スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

  • うそ

    うそ

    作/谷川俊太郎
    絵/中山信一

    1,540 円(税込)

    「いっていることは うそでも うそをつく きもちは ほんとうなんだ」 うそは苦しいはずなのに、平気でうそをつく人がいる。 うそをつかない人なんて、この世にはいないだろう。 でも、どうして人はうそをつくのだろう・・・。

  • あまがえるりょこうしゃ ちかたんけん

    あまがえるりょこうしゃ ちかたんけん

    作/松岡たつひで

    1,320 円(税込)

    モグラ博士の作った乗りものにのって、地下探検にさあ出発! クロオオアリの巣を見学したり、ハタネズミに出会ったり、クロスズメバチの巣に突っ込んでしまったり……。さてさてこのツアー、いったいどうなってしまうのでしょう? 

  • オサム

    オサム

    作/谷川俊太郎
    絵/あべ弘士

    1,980 円(税込)

    谷川俊太郎さんの詩「ぼくのゆめ」の中に、「いいひとになりたい」というコトバがあります。谷川さんは、「いいひと」をコトバに書くのはむずかしいので絵で描いてほしいといって、「オサム」という文を書きました。それを見たあべ弘士さんは、オサムはゴリラだとひらめいて、たちまち絵を描きました。

  • たべたのだーれだ?

    たべたのだーれだ?

    作/たむらしげる

    1,100 円(税込)

    チーズにぽっかりあいた穴。穴から誰かの顔がのぞいています。「チーズを たべたの だーれだ?」ページをめくると、現れたのはねずみの家族。ぶどうの穴からは、くまの親子が現れました。はっぱ、さくらんぼ、オレンジの穴からも生きものたちがのぞいていて、ページをめくるとおいしそうに食べる姿を現します。「たべたのだーれだ?」と、あてっこしながらページをめくるのが楽しい、穴あき絵本。

  • 社会を変えた50人の女性アーティストたち

    社会を変えた50人の女性アーティストたち

    作/レイチェル・イグノトフスキー

    1,980 円(税込)

    本書は、美術・詩作・彫刻・写真・陶芸・建築・デザインなど、幅広い芸術ジャンルで才能を発揮し、常識にとらわれない自由な表現で社会をゆるがせた世界の50人の女性アーティストの活躍を、チャーミングなイラストとともに紹介します。芸術の世界で、人種・階級・性差別にくじけず力強くおのれを表現し、人々の心をゆさぶったヒロインたちを、人間的な魅力とともに描き出します。

  • 別冊太陽 鳥獣戯画 決定版

    別冊太陽 鳥獣戯画 決定版

    著者/増記隆介(編)

    2,750 円(税込)

    日本絵画史上もっとも有名な作品のひとつ「鳥獣戯画」。多くの動物や人間が遊び、戯れるこの絵巻は、しかし、いくつもの謎に包まれている。描かれた愛らしい動物たちの線をめで、その動きに心躍らせながら、絵巻の秘密を解き明かす。日本美術・絵巻の新進気鋭の研究者が、全巻・全場面を解説付きで完全収録!

  • かえるのごほうび

    かえるのごほうび

    作/木島始
    絵/梶山俊夫(レイアウト)

    1,540 円(税込)

    うさぎと蛙が相撲をとったり、うさぎが猿を追いかけたりと躍動感のある線でユーモラスに描かれた絵巻「鳥獣戯画」。世界に誇る国宝だが、実は謎に満ちている。詞書(ことばがき)もなく、継ぎ接ぎだらけなので、誰が何のために描いたどんな話なのか、よくわかっていない。木島始は、子どもたちが楽しめるように絵を心にしみこませ、物語を立ち上がらせた。自然に素晴らしい絵を楽しめる鳥獣戯画の絵本。1967年刊行の幻の絵本

  • じべた

    じべた

    作/谷川俊太郎
    絵/黒田征太郎(絵・字)

    1,650 円(税込)

    閉じ込められる日々が続いても、地面がぬかるみ、建物が流されても、人の営みは続きます。私たちには、大地にこころを寄せる時間が必要かもしれません。

  • こうさぎ ぽーん

    こうさぎ ぽーん

    作/麦田あつこ
    絵/森山標子

    935 円(税込)

    あかちゃんが最初にであう、愛情たっぷりのファーストブック。いたずらこうさぎ、ぽーんとはねて、すっとこたっとこ、さあにげろ!おかあさんとたのしくおいかけっこ!

  • ねむねむ こうさぎ

    ねむねむ こうさぎ

    作/麦田あつこ
    絵/森山標子

    935 円(税込)

    あかちゃんが最初にであう、愛情たっぷりのファーストブック。ねぼすけおちびのおめめがあいて、あーんあん。おかあさんがとんできて、やさしくとんとん、おやすみなさい。

  • どんどんキップ〈新装改訂版〉

    どんどんキップ〈新装改訂版〉

    作/ミノオカ・リョウスケ

    1,320 円(税込)

    どんどん山の駅長さんから、どんどんキップが届きました。「うち → どこでも」と書かれた、どこまでも電車に乗ってどんどん行けるどんどんキップ。お父さんと男の子、二人旅のはじまりです。

  • 地球がうみだす土のはなし

    地球がうみだす土のはなし

    作/大西健夫・龍澤彩
    絵/西山竜平

    1,430 円(税込)

    土の原料は火山灰や岩石ですが、それだけでは土になりません。とけだした成分がねん土になり、そこに生きもののかけらやフンなどがまざって、少しずつ変化して…長い長い年月を経て、ようやく土がうまれます。植物は土に根をはり、水や養分をすいあげます。成長した植物は、多くの動物の食べ物やすみかとなります。命を終えた生きものは、やがて土の一部となります。土は多くの生きものの命を育み、巡らせているのです。

  • 岩波少年文庫のあゆみ 1950-2020

    岩波少年文庫のあゆみ 1950-2020

    著者/若菜晃子(編著)

    1,100 円(税込)

    少年文庫は戦後まもない1950年のクリスマスに誕生し、連綿と続いてきました。本書は、過去の資料を駆使し、各時代に書かれた著名人のエッセイも多数織り交ぜながら、70年間の出版のあゆみを振り返る初めての保存版です。愛読者の一人でもある編著者が、代表作や作家に独自の切り口で迫り、さらに画家や翻訳家の仕事にも光を当て、少年文庫の全容を紹介します。

  • 絵本のなかへ帰る

    絵本のなかへ帰る

    著者/高村志保

    1,650 円(税込)

    長野県茅野市の駅前にある小さな書店「今井書店」。2代目店主の高村志保
    (1967-)さんは、かわいい絵本ではなく、流行りの絵本でもなく、大人が読んでもこころ揺さぶれるような絵本を愛しています。

  • いきものづくし ものづくし 1

    いきものづくし ものづくし 1

    絵/松岡達英、田中豊美、大田黒摩利、廣野研一、角愼作

    2,420 円(税込)

    自然が生み出してきた“いきもの”と、ひとが作り出してきた“もの”の多様性を大画面で見せる全12巻のシリーズ。1巻は、「くだもの」(松岡達英)、「つの」(田中豊美)、「くちばし」(大田黒摩利)、「およぎのとくいなさかな」(廣野研一)、「ぶんぼうぐ」(角愼作)、「くつ」(河井いづみ)、「むかしのてつどう」(鈴木周作)の7テーマ。

tumblr

pagetop
×