スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一

9784309728841

南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一

著者/南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一
出版社/河出書房新社
サイズ/544ページ 19.5*14cm
発行(年月)/2015年4月

販売価格 ¥ 3,132(本体 ¥2,900)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料510円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

寺子屋スータ 第2期テキスト

【ぼくがこれを選んだ理由】
 民俗学は文学のすぐ隣にある。
 南方熊楠の鎮守の森を擁護する論は
 今のエコロジーにつながっている。
 柳田國男と宮本常一の論考を連ねると、
 正面から描かれた近代日本人の肖像が見えてくる。
 折口信夫はもうそのまま文学。
 読んでいると古代の日本人とすぐにもハグできるような気持になる。
 (池澤夏樹)


民衆の紐帯であり自然の宝庫でもある社(やしろ)の破壊に反対する、南方熊楠の画期的論考「神社合祀に関する意見」。伊良湖岬の浜辺で目にした椰子の実から日本人の来し方を想起する、柳田國男「海上の道」。後に中将姫と呼ばれる藤原南家の姫君と、非業の死を遂げた大津皇子の交感を軸に綴られる、折口信夫「死者の書」。近代女性の生き様を活写する「海女たち」「出稼ぎと旅」「女工たち」ほか、宮本常一「生活の記録」。

神話、伝承、歴史、生活、自然など、日本のすべてを包摂する厖大な文業から、傑作29篇を精選。解説=池澤夏樹


<目次より>
南方熊楠
 神社合祀に関する意見

柳田國男
 海上の道
 根の国の話
 清光館哀史
 木綿以前の事
 何を着ていたか
 酒の飲みようの変遷
 最上川の歌仙

折口信夫
 死者の書
 妣が国へ・常世へ
 古代生活に見えた恋愛
 わが子・我が母
 沖縄を憶う
 声澄む春
 神 やぶれたまふ

宮本常一
 土佐源氏
 梶田富五郎翁
 ふだん着の婚礼──生活の記録1
 共稼ぎ──生活の記録2
 海女たち──生活の記録3
 出稼ぎと旅──世活の記録4
 見習い奉公──生活の記録5
 女工たち──生活の記録6
 行商──生活の記録7
 人身売買──生活の記録8
 月小屋と娘宿──生活の記録9
 女の相続──生活の記録10
 家出──生活の記録11
 戦後の女性──生活の記録12

tumblr

pagetop
×