スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

アルテリ 九号

CH014-005

アルテリ 九号

著者/田尻久子(責任編集)
出版社/アルテリ編集室
サイズ/176ページ 21*14.5cm
発行(年月)/2020年2月

販売価格 ¥ 1,100(本体 ¥1,000)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

自分の頭で考えるということ

熊本発の文芸誌「アルテリ」九号、巻頭は谷川俊太郎さんの詩「どこ?」。表紙から詩がはじまります。渡辺京二さん二万字インタビュー第三弾も掲載。


  男 「死にたいです」
  僕 「一人?」
  男 「はい」
  僕 「仕事は?」
  男 「してます。
     でも行きたくないです」
  僕 「じゃあ明日まず休もう」



  「今はなにか抽象的で、
  曖昧な言い方になってね。
  「---的には」なんて
  学者のなり損ないみたいな
  言い方をする。むかしの庶民は
  「---的」なんて絶対に言わなかった。
  それに対して、自分だけは
  そういう話し方はしまい、
  お役所言葉は使わないぞ、
  絶対にと覚悟することが、
  自分であることなんです」



<目次より>
どこ?   谷川俊太郎
戯曲 いのっちの電話   坂口恭平
猫はどこにいる   吉本由美
パパ猫りん   石牟礼道子
土手ノ内   平田洋介
オレンジ色の毛玉   田尻久子
あめつちのことづて   豊田有希
山羊   磯あけみ
海と祝祭   阿部圭吾
狂う   浪床敬子
渡辺京二2万字インタビュー #3   アルテリ編集室

- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『アルテリ 六号』 
『アルテリ 七号』 
『アルテリ 八号』 

tumblr

pagetop
×