スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

マルコとパパ

9784035316503

マルコとパパ

作/グスティ
訳者/宇野和美
出版社/偕成社
サイズ/145ページ 25*19cm
発行(年月)/2018年2月

販売価格 ¥ 3,024(本体 ¥2,800)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料164円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

「うけいれる」とは

絵なら やぶりすてられる。
消して、もういちど かきなおしてもいい。

だけど、子どもは・・・
ほんものの子どもは そうはいかない。


生まれてきた息子マルコに、ダウン症がある。南米・アルゼンチン出身のイラストレーター、グスティは、最初その事実を受け入れられなかった。困惑する父親の視点から見つめた自分自身のこと、家族や周りの人たちのことば、ありのままのマルコを愛するようになったこと、マルコのお気に入りの遊びやさりげない日常の一コマ、そしてマルコをはじめ障害のある子ども・人々と共に生きることの意味を、グスティは綴る。


この子は、「こんなふうに」うまれてくる権利があるって、
心のおくでかんじてた。
わたしたちは、いろいろおしえられるだろうし、
それはすばらしい経験になるだろうって。


マルキートがあかくたってみどりだってあおくたって、
メタリックだって毛むくじゃらだって、
チビだってデブだって、
ぼくには、いつだって、
せかいいちのおとうとだもん。


日本語版で使用される「ダウン症のある」という表現には、「ダウン症がそのひとの全人格ではなく、そのほかさまざまな面の一つである」という意味を込めているのだそう。ユーモアあふれる多数のイラストとコラージュ、そして飾らないことば。息子との日々、作者自身の葛藤と受容、そして愛について。誠実につむぎ出された絵とことばは、読む者をあたたかなもので満たしてくれる。

2016年ボローニャ・ラガッツィ賞「障害の本」部門最優秀賞。

tumblr

pagetop
×