スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

遺言  対談と往復書簡

9784480435316

遺言  対談と往復書簡

著者/石牟礼道子、志村ふくみ
出版社/筑摩書房
サイズ/304ページ 15*10.5cm
発行(年月)/2018年9月

販売価格 ¥ 1,026(本体 ¥950)

購入数 

カートに入れる

この本一冊のみのご注文の場合、
送料185円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

生類の都は いずくなりや

 石牟礼:今しないと、だめですね。
 志村:やっぱりそうですね。
 石牟礼:もう間に合わない。


東日本大震災後、自らの仕事の根本が揺らぐように感じた染色家・志村ふくみが、長年交流のあった作家・石牟礼道子へ手紙を送ってはじまった往復書簡。ちょうどその時、石牟礼は生涯最後の作品として新作能「沖宮」を構想しているところだった。


 石牟礼:あの色を見て、これだと思った。・・・(中略)
 その場面でどんな衣装を着せようかと。
 沖に向かってゆくあやを
 村の人たちが涙を浮かべながら
 「よかところに行こうぞ」と拝む場面に
 ふさわしい色の衣を着せたい。
 「沖宮」の、終わりの場面は、死ぬんじゃないですよ。
 「沖宮」というのは命の生まれるところ。


「沖宮」のメイキングストーリーとしても読める本書は、石牟礼道子と志村ふくみ、ふたりが新しいよみがえりを祈り紡いだ、次世代への鋭いメッセージ。往復書簡と二度の対談、遺作となった「沖宮」を収録。


 志村:言葉の内実となる豊穣な世界を失ってしまっているから、
 言葉そのものが生きなくなって、
 宙に浮いてしまっている。
 目に見えるものしか見ていない、
 感じない世の中になっている。


 志村: それで私は、手が一番大事だ、手だ、ということを言ったんです。
 手こそが物を考えて、物を言う。
 手が先に動くんです。手が魂を伝えるんです。
 石牟礼: そうです、そうです。手で考えているんです。
 ほんと、手を使わなくなりました。

tumblr

pagetop
×