スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

須賀敦子の手紙

9784908155031

須賀敦子の手紙

著者/須賀敦子
出版社/つるとはな
サイズ/256ページ 21.5*15cm
発行(年月)/2016年5月

販売価格 ¥ 3,078(本体 ¥2,850)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

1975―1997年 友人への55通

エッセイストで翻訳家の須賀敦子さん。
夫と死別し、日本に帰国した須賀さんは、
深い孤独の中で、生涯の友と出逢う。

四半世紀にわたって続いた、友人との手紙のやりとり。
その中には、普段の作品にはなかなか見られない
須賀さんの迷いや悩みが、素直なことばで綴られている。


 ずいぶんあたりまえのことを言うのに
 難しい言い方をする人がいるのだなァ、
 これは、やっぱりデカダンスではないかと言う気がしました。
 古典の簡潔さを求めること、
 簡潔な文章を書くことの勇気を持ちつづけたいと思いました。


 朝顔は何年か経つとだんだん bastard になってきますが
 それが私は好きです。

 
 今日こそは手紙を書かなくちゃと思っていたら
 びびんびんびんとベルが鳴って、
 郵便屋さんがふにゃっとしたかんじの小包を
 私の手の中に置いて行きました。

 
55通の手紙を、青インクの筆跡もリアルに、カラー写真で掲載。
雑誌『つるとはな』で紹介された、未公開書簡の完全収録版。
須賀さんのお人柄がしのばれる筆跡と、
のびのびとしたことばに、ぐいと惹き込まれる。

tumblr

pagetop
×