スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

きせつ|絵本

  • おーい、こちら灯台

    おーい、こちら灯台

    作/ソフィー・ブラッコール

    1,728 円(税込)

    小さな島のてっぺんに建つ灯台に、新しい灯台守がやってきました。レンズをみがき、油をつぎたし、遠くの海まで光をおくります。船を安全にみちびくために。

  • はちうえはぼくにまかせて

    はちうえはぼくにまかせて

    作/ジーン・ジオン
    絵/マーガレット・ブロイ・グレアム

    1,296 円(税込)

    夏休み。お父さんの仕事が忙しくて どこへも旅行に行けない少年トミーは、近所の人たちの鉢植えを預かって世話をするアルバイトを思いつきます。預かった鉢植えの植物たちは トミーの上手なお世話のおかげで、ぐんぐん成長し、家の中はまるでジャングル…!?

  • なっちゃんの なつ

    なっちゃんの なつ

    作/伊藤比呂美
    絵/片山健

    972 円(税込)

    なっちゃんがともちゃんの家を訪ねると、ともちゃんはいませんでした。そこで一人で河原にでかけてみると、今は夏の真っ盛り。生い茂る草ぐさ、咲き乱れる花、うごめく虫たち、魚を飲み込むアオサギ、あちこちで死んでいるセミ...。ひしめく無数の命。

  • さとやまさん

    さとやまさん

    作/工藤直子
    絵/今森光彦(写真)

    1,620 円(税込)

    ひとが住む街と、山や深い森の間にある、里山。はるか昔より、ひとは里山を頼りとし、一緒にねと手入れをし、ありがとうと友だちにしてきた。本書は、そんな里山を「さとやまさん」 と擬人化し、親しい存在として語りかける絵本。

  • 田んぼの一年

    田んぼの一年

    作/向田智也

    1,512 円(税込)

    1月 鍬はじめ 
    2月 お休み
    3月 土をたがやす
    4月 畦(あぜ)をつくる
    5月 代かきをする
    6月 田植え ・・・

    日本の田んぼを、1年間定点観測したパノラマ絵本。それぞれの月の田んぼの作業の様子や、小さな生き物たち、そしてコメ作りに携わる人間が、見開きのイラストの中に丹念に描かれます。

  • かえるのじいさまとあめんぼおはな

    かえるのじいさまとあめんぼおはな

    作/深山さくら
    絵/松成真理子

    1,080 円(税込)

    あめんぼの夫婦を食べた、かえるのじいさま。田んぼの水につかり、ゆったりのんびりしていたら、誰か呼ぶ声がする。誰じゃ? 「じいさまが くってしまった あめんぼふうふの むすめです」 両親をじいさまに食べられた、あめんぼのおはなが流す涙を見て、じいさまは苦悩しはじめ・・・!?

  • マルマくん かえるになる

    マルマくん かえるになる

    作/片山令子
    絵/広瀬ひかり

    1,512 円(税込)

    小さなかえるのマルマくん。おたまじゃくしのおっぽが、残っています。まだうまく泳げなくて、他のかえるたちにからかわれます。泣いていると、がま先生がやってきました。同じように泳げなくて泣いていたキーヨくんとルビーちゃんと一緒に、がま先生の特別授業を受けることになり・・・!?

  • おじさんとカエルくん

    おじさんとカエルくん

    作/リンダ・アシュマン
    絵/クリスチャン・ロビンソン

    1,296 円(税込)

    雨の朝。「雨か・・・」しかめっつらのおじさんと、「雨だ!」にこにこ笑顔の男の子。

  • すみれおばあちゃんのひみつ

    すみれおばあちゃんのひみつ

    作/植垣歩子

    1,080 円(税込)

    お裁縫が得意なすみれおばあちゃん。でも、このごろ目が弱ってきて、針に糸を通すのが難しくなりました。すみれおばあちゃんは、道ゆく人に「糸を通してくださいな」とお願いすることにしていました。

  • 空の絵本

    空の絵本

    作/長田弘
    絵/荒井良二

    1,512 円(税込)

    風うごく
    雲ながれる
    光みちる
    空ひろがる……

    詩人・長田弘さんが生みだした美しいことばの粒。かけがえのない一日一日の鮮やかさ。絵本作家・荒井良二さんが、長田さんのことばをかみしめ、味わって、一枚一枚の絵に描き上げた珠玉の絵本。絵とことばの美しさに、圧倒される。

  • おんなのことあめ

    おんなのことあめ

    作/ミレナ・ルケショバー
    絵/ヤン・クドゥラーチェク

    1,620 円(税込)

     だれかにあいたいな・・・
     だれかいないかな・・・
     あれ! 

    女の子は、道で雨に出会いました。女の子と遊びたい雨。でも、女の子は家の中に入ってしまい・・・。雨は悲しくて、泣きながら女の子を探します。すると、レインコートを着た女の子が現れて・・・!?

  • 雨、あめ

    雨、あめ

    作/ピーター・スピアー

    1,512 円(税込)

    雨がふってきた。おねえちゃんとおとうとは、レインコートを着て、長靴を履き、傘をさして外に出た。水たまりで遊んだり、雨水の流れをみたり…。雨の中でいきいきと変化する、いつもとちがう世界。雨の一日の豊かさ、美しさを描いた、ことばのないロングセラー絵本。
    (2歳~大人まで)

  • 雨ニモマケズ

    雨ニモマケズ

    作/宮沢賢治
    絵/小林敏也

    1,836 円(税込)

    「雨ニモマケズ」
    「風ニモマケズ」
    宮澤賢治の代表作とも言えるあのフレーズを、一節ごと力強い版画で表現した絵本です。画家・小林敏也さんが、装丁から造本まで、賢治の物語世界を再現するため、こだわりぬいた絵本シリーズ 「画本 宮澤賢治」 。かつてパロル舎より出版されていましたが、好学社より待望の復刊となりました。

  • ふしぎなにじ

    ふしぎなにじ

    作/わたなべちなつ

    1,620 円(税込)

    ピカピカ鏡のように反射する紙でつくられた絵本です。直角(90度)に開くと、あら不思議! 両側のページの絵が互いに映りこんで、驚くほど立体的に見えるのです。

  • ぞうくんのさんぽ+ぞうくんのあめふりさんぽ(2冊組)

    ぞうくんのさんぽ+ぞうくんのあめふりさんぽ(2冊組)

    作/なかがわひろたか

    1,944 円(税込)

    ユーモラスな動物たちの姿が愛らしい、中川ひろたかさんのロングセラー絵本シリーズより、2冊。

tumblr

pagetop
×