スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • ふつう

    ふつう

    著者/深澤直人

    2,530 円(税込)

    プロダクトデザイナー深澤直人さんが考え続ける「ふつう」の本質。「ふつう」をテーマにデザインをする深澤直人さんは、15年におよぶ連載「ふつう」の中で、皿、カトラリー、グラス、カッター、イス、クルマ、犬、音楽、歌番組、蕎麦、制服、みやげもの、高層ビル、川、人の表情・・・と、生活の中にあるさまざまなものや、自身が具体的に体験したことを起点に、「ふつう」を掘り下げてきました。

  • いのちは のちの いのちへ

    いのちは のちの いのちへ

    著者/稲葉俊郎

    1,760 円(税込)

    「医師」という枠では収まらない元東大病院医師、稲葉俊郎氏。「対話」や「場づくり」をキーワードに、従来の病院のあり方や病気の考え方だけでは解決しない、補完し合う存在としての「新たな医療」や私たち自らが関わっていく「医療的な場」とはなにかを考えます。

  • セルフケアの道具箱

    セルフケアの道具箱

    著者/伊藤絵美
    絵/細川貂々

    1,760 円(税込)

    ストレスがたまって苦しい、人間関係で疲弊している、先行きが不安で眠れない…。こうしたメンタルの不調から回復する近道は、自分で自分を上手にケアすること。カウンセリング歴30年の著者が、その経験を活かし、セルフケアの技法を惜しみなく伝授。ストレスマネジメント、認知行動療法、コーピング、マインドフルネス、スキーマ療法などの理論をもとに、可能なかぎり専門用語を使わずに紹介する決定版ワークブック。

  • 世界 2020年8月号

    世界 2020年8月号

    935 円(税込)

    ■特集1 グリーン・リカバリー

  • ワイルドサイドをほっつき歩け

    ワイルドサイドをほっつき歩け

    著者/ブレイディみかこ

    1,485 円(税込)

    中高年たちの恋と離婚、失業と抵抗。絶望している暇はない。EU離脱の是非を問う投票で離脱票を入れたばっかりに、残留派の妻と息子に叱られ、喧嘩が絶えないので仲直りしようと漢字で「平和」とタトゥーを入れたつもりが、「中和」と彫られていたおっさんの話…。

  • バウルを探して〈完全版〉

    バウルを探して〈完全版〉

    著者/川内有緒
    絵/中川彰(写真)

    2,530 円(税込)

    「あなたの中にすでにバウルがいるのだよ。こうして私を探しに来たのだから」

    ベンガル地方で歌い継がれ、今日も誰かが口すざむバウルの歌。ベンガルの行者バウルは「魂の歌い手」と呼ばれ、その歌と哲学はタゴールやボブ・ディランにも大きな影響を与えた。本作は、何百年もの間、師弟相伝のみで伝統が受け継がれてきた、バウルの謎と本質に迫ったノンフィクション。

  • 暗やみの中で一人枕をぬらす夜は

    暗やみの中で一人枕をぬらす夜は

    著者/ブッシュ孝子

    2,090 円(税込)

    「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は
    息をひそめて
    私をよぶ無数の声に耳をすまそう
    ……夜の闇にこだまする無言のさけび
    あれはみんなお前の仲間達
    暗やみを一人さまよう者達の声
    沈黙に一人耐える者達の声
    声も出さずに涙する者達の声」
    (本文より)

  • 誰も気づかなかった

    誰も気づかなかった

    著者/長田弘

    1,980 円(税込)

    詩人の没後五年を機会に、書き残しながら本にまとまらずに終わった断章の連作「誰も気づかなかった」と、「夜の散文詩」シリーズの5篇を小さな本として刊行。


    「本があった。
     しかしそれが本だと、
     ここにいる誰も、気づかなかった。
     本は読まれなかったからである。」

  • サルデーニャの蜜蜂

    サルデーニャの蜜蜂

    著者/内田洋子

    1,870 円(税込)

    イタリアの日常に潜む美しいもの。イタリア在住40余年の著者が描く、あまりにドラマチックな15話。ルネサンス時代から続く港町で、ペストの時代の感染との戦いに思いを馳せる『リヴォルノの幻』、サルディーニャ島でローマ時代から続く養蜂家一族の知られざる生を描く『香草』。代々本を行商してきた村人と、素朴で味わい深い食生活を描く『旨味』、極東で宣教する老牧師との対話を描く『聖痕』ほか深い人間模様を味わえる15

  • 治したくない

    治したくない

    著者/斉藤道雄

    2,420 円(税込)

    北海道、浦河。そこに、精神障害やアルコール依存をかかえる人びとのための小さなクリニックがある。開設から6年。「ひがし町診療所」がそれまでの精神科の常識をことごとく覆しながら踏み分けてきたのは、薬を使って症状を抑えるといった「いわゆる治すこと」とは別の、まったく新しい道だった。

  • 自由というサプリ

    自由というサプリ

    著者/いとうせいこう、星野概念、トミヤマユキコ

    1,650 円(税込)

    いとうせいこうと星野概念が参加者のお悩みに悩み続ける、人生相談トークショウ「青山多問多答」が本になりました。仕事、恋愛、人間関係、こころの保ちかた…。寄せられる相談に、ああでもないこうでもないと悩み続ける“寄合所”的イベント。「ゆるい」のに、辛い心をほぐすコツや、思いもよらぬ視点にハッとさせられるはず。精神科医・星野さんならではの、きちんとした精神医学のターム解説も。

  • 北欧の森のようちえん

    北欧の森のようちえん

    著者/リッケ・ローセングレン

    2,970 円(税込)

    自然は、子どもたちがさまざまなことを試しながら成長できる絶好の環境です。この本では、なぜ自然が子どもの発達のために健康的で刺激的な学習環境だと言えるのか、その理由に迫ります。

  • グレタ・トゥーンベリ

    グレタ・トゥーンベリ

    著者/ジェフ・ブラックウェル&ルース・ホブデイ(編)

    1,100 円(税込)

    この強さは、どこからくるのか? 世界を驚かせた若き活動家の素顔に迫る特別インタビュー。

  • 世界を変えるための50の小さな革命

    世界を変えるための50の小さな革命

    著者/ピエルドメニコ・バッカラリオ、フェデリーコ・タッディア
    絵/アントンジョナータ・フェッラーリ

    1,760 円(税込)

    環境破壊、貧困、スマホ依存、ウソ、偏見…。このまちがった世の中にガマンがならない? もしそう思ってるなら、文句なんか言ってるひまはない。行動するのはキミだ。同志を集めて革命団を結成し、世界をよりよく変える50の革命を起こせ!

  • 「居場所」のない男、「時間」がない女

    「居場所」のない男、「時間」がない女

    著者/水無田気流

    968 円(税込)

    現代日本に暮らす人々はある種の貧困に陥りやすい。仕事一本で家庭や地域に居場所を失う「関係貧困」の男性たち。生まれた時から進学、就職、結婚、育児、介護と期限に追われる「時間貧困」の女性たち。世界が平等を謳えども、いまだ両者の間には深い分断が存在する。

    「普通」の幸せは、本当に在るのか? 凝り固まった構造の歪みを今こそ丁寧に解きほぐす。

tumblr

pagetop
×