スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

うしろめたさの人類学

9784903908984

うしろめたさの人類学

著者/松村圭一郎
出版社/ミシマ社
サイズ/192ページ 19*13cm
発行(年月)/2017年9月

販売価格 ¥ 1,836(本体 ¥1,700)

購入数 

カートに入れる

10月14日(土) 著者・松村圭一郎さんをお招きしてトークイベントを開催いたします。詳細は、こちら

- - - - - - - - - - - - - - - -
●本書一冊のみのご注文の場合、スマートレター(送料180円)にてお届けいたします。
●代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合は除きます。
●オンラインショップの手続き上、一旦送料450円で金額が表示されますが、後ほど、送料を訂正した金額を記載したメールを送らせていただきます。お手数をおかけしますが、再度ご確認をお願いします。

どこをどうやったら、構築し直すことができるのか

市場、国家、社会・・・。断絶した世界が、「つながり」を取り戻す。

その可能性を、「構築人類学」という新たな学問手法で追求。強固な制度のなかにスキマをつくる力は、「うしろめたさ」にある! 「批判」 ではなく 「再構築」
をすることで、新たな時代の可能性が生まれる。

 世の中どこかおかしい。なんだか窮屈だ。
 そう感じる人は多いと思う。
 でも、どうしたらなにかが変わるのか、
 どこから手をつけたらいいのか、さっぱりわからない。
 国家とか、市場とか、巨大なシステムを前に、
 ただ立ちつくすしかないのか。(中略)
 この本では、ぼくらの生きる世界がどうやって成り立っているのか、
 その見取り図を描きながら、その「もやもや」に向き合ってみようと思う。
 「はじめに」より

<目次>
第一章 経済――「商品」と「贈り物」を分けるもの
第二章 感情――「なに/だれ」が感じさせているのか?
第三章 関係――「社会」をつくりだす
「社会」と「世界」をつなぐもの
第四章 国家――国境で囲まれた場所と「わたし」の身体
第五章 市場――自由と独占のはざまで
第六章 援助――奇妙な贈与とそのねじれ
終 章 公平――すでに手にしているものを道具にして
おわりに 「はみだし」の力

tumblr

pagetop
×