スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

鬼は逃げる

9784990811686

鬼は逃げる

著者/ウチダゴウ
出版社/三輪舎
サイズ/176ページ 17*12.5cm
発行(年月)/2020年12月

販売価格 ¥ 2,420(本体 ¥2,200)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

きみはいまなにをしている ぼくはいまなにをしている

「鬼は逃げる 意味と想像の 追っ手から 愛と悲しみに 満ちながら ただ 生きようとして 町から町へ 駆け抜ける」
(表題作「鬼は逃げる」より)。

ことばを生業にしながらも、意味や想像、夢や希望によって拘束されまいと、町から町へと逃げていくおのれを鬼に喩える表題作「鬼は逃げる」。東京から松本、安曇野へと居を移し、またスコットランド・エディンバラでの定期的な詩作を経て、積み重ねてきた10年のしごとを〈朗読会〉として振り返る、ウチダゴウ自選詩集。


<目次より>
発表会
森の熊
雪男
きょうりゅう
そのへん
るすばん
孤独の一生
ひつよう

くじら
ねつ
蜜壺の潜水士
いえ
七階の少女
しょうじきもの

うそ
しょうねん
いっそ
ししゅんき
気分屋
夜話

公園のカフェ
せみ
崖で
こすもす
悲しむソルフェージュ
やどのまど
野辺に死ぬ

ごご
あきたつ
ねっこ
てがみ

かぞく
ひかり
イヌより
はる

空き地の総理
だれか

天体少年
分かつ森
私の庭

道具屋の途方
栞日
しずくはつたう
とこしえ
monologue

落葉
渡り

告白
鬼は逃げる

あとがき


- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『原野の返事』
『空き地の勝手』

tumblr

pagetop
×