スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

絵本

女と男のちがいって? あしたのための本 (4)

9784251014344

女と男のちがいって? あしたのための本 (4)

作/プランテルグループ
訳者/宇野和美
絵/ルシ・グティエレス
出版社/あかね書房
サイズ/48ページ 22*19cm
発行(年月)/2019年7月

販売価格 ¥ 1,944(本体 ¥1,800)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

女と男は不平等?

女は弱い? 男はえらい? 女と男って何が違う? 女と男は、体のつくりが違う。でも、それ以外には、どうだろう?

本書では、男女の違いがどうして、どこからくるのかを、ユニークなイラストと共に説明する。男のほうが女よりえらいなんてことは、本当にあるのだろうか? 女と男が平等な社会とは、どんな世の中だろう?

 「男が、さしずするのにむいているわけではないし、
  女が、したがうようにうまれてきたわけでもない」  

時代を超え、国を超えて、今を生きる子どもたちに、社会について考えることを鋭く問いかけるスペイン発の美しい絵本「あしたのための本」シリーズ全4巻の1冊。日本語版巻末には、社会学者・金野美奈子氏によるオリジナルコラム「ひとりひとりが社会のあしたをつくる」を掲載。

tumblr

pagetop
×