スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

98歳、石窯じーじのいのちのパン

9784480879080

98歳、石窯じーじのいのちのパン

著者/竹下晃朗
出版社/筑摩書房
サイズ/184ページ 19*13cm
発行(年月)/2019年10月

販売価格 ¥ 1,760(本体 ¥1,600)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料190円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

パンのことだけ考えて生きる

国産全粒粉と自作のオーヴンで、香り高いパンを実現するには? 竹下晃朗(タケシタアキロウ)さん、1921年8月、オーストラリア、シドニー生まれ。自由学園男子部の第1期生。スチームを加えて焼き上げる業務用のパンオーヴン「ブースター」の開発者でもある。

退職後、庭に石窯を築き、自分が理想とする、おいしい全粒粉100パーセントのパンの研究に余念がない。高温でスチームをこもらせて焼き上げるこの独自の石窯「ロシナンテ窯」は、頑固に自分の道をゆくドン・キホーテの愛馬の名にちなむ。

石窯にとどまらず、日本産の小麦をゆっくりと挽く石臼、キッチンで菓子を焼いたりパンを温める据え置き型オーヴンも、すべて手作り。竹下さんのパン作りに憧れ、石窯制作を依頼する人は今日も後を絶たない。
京都在住、98歳の現在もパンを究め、自分のパンは自分で作る。波乱の人生とパン作りの知識を工夫がここに。


<目次より>
第1章 94歳からスタートした一人暮らし
第2章 シドニーから自由学園へ どんな朝もパンから始まった    
第3章 京都へ。そして、おいしいパンの秘密を発見  
第4章 おいしい小麦粉を求め続けた人生
【おまけ】 石窯じーじのパンやクッキーのレシピ

tumblr

pagetop
×