スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

遠くから見たら島だった

9784422440415

遠くから見たら島だった

作/ブルーノ・ムナーリ
訳者/関口英子
出版社/創元社
サイズ/48ページ 22*21.5cm
発行(年月)/2023年12月

販売価格 ¥ 2,640(本体 ¥2,400)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

「この世にたったひとつ」の存在

「遠く離れたところからだと 小さな惑星のように見える石。大陸と海、それに島もある。宇宙飛行士の目には、雲におおわれた地球が こんなふうに見えているのかもしれない。」――本文より

美術家、デザイナー、教育者、絵本作家……。多彩な顔をもつ表現者ブルーノ・ムナーリは、海岸でひろった石ひとつひとつにも、ゆたかな個性とファンタジーを見出していた。石をじっくり観察し、模様がそろうよういくつも並べてみたり、絵を書き入れて物語をつくってみたり。時には「山のミニチュア」に、高原や湖、そして山を登る人々の姿まで見えてくるかも? モノクロの写真と素朴なことばでつづる、遊び心たっぷりの石のエッセイ。

pagetop
×