スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

週刊だえん問答 コロナの迷宮

9784991126048

週刊だえん問答 コロナの迷宮

著者/若林恵、Quartz Japan
出版社/黒鳥社
サイズ/448ページ 21*14.5cm
発行(年月)/2020年12月

販売価格 ¥ 1,760(本体 ¥1,600)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料520円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

この緊急事態の中で、社会として「何を得たのか」

アベノマスク、Black Lives Matter、リモートワーク、芸能人の自殺、5G覇権、医療崩壊、デリバリー、グローバルサプライチェーン、香港、大麻、メンタルヘルス、デジタル庁・・・。対立と分断とインフォデミックの迷宮をさまようポストコロナ世界の政治・社会・文化・経済を斜め裏から読み解くニュース時評のニューノーマル!? Quartz Japanの人気連載、待望の書籍化。


「このご時世は『どちらとも言い難い』ことだらけであるにもかかわらず、どちらかの陣営に押し込めようとする圧力がことさら強く、『どちらとも言えない』という立場が存在しづらくなっています。加えて多くの人が『自分もどちらかに決めなくてはならない』と思い込んでしまっている節も感じられます。」と語る若林恵さんは、「仮想対談」スタイルで本書を執筆。ふたつの視点から各テーマを読み解くことで、日本の読者にとっても切れ味よく届くはずだ。


<目次より>
メディカル・クラファンの矛盾
デリバリーのジレンマ
ホームフィットネスの意義
ビデオカンファレンスの混線
グローバルトレードの袋小路
ネットフリックスの期待値
アフリカの教訓
Z世代のポテンシャル
サイエンスの受難
化石産業の末路
コミュートの革命
メンタルヘルスの転回点
アンチレイシストの訓練
チャイナの新世界秩序
エルダーケアの再生
カンナビスの曲がり角
オフィスの再想像
香港のダブルバインド
大学のトランスフォーメーション
ネクストバブルの恐怖
意思決定のパラドクス
テレビコマーシャルの瀬戸際
ホームオフィスの含意
リモートチームの黄金時代
データの洪水
コンサルの持続可能性
ポッドキャストの時代性

tumblr

pagetop
×