スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • 幼年の色、人生の色

    幼年の色、人生の色

    著者/長田弘

    2,592 円(税込)

    詩人・長田弘さんみずから最後に編んだ、自選エッセー集。
    「そのとき何を考えていたか覚えていなくとも、そのときそのときじぶんをつつんでいた時間の色あいは、後になればなるほど、じぶん自身の人生の色として、記憶のなかにますますあざやかになる。世界が色として現われてのこるのが、わたしたちが人生とよぶものの相ではないのだろうか。」

  • 独り居の日記 新装版

    独り居の日記 新装版

    著者/メイ・サートン

    3,672 円(税込)

    詩人・小説家、メイ・サートン。失意の底にあった彼女は、未知らぬ片田舎へ引っ越した。世間の思惑を忘れ、ひたすら自分の内部を見つめ、新たな出発をしようと。五十八歳のサートン、一年間の記録である。

  • かぼちゃを塩で煮る

    かぼちゃを塩で煮る

    著者/牧野伊三夫(絵と文)

    1,404 円(税込)

     歩きながら描きかけの絵のことを考えたりするのだが、
     気づくといつも、お昼と夜に何を食べようかと考えている。

    食いしん坊画家・牧野伊三夫さんは、何をどう好み、如何に食べてきたか。いわしの酢じめ、砂肝パクチー、チンジャオロースの作り方から、野菜の干し方、炭火の使い方、まずいまぐろのおいしい食べ方まで。文章と画で綴られる美味探求の記。

  • foodremedies のお菓子

    foodremedies のお菓子

    著者/長田佳子

    1,512 円(税込)

    フードレメディのお菓子は、国産の小麦粉を使い、きび砂糖、米油などを使った、体に負担をかけないお菓子です。さらに、ハーブ、スパイスを使い、香り、色で、癒されるよう工夫をしています。レメディ(remedies)とは、「癒す」 「療法」の意味。こころと体に優しく寄り添えたら、という想いでつくるお菓子。

  • バターを使わない。クッキー/マフィン/チーズケーキ

    バターを使わない。クッキー/マフィン/チーズケーキ

    著者/高吉洋江

    1,404 円(税込)

    神奈川県で少人数制のお菓子教室「tiroir(ティロワール)」を主宰する高吉洋江さんは、岡山県のご出身。バター不足が起こった頃、生徒さんがご自宅でもまた作れるようにと、米油、菜種湯などの植物油のお菓子も紹介するようになったそう。

  • 白崎茶会のあたらしいおやつ

    白崎茶会のあたらしいおやつ

    著者/白崎裕子

    1,512 円(税込)

    マフィン、パウンドケーキ、クッキー、チーズケーキ、蒸しパン、パンケーキ・・・。
    焼き菓子&ケーキが50品。
    ふわふわ、どっしり、サクサク、とろーり。
    小麦粉、卵、バターを使わずとも「おいしい!」秘密、伝授します。

    誰でもおいしく作れるように、
    ひと目で流れがわかる材料、工程、コツをまとめています。

  • 夕方5時からお酒とごはん

    夕方5時からお酒とごはん

    著者/伊藤まさこ

    1,620 円(税込)

    お酒は家で飲むのも、外で飲むのも大好き。スタイリスト・伊藤まさこさんの、手軽にできて簡単、おいしい43のレシピとエッセイ。
    慌ただしい毎日でも、たまには夕方5時から気負わない料理を用意して、家族や仲間と、ときにはひとりでお酒を楽しむ。そんな時間があっていい。

  • まぁまぁマガジン22号

    まぁまぁマガジン22号

    1,080 円(税込)

    2年半ぶりの『マーマーマガジン』22号が、誌名も変わり大リニューアル! その名は『まぁまぁマガジン』。詩とインタビューの本です。編集長・服部みれいさんが、今いちばん興味のあることを中心に「服部みれいがZINEをつくったら」というコンセプトで、一冊の雑誌をつくりあげました。

  • ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号

    ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号

    1,620 円(税込)

    ミシマ社の雑誌 第二弾!
    景気や政治や時代にふりまわされることなく育ちつつある「未来の小さな形」を、「食」と「会社」という切り口から追う。カンパニー(一緒に食べる)、複業・百姓(百の仕事)、地方(じかた)、手作り......希望の「今」がここに。

    もともと、会社というのは、鷲田清一さんのことばを借りれば「食をともにする」ために人類が産み出した共同体のはずです。

  • トラネコボンボンのおもてなし

    トラネコボンボンのおもてなし

    著者/中西なちお

    1,620 円(税込)

    トラネコボンボンは、旅するレストラン。開店場所は決まっていません。穀物と野菜を中心に、季節や場所にあわせていろんな国の料理店に変わります。

    洋食屋、サーカスの売店、市場のお菓子売り、アフリカ料理店、アジアの屋台、街角のサンドイッチ屋、ロシアの列車の車内食堂・・・。旅気分も愉しめる、野菜メインのヘルシーで個性的な料理は、どんな人にも喜ばれる美味しさ。

  • 菜食菓子店

    菜食菓子店

    著者/ミトラカルナ(編)

    1,512 円(税込)

    アレルギーを持っている人も、そうでない人も。菜食の人も、そうでない人も。ミトラカルナさんの焼き菓子は、みんなが一緒に食べられる。楽しくておいしくて、ちょっとウキウキするお菓子、どうぞ召し上がれ。

  • ビスケ、クッキー、マフィン

    ビスケ、クッキー、マフィン

    作/kinaco

    1,512 円(税込)

    卵と乳製品を使わない、kinaco(きなこ)の焼菓子。その最大の特徴は、ベースに塩麹を使うこと。ほんのりとした塩気が甘さを引き立てるだけでなく、日が経つにつれ、通常なら油が酸化する焼菓子が、時間をおくことでおいしさが増すと言います。

    定番のビスケ(スコーンよりカジュアル、ホットビスケットより食べ応えあり、のkinacoオリジナル焼菓子)、クッキー、マフィンの基本の作り方をマスターしたら、

  • りんごのお菓子

    りんごのお菓子

    著者/若山曜子

    1,512 円(税込)

    身近なくだもの、りんごが、手軽に揃う材料で48変化! りんごのオープンサンドやりんごのマリネなど、朝にサッとつくれる簡単レシピ。りんごバターやコンポートなど、さまざまなお菓子にアレンジできるりんごのつくりおき。りんごのキャラメルケーキやタルトタタンなどの焼き菓子も。

  • ブラウンズフィールドの丸いテーブル

    ブラウンズフィールドの丸いテーブル

    1,620 円(税込)

    ブラウンズフィールドは、昔ながらの知恵をヒントに、自然に寄り添うサスティナブルな暮らしのあれこれや、季節をまるごといただく豊かな食を伝える場所。農園でオーガニックな米と野菜を育て、醤油や味噌等の発酵食品を手作り。玄米菜食料理を、カフェや宿泊施設で提供しています。五感で感じ、考え、自分ができる持続可能な暮らしへシフトしようと、さまざまな学びの場を提供しています。

  • 月のこよみ 2017

    月のこよみ 2017

    著者/相馬 充(監修)

    972 円(税込)

    2017年365日の月の満ち欠けが、この一冊でわかります。月の呼び名、旧暦、二十四節気、潮の干満、毎日の月の出没時刻も。夜空を見上げるために役立つ情報が満載です。

tumblr

pagetop
×