スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

ほどくよ どっこい ほころべ よいしょ

9784916110411

ほどくよ どっこい ほころべ よいしょ

著者/伊藤晃
絵/てるて
出版社/自然食通信社
サイズ/256ページ 19*13cm
発行(年月)/2020年3月

販売価格 ¥ 1,870(本体 ¥1,700)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

暗闇へ 梢をのばす くにつくり

百姓になって30年。津波で崩れた原発神話。列島を覆い、土や水と農の営みに降り注いだ放射能という異物。3.11から9年。命あるものと向き合う百姓は今、何を想う。


  「気象も含め
   森羅万象
   お天道様が決めることだから
   人類の生き死にも
   きょう蒔いた菜っ葉の行く末も
   不確かだ
   でも今私たちは
   お天道様の生き死にも
   ちっぽけに思える
   大きな摂理 律動の渦中にあることを知っている」


  「私たちが取り戻したい相手は自分自身です。
   思い出したり、気づいたり、
   息づかいや、一挙手一投足の中に、
   元気を回復します。…(中略)
   数十年前に人々が持っていた、
   原始力ともいうべき力を、
   自分の中に見つけることから始めます」

 
野菜とともに送られた『菜園だより』、2011年3月10日から7年分を掲載。

「これは正真正銘、本物の百姓が地球と対話しながら紡いできた、そういう言葉による本だ。土から丹精された正直な作物のように、伊藤さんの言葉は実体験を通り、一滴一滴落ちてくる。それは清澄な詩、強靭な哲学となってまっすぐに私たちの心と体に届き、胸に響く。借り物の思想、虚しい言説が巷に溢れるなか、本物の怒り、絶望、そして甦る希望がここにある。何より、自然とともに生きることへの、湧き上がるような喜びが!私たちは、簡単には消えていかない。」 (梨木香歩 帯文より)

tumblr

pagetop
×