スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

  • ナイチンゲールのうた

    ナイチンゲールのうた

    作/ターニャ・ランドマン
    絵/ローラ・カーリン

    1,870 円(税込)

    むかし、地球はみずみずしく、空も、山も、海も、砂漠も、森も色にあふれていた。ところが、動物たちは色がなく、ぼんやりくすんでいた。なんとかしないと、と立ちあがった「えかきさん」。絵の具箱をあけて、あらゆる動物たちをうつくしく彩っていった。そして、最後に出会ったのは、1羽の小鳥だった…。

  • あっちの耳、こっちの目【再入荷次第発送】

    あっちの耳、こっちの目【再入荷次第発送】

    作/ミロコマチコ

    3,520 円(税込)

    絵本作家・画家 ミロコマチコが、東北の人たちから聞いた野生動物にまつわるおはなし(あっちの耳)と、動物から見た創作のおはなし(こっちの目)を表と裏で対にして、広げてたのしむじゃばら式の絵本に仕立てました。紙芝居の前に座って、これからはじまる物語にワクワクするように、じゃばらをめくってパタパタ広げて、ぜひ声に出しで読んでください。

  • おふろのなかのジャングルたんけん

    おふろのなかのジャングルたんけん

    作/まつおかたつひで

    1,540 円(税込)

    おふろの中へもぐっていくと、進んだ先は、なんとジャングルの中。アマゾン川でであった男の子・アンドレスといっしょに、ぼくはジャングルたんけんにでかけた。アマゾン川には、どんなさかながいるのかな? 森の中にも、鳥に、動物に、昆虫……たくさんの生き物がすんでいるよ。ぼくとアンドレスの、ジャングルの中の大ぼうけん!

  • 動物会議

    動物会議

    作/エーリヒ・ケストナー
    絵/ヴァルター・トリアー

    2,750 円(税込)

    第二次大戦が終わり、各国の首脳たちは世界平和を維持するために国際会議を重ねていますが、成果があがりません。それを見て怒った動物たちは、自分たちで会議を開き人間たちに平和の道を示そうとします。動物たちのスローガンはただ一つ「子どもたちのために!」です。どういう会議になるのでしょうか。

  • ふたりはしんゆう

    ふたりはしんゆう

    作/アーノルド・ローベル

    4,070 円(税込)

    ふたりきりで すわっている かえるくんと がまくんは、しんゆうでした。― 日本で誕生してから50年。『ふたりはともだち』『ふたりはいっしょ』『ふたりはいつも』『ふたりはきょうも』4冊の大判合本。贈り物にも。

  • 堀内誠一 絵の世界

    堀内誠一 絵の世界

    著者/堀内事務所(監修)

    2,750 円(税込)

    めくるめく創作の世界を生きた絵本作家・堀内誠一。初期から晩年までの絵本作品の変遷を追うとともに、子ども時代のスケッチやデッサン、世界中を旅して描いた絵手紙、手描きの地図、挿絵の仕事など、「描く人」の豊かな創作の世界の魅力を探る。生誕90年記念全国巡回展公式図録。

  • やぁだ!

    やぁだ!

    作/マルリョケ・ヘンリヒス

    1,650 円(税込)

    なんでも「やぁだ!」なこうさぎは、ママになにをいわれても「やぁ――だ!」。

  • 海峡のまちのハリル

    海峡のまちのハリル

    作/末沢寧史
    絵/小林豊

    2,970 円(税込)

    ときは、いまから百年まえ。かつて世界の中心といわれたオスマン帝国が黄昏の時代を迎えていた。その都である〈海峡のまち〉で、トルコ伝統のマーブリング紙「エブル」をつくる職人の孫ハリルと日本人の貿易商の息子たつきが出会う。

  • スープとあめだま

    スープとあめだま

    作/ブレイディみかこ
    絵/中田いくみ

    1,870 円(税込)

    おねえちゃんに誘われてホームレスを助けるシェルターに行った。雪の路上で毛布にくるまっている人。「え、死んでる…?」 ブレイディみかこさんと中田いくみさん、『ぼくイエ』コンビによる絵本。

  • ほっきょくで うしをうつ

    ほっきょくで うしをうつ

    作/角幡唯介
    絵/阿部海太

    1,870 円(税込)

    「10年前、私は食べるためにはじめて生きた動物を殺した。そのときの鳴き声が今も耳にのこっている」 角幡唯介(探検家)

  • くじらの子

    くじらの子

    作/石川梵(文・ 写真)
    絵/宮本麗 (写真)

    1,980 円(税込)

    インドネシアの東にあるレンバタ島。そこにはモリ1本でくじらを捕る伝統捕鯨の村、ラマレラ村があった。土地がやせていて農作物ができない村人がたよるのは「くじら漁」だけ。村のヒーローともいえる「くじらとり」を夢見る少年の物語。

  • チキカングー

    チキカングー

    作/樋勝朋巳

    1,045 円(税込)

    トントントトトン トントントトトン、誰かがたいこをたたいています。「なかまにいれて」 仲間がひとり増えました。トントンポコポコ トントンポコポコ、ふたりでたいこをたたいていると、「なかまにいれて」 またひとりやってきました。トントンポコポコペタペタ トントンポコポコペタペタ・・・・・・さあ、次は!?

  • その本は【再入荷次第発送】

    その本は【再入荷次第発送】

    著者/又吉直樹、ヨシタケシンスケ

    1,650 円(税込)

    本の好きな王様がいました。王様はもう年寄りで、目がほとんど見えません。王様は二人の男を城に呼び、言いました。「わしは本が好きだ。今までたくさんの本を読んだ。たいていの本は読んだつもりだ。しかし、目が悪くなり、もう本を読むことができない。でもわしは、本が好きだ。だから、本の話を聞きたいのだ。

  • クマのプーさんのむかしむかし

    クマのプーさんのむかしむかし

    作/ジェーン・リオーダン
    絵/マーク・バージェス

    2,640 円(税込)

    1926年に出版された『クマのプーさん』の物語よりも前にあったことを中心に描いた10の物語で、公式の過去編「プリクエル(前日譚)」です。クマのプーさんが幼いクリストファー・ロビンのためにデパートで買われる前の世界にようこそ!

  • しんぴんよりもずっといい

    しんぴんよりもずっといい

    作/ロバート・ブローダー
    絵/レイク・バックリー

    1,650 円(税込)

    「たすけてー!」 チリの海で遊んでいたイシドラとフリアンは泣き声を聞きました。それは捨てられた漁網に絡まったアシカの悲鳴でした。海の友だちを自由にしてあげたふたりは、この網をどうしたらいいか考えます。そして巣を作っていた鳥の助けを借りて、それをもう一度役立つものにリサイクルします。それは「しんぴんよりもずっといい」ものでした。

pagetop
×