スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

言葉はこうして生き残った

9784903908892

言葉はこうして生き残った

著者/河野通和
出版社/ミシマ社
サイズ/360ページ 19*13cm
発行(年月)/2017年1月

販売価格 ¥ 2,592(本体 ¥2,400)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料510円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

いつの時代も、光は言葉にある

明治から続く「出版」文化。時代の変遷や様々な困難を乗り越えて、現代も生きのびるたくさんの書籍。

雑誌『考える人』編集長・河野通和さん。中央公論社で約30年、その後、新潮社で6年あまり。言うなれば出版文化の本流のなかで、編集者として錚々たる著者陣、先輩編集者、デザイナー、文化人たちとの仕事と交流を重ねてこられた方である。その河野さんによる、300本を超える編集長メルマガの中から、厳選した37本を書籍化したのが本書である。

膨大な書籍について、仕事を通じて著者が出逢ってきた名だたる作家や文化人について、その「言葉」を、今を生きる次世代へとつなげてくれる。


  「誰でもわかるように書く」「自分の目で見て、自分の頭で考える」
  ---まるでイチロー選手にバッティングの極意を尋ねた時の
  答えのような気がします。
  免許皆伝の文句が大概そうであるように、
  あっけらかんとした近寄りがたさがあります。
  (No.399 自分の頭で考える)


  「たくさん人に会う編集者という仕事につけたのは、ありがたいことであった。
  我を忘れて人に会い、いい話を聞けた幸福を、今つくづく実感している。
  自分探しをするくらいなら、よき他人を探して会い、
  話を聞くことの方が大事だ、とずっと思ってきた」
  「かくありたい」と私も願います。
  (No.412 石榴とレンコン)

tumblr

pagetop
×