スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

胎児のはなし

9784909394170

胎児のはなし

著者/最相葉月、増﨑英明
出版社/ミシマ社
サイズ/320ページ 19*13cm
発行(年月)/2019年1月

販売価格 ¥ 2,052(本体 ¥1,900)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

胎児はお腹の中で、何をしているのですか?

この世に生まれた誰もが経験している胎児の世界。その不思議に、ノンフィクションライター・最相葉月さんが迫ります。妊娠・出産にまつわる素朴な疑問から、超音波検査、遺伝子解析などの科学技術がもたらした恩恵と課題、さらには母体とつながったまま手術をすることで、胎児の命をつなげる「胎児医療」の最前線まで。

生徒・最相葉月さんの質問に答えるのは、胎児医療の激動期と共に産婦人科医として40年歩んで来た、長崎大学病院長・増﨑英明先生。お産は愉しいもの、と語る増﨑先生のお話は、わかりやすく、おもしろく、目からウロコのことばかり。生命の神秘と進化の謎に迫る科学ノンフィクション。

tumblr

pagetop
×