スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • 須賀敦子の手紙

    須賀敦子の手紙

    著者/須賀敦子

    3,078 円(税込)

    エッセイストで翻訳家の須賀敦子さん。
    夫と死別し、日本に帰国した須賀さんは、
    深い孤独の中で、生涯の友と出逢う。

    四半世紀にわたって続いた、友人との手紙のやりとり。
    その中には、普段の作品にはなかなか見られない
    須賀さんの迷いや悩みが、素直なことばで綴られている。

  • わたしらしく働く!

    わたしらしく働く!

    著者/服部みれい

    1,512 円(税込)

    自分らしく働くには、コツが要る。駆け出し編集者から、マーマーマガジンを立ち上げるまでの著者の波乱万丈奮闘記ですが、それだけに終わらない、新しい時代の働き方論。
    「仕事は はっきりいって おもしろい」

  • マーマーマガジン for men 第2号

    マーマーマガジン for men 第2号

    著者/服部みれい

    756 円(税込)

    ホリスティックな生き方を教えてくれる新しい男性誌『マーマーマガジン for men』、第2号の特集は「A to Zで学ぶパーマカルチャー 超入門」。目次より「Architecture 建造物 | Book 本 | Compost コンポスト | Donation & Gift Economy ドネーションとギフト経済 | Electricity テンダーさんに聞く、電気とわたしたちの暮らし・・・」

  • つるとはな 第3号

    つるとはな 第3号

    著者/岡戸絹江(編集人)

    1,404 円(税込)

    年上の先輩の話を聞く雑誌、『つるとはな』。
    <第3号 目次より一部抜粋>
    ・「梅干し先生」藤巻あつこさん(94歳)。 73年間、毎年200キロ漬けてきた梅。
    ・伝説のジャズシンガー、シーラ・ジョーダン(87歳)。今まさに黄金期。
    ・お茶するときは、ひとりで甘味屋さんへというのもいいんじゃない?
    ・ロンドン「リビングストン・スタジオ」オーナー、ケイトとインゲは性格が正反対。

  • ちっちゃな科学

    ちっちゃな科学

    著者/ちっちゃな科学
    作/かこさとし ・ 福岡伸一

    864 円(税込)

    絵本作家 かこさとしさんと、生物学者 福岡伸一さん。
    子どもたちの理科離れを憂うお二人が、
    「真の賢さ」とは何かを考える対談集。

  • 18歳からの民主主義

    18歳からの民主主義

    作/岩波新書編集部

    907 円(税込)

     国民が選挙の時に、政党や政治家が提出する政策提言を
     採点するだけでは情けない。
     全員がこんな世の中にしたいと望んでいることを
     日常の生活の場で精一杯の大声で互いに叫び合うことです。

     むのたけじ「幼少青壮老の五連帯で」 より

    はじめて投票に行くひと、
    「どうせ・・・」としばらく行っていないひと。
    これは、そんなみんなのための本。

  • わがや電力

    わがや電力

    著者/テンダー

    1,944 円(税込)

    「きみが落ち着く明るさは、どのくらいだろう?
     きみが心地よい気温は、何℃くらいだろう?」
    自分にとってのちょうど良さを知ること。“普通はこれくらいだ”に惑わされず、自分自身が生きるために必要なエネルギーの量を知ること。

  • ちゃぶ台 「移住×仕事」号

    ちゃぶ台 「移住×仕事」号

    著者/ミシマ社・編

    1,620 円(税込)

    新創刊の雑誌『ちゃぶ台』。自分たちの手で、自分たちの生活、自分たちの時代をつくる。今、生まれつつある未来の小さな形を「移住」「仕事」「農業」という切り口から探る。

  • CRAFT BAKERY

    CRAFT BAKERY

    著者/入江葵

    1,728 円(税込)

    美味しいパンを生み出すひとの手は、美しい。

    そう思いながら本書を読み進めていたら、
    帯の裏側に、職人の手の写真がずらり。
    壮観。

    美しい手の持ち主たちは、どんなひとで、
    どんな場所で、どんな想いでパンを焼いているのか。
    国内外61軒のパン屋やベーカリーカフェを丹念に取り上げた本、
    それが『 CRAFT BAKERY(クラフトベーカリー)』である。

  • murren  vol.18

    murren vol.18

    著者/若菜晃子

    540 円(税込)

    「街と山のあいだ」をコンセプトに、
    身近な自然と人間との関わりを綴る小冊子『ミューレン』。
    読むと、どこかに旅に出たくなるのです。
    それは海外だったり、電車に乗って行ける近くの山だったり。
    そして、自然の中を歩き回りたくなるのです。

    vol.18は、南米チリのアタカマ砂漠がテーマ。
    砂漠にも花は咲き、
    ひとは街をつくって日々を営み、
    おいしいパンを焼く職人がいます。

  • murren vol.17

    murren vol.17

    著者/若菜晃子

    540 円(税込)

    「街と山のあいだ」をコンセプトに、
    身近な自然と人間との関わりを綴る小冊子『ミューレン』。

    17 号の特集は「壺」。
    「壺」と「山」は一見、関係が薄いように思えますが、壺の多くは焼きものであり、
    その素材は土であり、山から採れた土を使って作られてきました。

  • 草木と手仕事

    草木と手仕事

    著者/石田紀佳

    1,500 円(税込)

    著者、石田紀佳さんは、美術工芸、手工芸のキュレーター。植物と人との関わりや、植物を巡る人の営みを深く掘り下げている方である。石田さんが親しんできた季節ごと43の植物と、それぞれの手仕事のレシピがまとめられたのが本書『草木と手仕事』だ。
    例えば、「みかん」の項。芥川龍之介の短編『蜜柑』にはじまり、縁起がいいと重宝された種ありみかんから、明治以降一気に普及した種子なしみかんへの変遷、陳皮や掃除用みか

  • 民主主義ってなんだ?

    民主主義ってなんだ?

    著者/高橋源一郎・SEALDs

    1,296 円(税込)

    特定秘密保護法の施行、集団的自衛権の行使容認、そして安全保障関連法案の強行採決・・・。政権の暴走に対して若者が立ち上がった。安保関連法案に反対する国会前抗議を毎週金曜日に主催し、話題の学生団体SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)と、作家・高橋源一郎さんが、「自由」と「民主主義」について語り合った対談集。
    自分のことばで考えること、自分のことばで伝えることの大切さを、SEALDsが教

  • SEALDs 民主主義ってこれだ!

    SEALDs 民主主義ってこれだ!

    著者/SEALDs 編著

    1,620 円(税込)

    どこかおかしくなってしまった日本の民主主義を、再起動したSEALDs。渦中にあって、一人ひとりの素顔と肉声を、メンバー自ら記録、撮影。編集、デザインまで手掛けた、ビジュアルドキュメント。
    「めんどくさくてもやらなきゃと思う。ちゃんと話しあったり政治に参加したりしないと、本当に社会はどんどん劣化していく」

  • わたしのヒント

    わたしのヒント

    著者/服部みれい

    1,512 円(税込)

    自分のニーズに気づくこと。しあわせになることを自分に許可すること。自分自身をたのしんで生きること。
    マーマーマガジン編集長・服部みれいさん最新刊。大人気メルマガ『服部みれいの超⭐私的通信ッ』を、いちごが、いちごジャムになるくらい(!)、大幅に加筆修正・再編集した軽やかなエッセイ集。新しい時代に、本来の自分を輝かせて、甘やかに生きるための知恵の数々が、この本を手にする、ひとりひとりの「わたし」のヒ

tumblr

pagetop
×