スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

アルテリ 十号

CH014-006

アルテリ 十号

著者/田尻久子(責任編集)
出版社/アルテリ編集室
サイズ/176ページ 21*14.5cm
発行(年月)/2020年8月

販売価格 ¥ 1,100(本体 ¥1,000)

只今品切れ中です。

この本一冊のみのご注文の場合、
送料210円にてお届けいたします。
※代引きでのお支払いの場合、また他の本と複数冊でのご注文の場合の送料はこちら

人生の浄福のひとつです

熊本発の文芸誌「アルテリ」十号、谷川俊太郎さんが石牟礼道子さんと「空想の対詩」を試みる。他にも『苦海浄土』を世に出した頃の石牟礼さんインタビューや、岡田利規さんのエッセイなど。


「あの、感受性の質みたいなものが現代人は雑になってるでしょ。五感が。手のひらで感じるのも、足の裏で感じるのも、嗅覚にしても、何か風などを耳たぶに感じるのなんか雑になっているでしょ。だからそれを何とか蘇らせる。文字だけでもと。」(「石牟礼道子、語る」 冨崎哲)

「抽象画ばかり描いていた僕は、気づいたら、毎日、畑までの道の風景を描くようになっていた。自分がこの目で見た風景、忘れたくない風をどうにか現してみたい。畑を始めたことで絵に対する思いも変化した。」(「畑までの道」 坂口恭平)


「国が認めてくれなくても、社会に認めたくない人がいたとしても、彼らは家族だ。」(「家族になる」 田尻久子)


<目次より>
『アルテリ』創刊始末   渡辺京二
石牟礼道子、語る   冨崎哲
石牟礼道で石蹴り   石牟礼道子×谷川俊太郎
ぬりえとたしえ   黒田征太郎
パラレル・ワールドで読書し、献立を考えている。   岡田利規
家族になる   田尻久子
ゲイの人生   ゆうた
畑までの道   坂口恭平
とりとめもなく   磯あけみ
私たちの部屋   桂
線虫と箱 島田真祐徒然   島田有子
「ヤマコー」と見た幻   浪床敬子

- - - - - - - - - - - - - - - -
<関連書籍>
『アルテリ 六号』 
『アルテリ 七号』 
『アルテリ 八号』
『アルテリ 九号』 

tumblr

pagetop
×