スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

ダンス・イン・ザ・ファーム

9784909394477

ダンス・イン・ザ・ファーム

著者/中村明珍
出版社/ミシマ社
サイズ/304ページ 19*13cm
発行(年月)/2021年3月

販売価格 ¥ 2,090(本体 ¥1,900)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

システムとスピリチュアルがぶつかっとる

都市と田舎、高齢者と子ども、外来のシステムと土着の霊性、移住者と地元の人。すべてをまたいで今を生きる、切実でおかしみあふれる日々のはなし。「『人間らしい生活』ができている感じがする…これは何回も言っていいんじゃないだろうか。」(本文より)

東京で生まれ育ち、全生命をかけてバンドしていた著者は、震災を機に瀬戸内の周防大島に移住。農家、僧侶、宅配、店番、ライブの企画運営etc、何足ものわらじを履いて暮らすなかで、40日に及ぶ断水、そしてコロナの流行が起こる。


「この本は、ある島での僕の体験、あくまで僕から見た景色。マイ・ケース。(…)恵まれているかもしれないし、貧乏暇なし、地べたに這いつくばって生活しているとも言える。とにかく心が動いたことを人とシェアするのが昔から喜びなので、一緒に楽しんでもらえたらうれしいです。よかったら。」(まえがきより)


「方言のことは、『土地』と深く関わっていることだと思う。その『土地』で生活してきた先祖だったり見知らぬ人だったりが重ねてきた言葉が、知らず知らずに手渡されている状態。」



<目次より>
第一部 暮らしの体験
Part1 おお、周防大島
Part2 あなたの本業ってなに?

第二部 暮らしの観察
Part3 ダンス・イン・ザ・ファーム
Part4 断水 inda House
Part5 心と境
Part6 LIFE BALL

第三部 空白期、そして今
Part7 こむぎ

tumblr

pagetop
×