないぼく。
    トントントン。ドアをたたく音がして、やってきたのは、ぼくのともだち、よるくま。
    サンタクロースを知らないよるくまに、ぼくは、サンタさんをしてあげました。
    すると・・・!?

  • おおきいツリー ちいさいツリー

    おおきいツリー ちいさいツリー

    作/ロバート・バリー

    1,404 円(税込)

    ウィロビーさんのお屋敷に届いた、巨大なツリー。見たこともないほど、立派なツリーです。でも、大きすぎて、先っぽを切りました。捨てられた先っぽが、また切られ、どんどんどんどん小さくなって・・・!? 

  • ぐりとぐらのおきゃくさま

    ぐりとぐらのおきゃくさま

    作/なかがわりえこ
    絵/やまわきゆりこ

    972 円(税込)

    雪の上に大きな足跡を見つけた、ぐりとぐら。いったい誰の足跡? 追跡すると、足跡は森をぬけ、原っぱを通り、なんと、ぐりとぐらの家まで続いていました!

    ドアを開けると、玄関に大きな長靴、壁に真っ赤なオーバーと白いマフラー、そして赤い帽子がかかっています。誰かいるの? その時、台所からいい匂いがして・・・!?

  • BABBONATALE サンタクロース

    BABBONATALE サンタクロース

    作/工藤あゆみ

    1,944 円(税込)

    クリスマス。大切な日を前に、サンタクロースはサンタクロースなりに、こころや体、笑顔の準備をしたり、体型を整えたり、自分の発言にちょっと憂鬱になったり、誰かの喜びを想像して満足な気持ちに満たされたり・・・。
    作者の工藤あゆみさんは、岡山県ご出身、現在はイタリアに拠点を構え、創作活動を行っている。猫なのか熊なのか、はたまた人間なのか、工藤さんの描く不思議なキャラクターは、繊細で、それでいてユーモラス

  • おそとがきえた!

    おそとがきえた!

    作/角野栄子
    絵/市川里美

    1,296 円(税込)

    大きな町の、小さな家に、おばあさんと猫が住んでいました。窓から見えるのは、灰色の建物の壁ばかり。「すてきな おそとが あったらな」

tumblr

pagetop
×