スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

茶色の朝

9784272600472

茶色の朝

著者/フランク・パヴロフ(物語)/高橋哲哉(メッセージ)
訳者/藤本一勇
絵/ヴィンセント・ギャロ
出版社/大月書店
サイズ/48ページ 19.5*13.5cm
発行(年月)/2003年12月

販売価格 ¥ 1,080(本体 ¥1,000)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

小さな違和感をやり過ごさないこと

「ごく普通の」 国家が、日々の生活に知らぬ間に忍び込み、人々の行動や考え方を次第に支配するようになる・・・。フランスの寓話絵本 『茶色の朝』 。「茶色以外のペットは処分するように」 という新しい法律を皮切りに、俺と友人シャルリーの身の回りで、次々に 「茶色」 以外の存在が認められなくなっていく物語。

「茶色の朝」 は、決して突然訪れるのではなく、それまでの小さなやり過ごし、 他者への無関心の積み重ねの結果が、招いてしまうもの。決して、どこかよその国で起きている「たにんごと」では、決してない。

フランスで発行され、日本オリジナル編集版の本書が発行されて10数年。世の中は、ますます 「茶色化」 してはいないだろうか。

  いやだというべきだったんだ。
  抵抗すべきだったんだ。

どれだけ後悔しても、「真っ茶色」になってしまってからでは、取り返しがつかない。思考停止をやめること。考え続けること。小さな本が、教えてくれる。

tumblr

pagetop
×