スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

かなしいとき|絵本

  • もしものせかい

    もしものせかい

    作/ヨシタケシンスケ

    990 円(税込)

    「やあおはよう とつぜんでもうしわけないんだけど ボク もしものせかいにいくことになりました…」 いつもいっしょのあの子が、どこかへ行ってしまう。どうして君なの?どうして今なの?大事なものを突然失ったとき、思いがけない別れが訪れたとき。こころにぽっかりと空いた穴は、どうやって埋めたらいいんだろう。

  • フォックスさんのにわ

    フォックスさんのにわ

    作/ブライアン・リーズ

    1,540 円(税込)

    フォックスさんと犬は離れたことがない。いっしょに遊び、おやつを食べ、同じ音楽を楽しんで、冒険にも出かける。とりわけ好きなのは、いっしょに庭仕事をすること。でもある日、思いもしない悲しいことが起きて…。

  • ことりのおそうしき

    ことりのおそうしき

    作/マーガレット・ワイズ・ブラウン
    絵/クリスチャン・ロビンソン

    1,540 円(税込)

    マーガレット・ワイズ・ブラウンの名作が、新しい絵とともに生まれ変わりました。
    日常に突然おとずれた「死」とその受けとめ方を、やさしくおごそかに描いた絵本です。

  • おなみだぽいぽい

    おなみだぽいぽい

    作/ごとうみづき

    1,650 円(税込)

     じゅぎょうのとき 
     せんせいのいうこと わからなくて 
     なみだ こぼれそうなとき あります

    小さなひとも、大人になったひとも、誰にだって、ことばにできない泣きたい気持ちは、あるのです。

  • 詩ふたつ

    詩ふたつ

    著者/長田弘(詩)
    絵/グスタフ・クリムト

    3,080 円(税込)

    詩人・長田弘さんの詩篇「絆」に、クリムトの樹木と花々の絵。人生の中で訪れる悲しみに、静かにそっと寄り添う詩画集。大切なひとを見送ったひとに。

  • 逃げろ  生きろ  生きのびろ!

    逃げろ 生きろ 生きのびろ!

    作/たかのてるこ

    550 円(税込)

    今、ここにいる自分を愛おしむことを教えてくれる小さな本『生きるって、なに?』に、続編誕生。テーマは、「逃げろ」。

    日本では10〜30代の死因の1位は自殺です。それは世界中を見ても日本だけの現象。そのことにずっと胸を痛めていた著者・たかのてるこさん。自殺防止になる本を!との想いで、制作を続けてこられました。

  • 生きるって、なに?

    生きるって、なに?

    作/たかのてるこ

    550 円(税込)

    生きるって、なんだろう?

    「自分をまるごと愛する」こと

    「泣いたり 笑ったり 悲しんだり 楽しんだり
     自分の中からわきあがる
     豊かな気持ちを味わう」こと

    「人に迷惑をかけることも 
     ひとに迷惑をかけられることも 
     恐れない」ということ

  • 『生きるって、なに?』+『逃げろ 生きろ 生きのびろ!』2冊セット

    『生きるって、なに?』+『逃げろ 生きろ 生きのびろ!』2冊セット

    作/たかのてるこ

    1,100 円(税込)

    たかのてるこ『生きるって、なに?』 + 続編『逃げろ 生きろ 生きのびろ!』 2冊セット

  •  早く家へ帰りたい <新装版>

    早く家へ帰りたい <新装版>

    著者/高階杞一
    絵/望月通陽(挿画)

    1,760 円(税込)

    愛する子どもが、重い障害をもって生まれてきた日。そして、その永眠のときまで。一冊の本のなかに、子どもの命がみずみずしく描かれた、感動的な詩集。

  • キツネと星

    キツネと星

    作/コラリー・ビックフォード=スミス

    3,080 円(税込)

    大きな森の奥深く、一匹のキツネが住んでいました。とても小さくて、こわがりのキツネ。真っ暗な夜空にかがやく、たったひとつの星だけが、友だちでした。

  • はじまりのはな

    はじまりのはな

    作/マイケル・J・ローゼン
    絵/ソーニャ・ダノウスキ

    1,650 円(税込)

    渡り鳥のローザは、自分のほっぺたと同じ色をした“ほっぺのはな”が、大好き。秋になり、旅立つ時が来ても、“ほっぺのはな”の種を手放さない。そのまま飛び立ったローザは、種が重くてうまく飛べず、渡りの途中で川に落ち、仲間とはぐれてしまう。

  • おだんごスープ

    おだんごスープ

    作/角野栄子
    絵/市川里美

    1,540 円(税込)

    「あったかいスープが のみたいなあ。おばあさんがつくってくれた おだんごスープが のみたいなあ」 ひとりぼっちになったおじいさんは、はじめておだんごスープを作ります。おばあさんがよく口ずさんでいた歌を思い出しながら。

     ぐらぐらおゆに
     おにくのおだんご
     まるめて ぽとん、
     さいごに しおとバターとこしょうを少々・・・

  • くまとやまねこ

    くまとやまねこ

    作/湯本香樹実
    絵/酒井駒子

    1,430 円(税込)

    一緒に、きょうの朝を迎えるはずだったのに。
    大切な友達を亡くして、悲しみに凍りついたくまの心をとかしたのは・・・。
    深い喪失感に悲しむひとに、この本をそっと手渡したい。
    いつの日か、それぞれの「やまねこ」に逢えますように。
    時が止まったかのような色のない世界から、
    新たな一歩を踏み出し、美しい色に満ちた世界へと歩き出せますように。

  • かないくん

    かないくん

    作/谷川俊太郎
    絵/松本大洋

    1,760 円(税込)

    となりの席のかないくん。
    ずっと学校を休んでいる。
    ある日、先生が言った。「かないくんがなくなりました」。

    かないくんが、いない教室。
    かないくんがつくったきょうりゅうが、まだある。
    かないくんがかいた絵が、まだある。
    かないくんがいなくなっても、みんないつもとかわらない。
    死ぬって、ここからいなくなるだけのこと?

    冬の朝、冷たい空気の中で空を見上げているような、

  • いのちの木

    いのちの木

    作/ブリッタ・テッケントラップ

    1,540 円(税込)

    大好きな場所で、キツネは旅立っていきました。キツネを愛していた森の仲間は、哀しみにくれます。やがてキツネとのあたたかな記憶を、みんなで持ち寄るうち、ただつらいだけだった哀しみは、変化しはじめます。キツネが横たわっていた場所から、キツネと同じ色の芽が出てきました。みんなのキツネへの気持ちが、水となっておひさまの光となって…!?

tumblr

pagetop
×