スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • ホロコーストからガザへ

    ホロコーストからガザへ

    著者/サラ・ロイ

    2,860 円(税込)

    パレスチナ問題を経済学的に分析する著者が、イスラエルの占領実態と国際社会の援助の行方を明らかにする。ホロコースト生存者の娘という出自から問う、人間の記憶と倫理への思考。2009年3月の講演等をもとに編集。

  • ガザに地下鉄が走る日【再入荷次第発送】

    ガザに地下鉄が走る日【再入荷次第発送】

    著者/岡真理

    3,520 円(税込)

    現代の強制収容所と言われるパレスチナ・ガザ地区。移動の自由はなく、物資は制限され、ミサイルが日常的に撃ち込まれる。長年パレスチナと関わり続ける著者が、絶望的な状況でなお人間的に生きる人びととの出会いを伝える。

  • ガザとは何か パレスチナを知るための緊急講義【再入荷次第発送】

    ガザとは何か パレスチナを知るための緊急講義【再入荷次第発送】

    著者/岡真理

    1,540 円(税込)

    緊急出版!ガザを知るための「まず、ここから」の一冊。

  • ピアノより大きなピアニスト

    ピアノより大きなピアニスト

    著者/武藤洋二

    4,950 円(税込)

    ロシアの伝説的ピアニスト、マリーヤ・ユーディナは、苦しむ人に金も時間も使い、赤貧で病身。ソヴェト体制の要注意人物だった。良寛、宮沢賢治、ベートーヴェンなどの〈群像〉とともにユーディナの生き方を描く。

  • 所有とは何か

    所有とは何か

    著者/ピエール=ジョゼフ・プルードン

    1,518 円(税込)

    「所有とは盗みである」という命題を提示し、「最も数が多く最も貧しい階級の物質的・道徳的・知的境遇を改善する手段」とともに理想の社会を展望する。実力派の研究者が手がけた社会哲学の古典を新訳。

  • 根っからの悪人っているの?

    根っからの悪人っているの?

    著者/坂上香

    1,760 円(税込)

    映画『プリズン・サークル』は、日本で1か所だけ、刑務所の中で行われている「TC(回復共同体)」という対話による更生プログラムを、20 代の受刑者4 人を中心に2 年間記録したドキュメンタリー。本書は、この映画を手がかりに、著者と10 代の若者たちが「サークル(円座になって自らを語りあう対話)」を行った記録である。

  • 世界への信頼と希望、そして愛

    世界への信頼と希望、そして愛

    著者/林大地

    4,180 円(税込)

    ハンナ・アーレントの主著「活動的生」について、「世界」概念を主軸に、労働・制作・行為などのキーワードとともに、死・可死性・不死性・記憶・忘却といった視座から読み解く。アーレントの著作全体の核心に近づく試論。

  • よっちぼっち

    よっちぼっち

    著者/齋藤陽道

    2,200 円(税込)

    手話をことばとして生きる写真家・齋藤陽道さんの人気連載が一冊になりました。齋藤さんは「聞こえる家族」に生まれたろう者、妻のまなみさんは「ろう家族」に生まれたろう者。そんなふたりの間には、聞こえる子どもがふたり――。

  • 永瀬清子詩集

    永瀬清子詩集

    著者/永瀬清子、谷川俊太郎(選)

    1,155 円(税込)

    妻であり母であり農婦であり勤め人であり、それらすべてでありつづけることによって詩人であった永瀬清子(1906-95)。いわば「女の戦場」のただ中で書きつづけた詩人の、勁い生命感あふれる詩と短章。茨木のり子よりずっと早く、戦前から現代詩をリードしてきた〈現代詩の母〉のエッセンス。

  • 『忘れられた日本人』をひらく

    『忘れられた日本人』をひらく

    著者/畑中章宏、若林恵

    1,760 円(税込)

    いまなお読み継がれる宮本常一の名著『忘れられた日本人』。そこに描かれた愛すべき日本人の姿から「民主主義の日本的起源」をさがす、寄り道だらけの対話篇。

  • 大阪の生活史

    大阪の生活史

    著者/岸政彦(監修)

    4,950 円(税込)

    150人が語り、150人が聞いた大阪の人生。大阪に生きる人びとの膨大な語りを1冊に収録した、かつてないスケールで編まれたインタビュー集。

  • WE ARE LEARNING #こわがらなくていい世界へ

    WE ARE LEARNING #こわがらなくていい世界へ

    著者/Sakumag、佐久間裕美子

    1,650 円(税込)

    佐久間裕美子さんと読者によるSakumag Collective出版プロジェクト第5弾は、「#こわがらなくていい世界へ SakumagStudy & Chat Collection / ジェンダー」。

  • あなたの木陰

    あなたの木陰

    著者/萩尾エリ子

    1,870 円(税込)

    「蓼科ハーバルノート・シンプルズ」は、森の中にある小さなハーブ店。店主の萩尾エリ子さんの、やさしく語り掛けるような文章が人気の連載に、新規コラムを加えて1冊にまとめました。蓼科の美しい写真も必見です。

  • 中島デコのサステナブルライフ

    中島デコのサステナブルライフ

    著者/中島デコ

    1,980 円(税込)

    千葉県いすみ市の古民家に移住して24年。米や野菜を無農薬で作り、オーガニックカフェや宿を営むマクロビオティック研究家が、豊富な自然の中で5人の子を育て、多くの若者達と共に自給自足的生活を続けてきた暮らしを綴る。

  • 出西窯と民藝の師たち

    出西窯と民藝の師たち

    著者/多々納弘光

    2,200 円(税込)

    民藝を志す共同体として。

pagetop
×