スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

大人|絵本

  • はかれないものをはかる

    はかれないものをはかる

    作/工藤あゆみ

    1,728 円(税込)

    数字でははかれないけれど、確かに存在するもの。感情の温度、大切なひととの距離、願いや希望の重み。はかろうとすることは、そこにある本質に少しだけ近づこうとすること。49の「はかれないもの」を、詩とユーモラスな絵で紡ぎ出す絵本。岡山県生まれ、イタリア在住のアーティスト、工藤あゆみさんの同名の自作アーティストブックが絵本になりました。日本語、イタリア語、英語の3か国語併記。

  • 小鳥の贈りもの

    小鳥の贈りもの

    作/ピルッコ・ヴァイニーオ

    1,188 円(税込)

    卵からかえったばかりの、小さなひな鳥。殻を出るのが怖かったり、高く飛べるカエルや大きな鳥たちと、ちっぽけな自分を比べたり。新しいことをはじめるのは、不安でいっぱい。小さなひなが経験を積み、空高く飛び立ってゆくまでを、ユーモアあふれる愛らしいイラストで綴られています。

  • やまねこのおはなし

    やまねこのおはなし

    作/どいかや
    絵/きくちちき

    1,728 円(税込)

    山奥にひとり暮らすやまねこ。山の恵みをいただいては、お返しに歌をうたったり、踊ったり。きままに愉しく暮らしていました。ある日、知らない世界が見たくなり、やまねこは街へ向かって歩き出します。途中、道ばたに一匹の白い子猫が倒れていました。放っておけなくて、やまねこは山へ連れて帰り・・・。

  • 最初の質問

    最初の質問

    作/長田弘
    絵/いせひでこ

    1,620 円(税込)

    「今日、あなたは空を見上げましたか」
    「街路樹の木の名前を知っていますか」
    「うつくしいと、あなたがためらわずに言えるものは何ですか」
    「何歳のときのじぶんが好きですか」

  • はかれないものをはかる

    はかれないものをはかる

    作/工藤あゆみ

    5,184 円(税込)

    数字でははかれないけれど、確かに存在する重みや距離、効果、温度。
    それぞれに希望をこめて描かれた49枚の「はかれないもの」。

     一目ぼれの電圧を測る

     切り替えの早さを計る

     心のもやもやを吹きとばす風速をはかる

  • 今日は自習にします

    今日は自習にします

    作/工藤あゆみ

    1,296 円(税込)

    (君がげんき) + (     ) = 私は幸せ
    黒板に書かれた問題。数学の問題のようであり、国語の問題のようであり。さて、(   )に入る答えは・・・? イタリアを拠点に、ヨーロッパで活動されているアーティスト・工藤あゆみさん。2016年の新作です。

  • マローンおばさん

    マローンおばさん

    作/エリナー・ファージョン
    絵/エドワード・アーディゾーニ

    1,080 円(税込)

    森のそばで、ひとり寂しく暮らすマローンおばさん。誰も彼女を気にかけるものはいません。

    ある冬の月曜日、弱りはてたスズメが1羽、窓辺にやってきました。やさしく我が家へと招き入れる、マローンおばさん。「あんたの居場所くらい ここにはあるよ」 と声をかけながら・・・。

  • 青のない国

    青のない国

    作/風木一人
    絵/長友啓典・松 昭教

    1,404 円(税込)

    男は、ひとと話すより、花と話す方が好きだった。花はウソをつかないから。休みの日には山を歩き回り、植物を観察した。庭で色とりどりの花を育て、たくさんの果物もなった。

  • 森の絵本

    森の絵本

    作/長田弘
    絵/荒井良二

    1,512 円(税込)

    「いちばん だいじなものが 森のなかに ある」
    水のかがやき、花の色、子どもたちの笑い声、クッキーのあまいにおい、好きなひとの手のぬくもり・・・。本当に大切なものって、なんだろう? ついつい忘れがちなだいじなものを、一冊の絵本が思い出させてくれる。深い森の中を歩いているような、静けさに満ちた絵本。何かあった時、自分に立ちかえらせてくれる不思議な本。大好きなひとに、手渡してあげたい素敵な本。小さな

  • 椅子 しあわせの分量

    椅子 しあわせの分量

    作/ささめやゆき

    1,728 円(税込)

    画家は立てかけたキャンバスに向かって、ピアニストはステージのピアノの前に、コックはキッチンのニスのはげた腰掛に、おばあさんは籐椅子に座って、一日一日を送ります。自分自身に問いかけながら、生きてきた時間を慈しみながら。

  • ピアノ調律師

    ピアノ調律師

    作/M・B・ゴフスタイン

    1,944 円(税込)

    デビーは、活発でがんばり屋さんの女の子。デビーのおじいさん、ルーベン・ワインストックは、世界一のピアノ調律師です。鍵盤をひとつずつ叩いて、まるで聴診器を当てるように、悪いところはないか、聞いてあげるのです。

  • ペンキや

    ペンキや

    作/梨木香歩
    絵/出久根育

    1,728 円(税込)

    しんやはペンキ屋見習い。こんな色だめ、と叱責されることもしばしば。親方は「お客様が本当に好きな色を感じ取るのさ」というが、これが結構難しい。
    亡くなったしんやの父もペンキ屋だった。仕事に悩むしんやは、父の墓をたずねてフランスへ渡った。渡航中に見続けた海と空の色、フランスで逢った人々、街の壁に塗られたペンキ、船の上で出逢った不思議な女性。父が使っていたというはけを、しんやは手に入れた。

  • ルピナスさん

    ルピナスさん

    作/バーバラ・クーニー

    1,404 円(税込)

    ルピナスさんは小さなおばあさん。でも昔からおばあさんだったわけではありません。海辺の町でおじいさんから遠い国々の話を聴いて育った子ども時代。おじいさんとひとつの約束をしました。
    「世の中を、もっとうつくしくするために、なにかしてもらいたいのだよ」
    「いいわ」

  • チョコレートをたべたさかな

    チョコレートをたべたさかな

    作/みやざきひろかず

    1,080 円(税込)

    さかなは、水の中をゆらゆらすいすい、自由気ままに泳ぎまわっていました。さかなであることに、十分満足していました。ある日、水の中にポトリと落ちてきたチョコレートのかけらを口にしたことから、世界が変わってしまい・・・。

  • ぼくのキュートナ

    ぼくのキュートナ

    作/荒井良二

    1,296 円(税込)

    おはよう ぼくの キュートナ
    こんにちは ぼくの キュートナ

    ちかくにいる ぼくの キュートナ
    とおくにいる ぼくの キュートナ

    いつも いつも ぼくは きみに
    はなしかけるよ
    てがみを かくよ

tumblr

pagetop
×