スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

回復まで 新装版

9784622088806

回復まで 新装版

著者/メイ・サートン
訳者/中村輝子
出版社/みすず書房
サイズ/312ページ 19*13cm
発行(年月)/2019年11月

販売価格 ¥ 3,850(本体 ¥3,500)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料520円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

庭のことを考えていると、気持ちが鎮まる。

66歳から67歳にかけての1年間(1978-79)は、サートンにはつらい年だった。パートナーとの別離、小説『総決算の時』への悪意ある酷評、乳がんの手術、ふっきれない鬱状態。しかし、「惜しみなく与える」友人たちがいて、小さな命にみちた静謐な自然があり、読書と、愛読者たちの手紙に支えられて、彼女は「あるがままの自分」を受け入れることを学ぶ。そして孤独を深めながら、ゆっくりと回復していく。

58歳時の『独り居の日記』にはじまり、『70歳の日記』『74歳の日記』『82歳の日記』へと連なるなかで、本書は、自らを「回復させられるかどうか、やってみる」ために、と冒頭で決意し、再開した日記である。


  「会いにいけばかならず、わたしは彼女の勇気、
  暮らしのなかの小さな創意工夫、
  なにごとに対しても誠実な大きなヴィジョンに
  励まされて帰る」


  「痛みや辛い体験が相手に完全に
  理解されていると感じられるとき、
  自然に笑いは生まれる。
  理解されていないと感じれば、笑うことはできない。
  そして怒りがとって替わる。
  自己憐憫も生まれる。それがわたしにはこわい」


  「けっして癒やされない悲しみがあり、
  その悲しみを前にしておそらく唯一慰めとなるのは、
  その事実を認めることだろう。
  クリスティアーヌの頬を流れる涙を前に、
  わたしが思い出したのは、
  六か月間哀悼にくれ、それからダンスをして
  死者の魂と自分たちの魂を解放する
  プエブロ・インディアンのことだった」


- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『独り居の日記 新装版』 
『70歳の日記』  
『74歳の日記』 

tumblr

pagetop
×