スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

  • 生きるって、なに?

    生きるって、なに?

    作/たかのてるこ

    540 円(税込)

    生きるって、なんだろう?

    「自分をまるごと愛する」こと

    「泣いたり 笑ったり 悲しんだり 楽しんだり
     自分の中からわきあがる
     豊かな気持ちを味わう」こと

    「人に迷惑をかけることも 
     ひとに迷惑をかけられることも 
     恐れない」ということ

  • ミツバチのはなし

    ミツバチのはなし

    作/ヴォイチェフ・グライコフスキ(文)
    絵/ピョトル・ソハ

    3,024 円(税込)

    とろりと甘くておいしいハチミツは、ミツバチが作ってくれるもの。ミツバチは、どんなふうにハチミツを作っているのでしょう。人間は、いつ頃からミツバチを飼うようになったのでしょう。

  • すいかのプール

    すいかのプール

    作/アンニョン・タル

    1,836 円(税込)

    大きなすいかが、パカっと割れたら、うきわを持ってでかけよう。葉っぱのジャンプ台から飛びこんだり、ぶ厚い皮のすべり台をつくったり、すいかのジュースをパシャパシャさせたり・・・。思い切り遊んで、一日はあっという間。でも、だいじょうぶ。きっと来年もすいかのプールは開くから。子どもの楽しい空想をいきいきと描く、韓国の絵本。

  • えのないえほん

    えのないえほん

    作/斉藤倫
    絵/植田真

    1,620 円(税込)

     あるところに みにくい けものが いました

     どんなに みにくいか 
     その すがたは 
     たとえ せかいいちの えかきを つれてきても 
     えがけなかったことでしょう

  • またまた ねえ、どれがいい?

    またまた ねえ、どれがいい?

    作/ジョン・バーニンガム

    1,620 円(税込)

    大人気絵本『ねえ、どれがいい?』から35年。なんと続編誕生。

  • クマと少年

    クマと少年

    作/あべ弘士

    1,620 円(税込)

    かあさんのおっぱいをいっしょに飲んで、本当の兄弟のように育てられた少年とクマのキムルン。いっしょに野の花で遊び、虫や魚を追いかけ

  • だるまさん3冊ギフトボックス(特製身長計入り)

    だるまさん3冊ギフトボックス(特製身長計入り)

    作/かがくいひろし

    2,754 円(税込)

    かがくいひろしさんのあかちゃん絵本『だるまさん』シリーズは、あかちゃんが必ず笑う、頼れる絵本。『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』のシリーズ3冊セットに、特製身長計(0~180cmまで)が付いた、限定ギフトボックス。完全予約注文制。

  • おでこはめえほん② はくぶつかん

    おでこはめえほん② はくぶつかん

    作/鈴木のりたけ

    1,296 円(税込)

    博物館へようこそ! 世界中から集めた名品、珍品を順にご覧にいれましょう。カンブリア紀のアノマロカリスに、白亜紀のトリケラトプス。クレオパトラにヴィクトリア朝の貴婦人。だんだんと現代に近づいて、特急電車まで!?

    おでこにはめて、大変身! 小さなひとから大人まで、みんなで笑いながら愉しめるおでこはめ絵本・第2弾。

  • ぺぱぷんたす 002

    ぺぱぷんたす 002

    著者/祖父江慎(アートディレクション)

    1,944 円(税込)

    紙の世界は、デジタルの世界とは違い、実際に触れることができる「実体験」に満ちている。紙で遊びながら、想像力をふくらませ、工夫したり、創造する愉しさを味わえる体感型のムック『ぺぱぷんたす』第2弾。

  • 見えない蝶をさがして

    見えない蝶をさがして

    作/いせひでこ

    1,728 円(税込)

    樹木、花、鳥、精霊、子ども・・・。画家・絵本作家 いせひでこさんが、2009年から10年間描きつないだ月刊俳句誌『岳(たけ)』の表紙画19枚に、20の掌編をそえた書籍が、本書『見えない蝶をさがして』です。

  • アヤンダ

    アヤンダ

    作/ヴェロニク・タジョ
    絵/ベルトラン・デュボワ

    1,620 円(税込)

    アヤンダは、お父さんが大好きな女の子。家族と共に、いつもにこにこ幸せに暮らしていました。

     あるひ、せんそうが はじまりました。
     なぜ、なんのために たたかうのか
     だれにも わからない せんそうでした。

  • 絵本の冒険

    絵本の冒険

    著者/小野明(編著)

    1,836 円(税込)

    「絵本とじっくりつきあうこと。絵をゆっくりよむこと。それによってこころが、からだが揺さぶられるのです」

    子どもは、絵本のことばと絵を同時に受けとめる。その原初的で直接的な感覚を、〈基本の子ども〉と呼ぶことにする。〈基本の子ども〉は、大人になってもずっと残っている。〈大人の私の素〉みたいなものとして、しっかり根を張っている。

  • 絵で読む 子どもと祭り

    絵で読む 子どもと祭り

    作/西村繁男

    720 円(税込)

    日本各地に存在する数多の祭り。季節も、地域も様々な中から、子どもが活躍する祭りを全国にたずね、丹念に描いた絵本。

  • 北欧に学ぶ小さなフェミニストの本

    北欧に学ぶ小さなフェミニストの本

    作/サッサ・ブーレグレーン

    1,620 円(税込)

    「世の中で大事なことを決めるのは、どうしておじさんばかりなの?」 ある日、新聞の写真を見た10歳のエッバ、なんだかおかしい、と気付きます。

  • 世界を変えた100人の女の子の物語

    世界を変えた100人の女の子の物語

    著者/エレナ・ファヴィッリ / フランチェスカ・カヴァッロ

    2,592 円(税込)

    大きな夢をもち 高いところをめざして がんばろう
    もし心ぼそくなったら、思いだして
    だいじょうぶ、あなたはまちがっていない

tumblr

pagetop
×