スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

大人|絵本

  • ここで土になる

    ここで土になる

    作/大西暢夫

    1,512 円(税込)

     大イチョウのまわりには、
     お堂と広場と
     村人たちの共同墓地があった。
     そこにはいつも人があつまり、
     にぎやかで、わらいが飛びかっていた。

    熊本県五木村。かつてにぎわった村は、ダムの建設話が持ち上がり、村人たちは引っ越していった。後に残ったのは、大イチョウと茂さん、チユキさん老夫婦のみ。

  • ルリユールおじさん

    ルリユールおじさん

    作/いせひでこ

    1,728 円(税込)

    ソフィーは植物が大好きな女の子。読み込んだ図鑑が、ある朝バラバラになってしまいます。パリの街を、大事な図鑑を抱えて歩くソフィー。本屋には新しい植物図鑑がいっぱいあっても、なおしたいのはこの一冊。

  • 大きな木のような人

    大きな木のような人

    作/いせひでこ

    1,728 円(税込)

     植物園。
     門をはいると、空気がかわる。

    パリの植物園で、植物学者と少女が出逢う。少女は植物の魅力に目覚め、こころに何かが芽生えたことを感じる。生命力あふれる植物に囲まれた、小さくとも感動的な出逢い。

  • なにか、わたしにできることは?

    なにか、わたしにできることは?

    作/ホセ・カンパナーリ
    絵/へスース・シスネロス

    1,512 円(税込)

    毎日、朝食をとりながら、おじさんは新聞を読む。こころあたたまる記事もあれば、全身がふるえあがるような記事もあり、おじさんは不安でたまらなくなる。

    あるとき、口をひらくと、ことばが飛び出した。「なにか、わたしにできることは?」 おじさんの中で、なにかが変わりはじめ・・・!?

  • えのないえほん

    えのないえほん

    作/斉藤倫
    絵/植田真

    1,620 円(税込)

     あるところに みにくい けものが いました

     どんなに みにくいか 
     その すがたは 
     たとえ せかいいちの えかきを つれてきても 
     えがけなかったことでしょう

  • 見えない蝶をさがして

    見えない蝶をさがして

    作/いせひでこ

    1,728 円(税込)

    樹木、花、鳥、精霊、子ども・・・。画家・絵本作家 いせひでこさんが、2009年から10年間描きつないだ月刊俳句誌『岳(たけ)』の表紙画19枚に、20の掌編をそえた書籍が、本書『見えない蝶をさがして』です。

  • はかれないものをはかる

    はかれないものをはかる

    作/工藤あゆみ

    1,728 円(税込)

    数字でははかれないけれど、確かに存在するもの。感情の温度、大切なひととの距離、願いや希望の重み。はかろうとすることは、そこにある本質に少しだけ近づこうとすること。49の「はかれないもの」を、詩とユーモラスな絵で紡ぎ出す絵本。岡山県生まれ、イタリア在住のアーティスト、工藤あゆみさんの同名の自作アーティストブックが絵本になりました。日本語、イタリア語、英語の3か国語併記。

  • はかれないものをはかる

    はかれないものをはかる

    作/工藤あゆみ

    5,184 円(税込)

    数字でははかれないけれど、確かに存在する重みや距離、効果、温度。
    それぞれに希望をこめて描かれた49枚の「はかれないもの」。

     一目ぼれの電圧を測る

     切り替えの早さを計る

     心のもやもやを吹きとばす風速をはかる

  • 今日は自習にします

    今日は自習にします

    作/工藤あゆみ

    1,296 円(税込)

    (君がげんき) + (     ) = 私は幸せ
    黒板に書かれた問題。数学の問題のようであり、国語の問題のようであり。さて、(   )に入る答えは・・・? イタリアを拠点に、ヨーロッパで活動されているアーティスト・工藤あゆみさん。2016年の新作です。

  • 小鳥の贈りもの

    小鳥の贈りもの

    作/ピルッコ・ヴァイニーオ

    1,188 円(税込)

    卵からかえったばかりの、小さなひな鳥。殻を出るのが怖かったり、高く飛べるカエルや大きな鳥たちと、ちっぽけな自分を比べたり。新しいことをはじめるのは、不安でいっぱい。小さなひなが経験を積み、空高く飛び立ってゆくまでを、ユーモアあふれる愛らしいイラストで綴られています。

  • 最初の質問

    最初の質問

    作/長田弘
    絵/いせひでこ

    1,620 円(税込)

    「今日、あなたは空を見上げましたか」
    「街路樹の木の名前を知っていますか」
    「うつくしいと、あなたがためらわずに言えるものは何ですか」
    「何歳のときのじぶんが好きですか」

  • 森の絵本

    森の絵本

    作/長田弘
    絵/荒井良二

    1,512 円(税込)

    「いちばん だいじなものが 森のなかに ある」
    水のかがやき、花の色、子どもたちの笑い声、クッキーのあまいにおい、好きなひとの手のぬくもり・・・。本当に大切なものって、なんだろう? ついつい忘れがちなだいじなものを、一冊の絵本が思い出させてくれる。深い森の中を歩いているような、静けさに満ちた絵本。何かあった時、自分に立ちかえらせてくれる不思議な本。大好きなひとに、手渡してあげたい素敵な本。小さな

  • あのひのクジラ

    あのひのクジラ

    作/ベンジー・デイヴィス

    1,512 円(税込)

    ノイは、小さな男の子。海辺の家で、おとうさんと6匹の猫と暮らしている。嵐の翌朝、ノイは浜辺の様子を見に行った。何か打ち上げられている! それは、小さなクジラだった。

  • やまねこのおはなし

    やまねこのおはなし

    作/どいかや
    絵/きくちちき

    1,728 円(税込)

    山奥にひとり暮らすやまねこ。山の恵みをいただいては、お返しに歌をうたったり、踊ったり。きままに愉しく暮らしていました。ある日、知らない世界が見たくなり、やまねこは街へ向かって歩き出します。途中、道ばたに一匹の白い子猫が倒れていました。放っておけなくて、やまねこは山へ連れて帰り・・・。

  • マローンおばさん

    マローンおばさん

    作/エリナー・ファージョン
    絵/エドワード・アーディゾーニ

    1,080 円(税込)

    森のそばで、ひとり寂しく暮らすマローンおばさん。誰も彼女を気にかけるものはいません。

    ある冬の月曜日、弱りはてたスズメが1羽、窓辺にやってきました。やさしく我が家へと招き入れる、マローンおばさん。「あんたの居場所くらい ここにはあるよ」 と声をかけながら・・・。

tumblr

pagetop
×