スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

たいせつな|絵本

  • ここで土になる

    ここで土になる

    作/大西暢夫

    1,512 円(税込)

     大イチョウのまわりには、
     お堂と広場と
     村人たちの共同墓地があった。
     そこにはいつも人があつまり、
     にぎやかで、わらいが飛びかっていた。

    熊本県五木村。かつてにぎわった村は、ダムの建設話が持ち上がり、村人たちは引っ越していった。後に残ったのは、大イチョウと茂さん、チユキさん老夫婦のみ。

  • しあわせなふくろう

    しあわせなふくろう

    作/ホイテーマ
    絵/チェレスチーノ・ピヤッチ 絵

    1,404 円(税込)

    百姓家で飼われている鳥たちは、毎日食べたり飲んだりしては、けんかをしていました。ある時、近くにある崩れかかった石壁の中で、とても幸せそうに暮らすふくろう夫婦をみて、鳥たちはその秘訣を聞きに行きます。

  • あめだま

    あめだま

    作/ペク・ヒナ

    1,620 円(税込)

    文房具屋で少年ドンドンが見つけたのは、6つのあめだま。部屋で1つ食べると、「リモコンがはさまって痛い!」 と、ソファの声が聞こえてきた! もう1つ食べると、今度は犬のグスリが話しはじめて・・・!?

  • なにか、わたしにできることは?

    なにか、わたしにできることは?

    作/ホセ・カンパナーリ
    絵/へスース・シスネロス

    1,512 円(税込)

    毎日、朝食をとりながら、おじさんは新聞を読む。こころあたたまる記事もあれば、全身がふるえあがるような記事もあり、おじさんは不安でたまらなくなる。

    あるとき、口をひらくと、ことばが飛び出した。「なにか、わたしにできることは?」 おじさんの中で、なにかが変わりはじめ・・・!?

  • くまのコールテンくん

    くまのコールテンくん

    作/ ドン・フリーマン

    1,296 円(税込)

    デパートのおもちゃ売場。くまの人形・コールテンくんを、一目で好きになった女の子。「ボタンが、ひとつ とれてるわ」と、お母さんは許してくれません。夜、店が閉店した後で、コールテンくんは、とれたボタンを探しにいくことにしたのですが・・・!?

  • みえるとか みえないとか

    みえるとか みえないとか

    作/ヨシタケシンスケ 作/伊藤亜紗 相談

    1,512 円(税込)

    ぼくは、宇宙飛行士。降り立った星には、なんと目が3つあるひとたちがいた。この星のひとたちは、後ろにも目があって、前と後ろが同時に見えるらしい。だから、ぼくは普通にしているのに、「後ろが見えないなんてかわいそう」 とか 「後ろが見えないのに歩けるなんてすごい」 とか言われる。なんか変な感じ。

  • 生きるって、なに?

    生きるって、なに?

    作/たかのてるこ

    540 円(税込)

    生きるって、なんだろう?

    「自分をまるごと愛する」こと

    「泣いたり 笑ったり 悲しんだり 楽しんだり
     自分の中からわきあがる
     豊かな気持ちを味わう」こと

    「人に迷惑をかけることも 
     ひとに迷惑をかけられることも 
     恐れない」ということ

  • てがみをください

    てがみをください

    作/山下明生
    絵/村上勉

    1,404 円(税込)

    ぼくの郵便箱は、いちぢくの木に架けている。毎日手紙が来ているか、調べるのがぼくの仕事だ。ある日、郵便箱をのぞいたら、一匹のかえるがもぐりこんでいた。ぼく宛に届く手紙を見て、かえるは自分にも手紙が欲しいと言う。「そりゃ、じぶんからも てがみを かけば いいのさ。てがみを くださいって」 ぼくがかえるに教えてやると・・・!?

  • 世界を変えた100人の女の子の物語

    世界を変えた100人の女の子の物語

    著者/エレナ・ファヴィッリ / フランチェスカ・カヴァッロ

    2,592 円(税込)

    大きな夢をもち 高いところをめざして がんばろう
    もし心ぼそくなったら、思いだして
    だいじょうぶ、あなたはまちがっていない

  • すずちゃんののうみそ

    すずちゃんののうみそ

    作/竹山美奈子
    絵/三木葉苗

    1,728 円(税込)

     ねぇ、すずちゃんママ、
     すずちゃんは、どうして年長さんなのに、
     くつを一人ではけないの?

    ことばを話せない自閉症スペクトラムのすずちゃん。保育園のお友だちは、すずちゃんと仲良くしたい、すずちゃんのことを知りたい、そんなまっすぐな気持ちで問いかけます

  • マルコとパパ

    マルコとパパ

    作/グスティ

    3,024 円(税込)

    絵なら やぶりすてられる。
    消して、もういちど かきなおしてもいい。

    だけど、子どもは・・・
    ほんものの子どもは そうはいかない。

  • あのひのクジラ

    あのひのクジラ

    作/ベンジー・デイヴィス

    1,512 円(税込)

    ノイは、小さな男の子。海辺の家で、おとうさんと6匹の猫と暮らしている。嵐の翌朝、ノイは浜辺の様子を見に行った。何か打ち上げられている! それは、小さなクジラだった。

  • クジラにあいたいときは

    クジラにあいたいときは

    作/ジュリー・フォリアーノ
    絵/エリン・E・ステッド

    1,512 円(税込)

    「クジラに あいたかったら とおくを じっと みてちゃ だめ」
    待つ時間の、なんと誘惑の多いこと。座り心地のよすぎる椅子は、眠くなるし、海賊船が沖に現れるかもしれないし、ペリカンやみどりの虫が近づいてくるかもしれないし、通り過ぎる雲を見ているうちに、クジラが通り過ぎちゃうかもしれないし・・・。

  • ウィンクルさんとかもめ

    ウィンクルさんとかもめ

    作/エリザベス・ローズ
    絵/ジェラルド・ローズ

    1,620 円(税込)

    いつもかもめにえさをやっているウィンクルさんは、仲間の漁師たちのわらいもの。船もおんぼろで、ともだちもなく、かもめたちが唯一のはなし相手でした。
     ある日、魚がまったくとれなくなりました。漁師は船を出せず、魚市場のおかみさんたちは暇を持て余し、魚屋さんの店先はからっぽ。港町は活気を失い、町中みんな大弱り。そんな中、毎日おんぼろの船でひとり海へ出続けるウィンクルさん。ある日、いつもえさをやっている

  • マローンおばさん

    マローンおばさん

    作/エリナー・ファージョン
    絵/エドワード・アーディゾーニ

    1,080 円(税込)

    森のそばで、ひとり寂しく暮らすマローンおばさん。誰も彼女を気にかけるものはいません。

    ある冬の月曜日、弱りはてたスズメが1羽、窓辺にやってきました。やさしく我が家へと招き入れる、マローンおばさん。「あんたの居場所くらい ここにはあるよ」 と声をかけながら・・・。

tumblr

pagetop
×