スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

いのちを呼びさますもの

9784877587734

いのちを呼びさますもの

著者/稲葉俊郎
出版社/アノニマ・スタジオ
サイズ/288ページ 19.5*12cm
発行(年月)/2018年1月

販売価格 ¥ 1,728(本体 ¥1,600)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

健康とは「調和」

ひとのからだは、60兆個の細胞から成る。今ある自分は、過去が土台となり、古い地層の積み重なりの上に存在している。病や葛藤を受け止め、時に乗り越えながら「新しい自分」へと変化し続ける。そうやって、「わたし」ができていく。

心臓の専門医として、東大病院に勤務する医師、稲葉俊郎さん。西洋医学のみならず、伝統医療や代替医療など幅広く医療を修める著者は、食事や水といったエネルギーを摂らないと生きていけないように、「心にもエネルギーが必要だ」と言う。

心のエネルギーの供給源となるのが、
文化や芸術なのだ。
何かを見たり聞いたりすることで、
心が温かく感じたり、
心が豊かで満ち足りた気持ちになったり、
心が自由になったりする時、
何かしらのエネルギーが受け渡されているのだ。

ひとが生きるために必要な、これからの医療、創造の力とは? 医療と芸術の接点を探るとともに、皮膚の下に広がる見えない世界を、独自の視点でわかりやすく紐解いてくれる。これほど身近でありながら、よくわからない自分の「こころ」と「からだ」。本書は、その関係を知り、全体性を取り戻すきっかけとなる。

tumblr

pagetop
×