スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

花びら供養

9784582837643

花びら供養

著者/石牟礼道子
出版社/平凡社
サイズ/296ページ 19.5*13.5cm
発行(年月)/2017年8月

販売価格 ¥ 2,700(本体 ¥2,500)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

寄る辺なき魂たちと ともに生きる

『石牟礼道子全集』未収録の、主に2000年以後に書かれた珠玉のエッセイ40篇を中心に1冊に。水俣の記憶を磁場に立ち上がる独自のコスモロジーは、一片の花びらに捧ぐ祈りのよう。この世をやわらかに包み込み、時に鋭く、その不条理を照らし出す。著者・石牟礼道子さんが、現代に伝え残したかったメッセージとは。(編集 渡辺京二)



月の満ち欠けや、潮の干満を
暦の日めくりにして暮らしを立てているのは、
船に乗る人々ですけれども、
満月になるとわたしのようなものでも、
夜空を見上げている自分に気づきます。
満々たる月と向きあうときの、
あの神秘な永遠というものを、
昔の人たち、そう、ご先祖たちから
贈られていると思える夜です。



あの方々が信じておられる小さな神々の世界というのは、
存在全体に対する知性といったらいいでしょうか、
信仰といったらいいでしょうか。
人間の作り出した知識の世界、
近代文明の世界は、人間が作ったわけですが、
否定なさるわけじゃないんですけれども・・・
所詮書物で覚えた知識など、
脚下にも及ばないぐらい大きな存在、
存在として私たちの前に投げかけておられるんですね、
その問いを。

tumblr

pagetop
×