スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

あしたから出版社

9784480438225

あしたから出版社

著者/島田潤一郎
出版社/筑摩書房
サイズ/336ページ 15*10.5cm
発行(年月)/2022年6月

販売価格 ¥ 968(本体 ¥880)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

毎日、頭の中が和田さんのことでいっぱいだった。

本当は就職をしたかった。でも、できなかった。33歳のぼくは、大切な人たちのために、一編の詩を本にすること、出版社をはじめることを決心した──。心がこもった良書を刊行しつづける「ひとり出版社」夏葉社のはじまりから、青春の悩める日々、編集・装丁・書店営業の裏話、忘れがたい人や出来事といったエピソードまで。生き方、仕事、文学をめぐる心打つエッセイ。2014年晶文社より刊行されたものに加筆修正、2編を増補して文庫化。解説 頭木弘樹


- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『父と子の絆』

pagetop
×