スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

こころ|書籍

  • 「死んでもいいけど、死んじゃだめ」と僕が言い続ける理由

    「死んでもいいけど、死んじゃだめ」と僕が言い続ける理由

    著者/大空幸星

    1,562 円(税込)

    苦しいときは、誰かに頼れば出口は必ず見つかる-。24時間365日無料チャット相談を立ち上げた現役慶大生が、自身の経験をもとに、心を守るための具体的なヒントを紹介する。

  • わたしからはじまる

    わたしからはじまる

    著者/入江杏

    1,760 円(税込)

    わたしからはじまる魂の再生の物語。上智大学グリーフケア研究所非常勤講師として、悲しみにある人々に寄り添う活動を続けている著者の入江杏さんは、2000年に起きた「世田谷事件」の被害者遺族です。隣に住む、愛する妹家族を失った悲しみは、6年もの間、語られることはありませんでした。

  • さよならのあとで

    さよならのあとで

    著者/ヘンリー・スコット・ホランド
    絵/高橋和枝

    1,430 円(税込)

    「死はなんでもないものです。私はただ となりの部屋にそっと移っただけ」

  • ともに悲嘆を生きる

    ともに悲嘆を生きる

    著者/島薗進

    1,540 円(税込)

     「喪失による悲嘆は、
     人生の意味が問われる大きな経験だ。
     私にとってもそうだった。
     アカデミックな場以上に、
     悲嘆を抱える方々、
     また悲しむ者に寄り添おうとする方々とともに学び、
     考えてきたことが大きい」
     (あとがき より)

  • 神谷美恵子 島の診療記録から

    神谷美恵子 島の診療記録から

    著者/神谷美恵子

    1,540 円(税込)

    ハンセン病患者に寄り添い続けた精神科医・神谷美恵子さん。瀬戸内、国立療養所長嶋愛生園での経験、自らの幼少期の体験や子育てを通じてつむぎ出されることばの、なんとたおやかであることか。

  • 河合隼雄 物語とたましい

    河合隼雄 物語とたましい

    著者/河合隼雄

    1,540 円(税込)

    人の心などわかるはずがない……。日本で初めてユング派分析家の資格を得た心理学者が、長年のカウンセリングを通じて分け入った、ことばにはできないこころの形。人間の不思議と豊かさを語る。

  • ぼく自身のノオト

    ぼく自身のノオト

    著者/ヒュー・プレイサー

    1,760 円(税込)

    青年の普遍的思索。1979年に出版された『ぼく自身のノオト』 (原題:NOTES TO MYSELF)を、初版時の瑞々しい翻訳で新装復刻。青年期のこころをめぐる、生き方を確立する方法をさがし求める心理エッセイ。世界的名著の復刊。

  • 現実脱出論 増補版

    現実脱出論 増補版

    著者/坂口恭平

    814 円(税込)

    私たちが「現実」だと思って縛られているものから自由になる! 17歳の時に、98歳で死期を迎える自分を設定して楽になった話。「脳の誤作動」である鬱状態に陥ったらどうするか。「半現実」のつくりかた、など目の前の「現実」が違ってみて、驚きの世界を体験できる本。文庫化にあたり、最終章「現実創造論」を書き下ろし、さらに健康になる具体的な方法を伝授。

  • 迷子の魂

    迷子の魂

    作/オルガ・トカルチュク
    絵/ヨアンナ・コンセホ

    2,750 円(税込)

    あるところに、忙しすぎて魂をなくしてしまった男がいた。男は医師の助言にしたがい、迷子になった魂をじっと待つことにする。すると・・・!?

  • 生きがいについて

    生きがいについて

    著者/神谷美恵子

    1,760 円(税込)

    「いったい私たちの毎日の生活を生きるかいあるように感じさせているものは何であろうか。ひとたび生きがいをうしなったら、どんなふうにしてまた新しい生きがいを見いだすのだろうか」

    神谷美恵子は、つねに苦しむひと、悲しむひとのそばにあろうとした。本書は、ひとが生きていくことへの深いいとおしみと、たゆみない思索に支えられた、まさに生きた思想の結晶。

  • 自分をたいせつにする本

    自分をたいせつにする本

    著者/服部みれい

    1,012 円(税込)

    からだを温める。深く呼吸する。自分と打ち合わせをする。自分の年表を作る。体や心をたいせつにするワークで、自分の気持ちに気づいて心地よく変わる。

  • こころのヨーガ

    こころのヨーガ

    著者/赤根彰子

    1,320 円(税込)

    なんだか窮屈になってしまっているこころを、ほぐしていく。ヨーガ歴30年を超える著者・赤根彰子さんによる「こころの」ヨーガの本。


      ”ヨーガは、「こころ」と「からだ」を充分に生き、
      しかしそこにしがみつくことなく
      自由であれと教えてくれます。

  • 悲しみを生きる力に

    悲しみを生きる力に

    著者/入江杏

    968 円(税込)

    2000年12月、一家4人が殺害された「世田谷事件」。突然妹一家を失った著者は、絶望のどん底に突き落とされる。周囲の偏見、心ない報道、愛する家族を助けられなかった自責の思い……。深い悲しみに向き合うなかで、どのように生きる意味をつかんだのか。自らの体験をもとに、つらく、悲しい思いを抱えるあなたへ送る希望のメッセージ。

  • 自由な自分になる本 増補版

    自由な自分になる本 増補版

    著者/服部みれい

    858 円(税込)

    からだからも、こころからも魂からも自由になるために。呼吸法、食べもの、布ナプキンなどで「からだ」から自由に。「ホ・オポノポノ」や「冷えとり健康法」で「こころ」から自由に。「数秘術」「前世療法」で「魂」から自由に。

  • あたらしい自分になる 増補版

    あたらしい自分になる 増補版

    著者/服部みれい

    748 円(税込)

    からだの不調、人間関係の悩み、先の見えない不安。
    「あたらしい自分」に生まれ変われたら、どんなにいいだろう?
    もっと軽やかに甘く生きるための、具体的なヒントが満載。
    マーマーマガジン編集長・服部みれいさんの代表作。
    心身や身の回りを変えれば、世界が変わる。

pagetop
×