スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • 秋山佳胤のいいかげん人生術

    秋山佳胤のいいかげん人生術

    著者/秋山佳胤

    1,512 円(税込)

    『マーマーマガジン for men』創刊号にて大反響を呼んだ「不食」の弁護士、秋山佳胤さんのエッセイ集。「常識」をかろやかに超えていくヒントがたっぷりと詰まっています。「いいかげん」は「良い加減」。来るべきあたらしい時代を、より自由に、より調和的に、よりすこやかに人生を味わいたいすべての方に贈る、新時代のアイデア集です。

  • あたらしい自分になる 増補版

    あたらしい自分になる 増補版

    著者/服部みれい

    734 円(税込)

    からだの不調、人間関係の悩み、先の見えない不安。
    「あたらしい自分」に生まれ変われたら、どんなにいいだろう?
    もっと軽やかに甘く生きるための、具体的なヒントが満載。
    マーマーマガジン編集長・服部みれいさんの代表作。
    心身や身の回りを変えれば、世界が変わる。

  • 岡山はおだやか。

    岡山はおだやか。

    著者/岡本仁・坂口修一郎

    1,620 円(税込)

    「もしかしたら岡山は旅行先としては
     地味と感じる人がいるかもしれません。
     でも一度でもこのおだやかな土地に魅了されると、
     何度でも通いたくなる場所です。」

  • イッタイゼンタイ

    イッタイゼンタイ

    著者/吉田篤弘

    864 円(税込)

    とにかくなおしたい。無差別に徹底的に。「修繕衝動」に襲われた「なおし屋」と呼ばれる男たちは、「第二次世界修繕」以来の戦いを開始した。そんな彼らに怪しい影が忍び寄る。「オオモノ」が組織した十人の女たちだ。ものを「つくる」彼女たちにとって、男たちの修繕行為は大量殺戮に等しい。ものが売れなくなり仕事を失うからだ。女たちは驚きの策で対抗するーー。前代未聞の戦争の行方は!?

  • ささたくや サラダの本

    ささたくや サラダの本

    著者/ささたくや

    2,376 円(税込)

    高知・四万十在住、TABI食堂やmurmur magazineでおなじみ、ささたくや さんのレシピ本。五感が喜ぶ酵素たっぷり&ハイエナジーなネオ・サラダや、スープ、グリーンスムージー、つくりおきレシピ、多彩なディップなど、54のレシピを収録。

  • 言葉が鍛えられる場所

    言葉が鍛えられる場所

    著者/平川克美

    1,620 円(税込)

    言葉はあまりにも便利で、そして、あまりにも無力だ。著者・平川克己さんが吉本隆明、谷川俊太郎、小池昌代、吉野弘といった詩人たちの作品や向田邦子、池澤夏樹など、さまざまな「言葉」にフォーカス。「言葉」が指示しているものや意味について、というより、「言葉」が隠蔽しようとしているものが何かについて考える。

  • うかうか 創刊号

    うかうか 創刊号

    作/うかうか編集部

    540 円(税込)

    『うかうか』創刊号。
    特集は、「うむ・うまない ほんとに聞いてみたいこと」。

    実際に子育てしながらお仕事しているひと、
    週末里親として子どもと暮らすひと、
    産婦人科医、霊長類学者、社会学者、カフェオーナーほか、
    いろんなひとに、聞いてみました。

  • murren vol.19

    murren vol.19

    作/若菜晃子

    540 円(税込)

    「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な 自然や山をテーマにした小冊子『mürren(ミューレン)』。山に登ったことのないひとでも、自然の中に一緒に身を置いているかのような、親しさと清らかな空気にあふれた本。

  • 須賀敦子の手紙

    須賀敦子の手紙

    著者/須賀敦子

    3,078 円(税込)

    エッセイストで翻訳家の須賀敦子さん。
    夫と死別し、日本に帰国した須賀さんは、
    深い孤独の中で、生涯の友と出逢う。

    四半世紀にわたって続いた、友人との手紙のやりとり。
    その中には、普段の作品にはなかなか見られない
    須賀さんの迷いや悩みが、素直なことばで綴られている。

  • わたしらしく働く!

    わたしらしく働く!

    著者/服部みれい

    1,512 円(税込)

    自分らしく働くには、コツが要る。駆け出し編集者から、マーマーマガジンを立ち上げるまでの著者の波乱万丈奮闘記ですが、それだけに終わらない、新しい時代の働き方論。
    「仕事は はっきりいって おもしろい」

  • マーマーマガジン for men 第2号

    マーマーマガジン for men 第2号

    著者/服部みれい

    756 円(税込)

    ホリスティックな生き方を教えてくれる新しい男性誌『マーマーマガジン for men』、第2号の特集は「A to Zで学ぶパーマカルチャー 超入門」。目次より「Architecture 建造物 | Book 本 | Compost コンポスト | Donation & Gift Economy ドネーションとギフト経済 | Electricity テンダーさんに聞く、電気とわたしたちの暮らし・・・」

  • つるとはな 第3号

    つるとはな 第3号

    著者/岡戸絹江(編集人)

    1,404 円(税込)

    年上の先輩の話を聞く雑誌、『つるとはな』。
    <第3号 目次より一部抜粋>
    ・「梅干し先生」藤巻あつこさん(94歳)。 73年間、毎年200キロ漬けてきた梅。
    ・伝説のジャズシンガー、シーラ・ジョーダン(87歳)。今まさに黄金期。
    ・お茶するときは、ひとりで甘味屋さんへというのもいいんじゃない?
    ・ロンドン「リビングストン・スタジオ」オーナー、ケイトとインゲは性格が正反対。

  • ちっちゃな科学

    ちっちゃな科学

    著者/ちっちゃな科学
    作/かこさとし ・ 福岡伸一

    864 円(税込)

    絵本作家 かこさとしさんと、生物学者 福岡伸一さん。
    子どもたちの理科離れを憂うお二人が、
    「真の賢さ」とは何かを考える対談集。

  • 18歳からの民主主義

    18歳からの民主主義

    作/岩波新書編集部

    907 円(税込)

     国民が選挙の時に、政党や政治家が提出する政策提言を
     採点するだけでは情けない。
     全員がこんな世の中にしたいと望んでいることを
     日常の生活の場で精一杯の大声で互いに叫び合うことです。

     むのたけじ「幼少青壮老の五連帯で」 より

    はじめて投票に行くひと、
    「どうせ・・・」としばらく行っていないひと。
    これは、そんなみんなのための本。

  • わがや電力

    わがや電力

    著者/テンダー

    1,944 円(税込)

    「きみが落ち着く明るさは、どのくらいだろう?
     きみが心地よい気温は、何℃くらいだろう?」
    自分にとってのちょうど良さを知ること。“普通はこれくらいだ”に惑わされず、自分自身が生きるために必要なエネルギーの量を知ること。

tumblr

pagetop
×