スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • イタリアの引き出し

    イタリアの引き出し

    著者/内田洋子

    792 円(税込)

    近所の高校生たち、海辺の風景、贈り物のベゴニア、特製薄焼きパン……ミラノやヴェネツィアの街角で、バールで、散歩の途中で著者が出合った鮮やかな一瞬一瞬を季節の彩りと共にスケッチした随筆60編。端的な文章で描かれた、多様な色と音の詰まった宝箱。

  • 不滅の哲学 池田晶子

    不滅の哲学 池田晶子

    著者/若松英輔

    1,870 円(税込)

    「いのち」によって支えられている今を深く味わう。そのときはじめて、私たちは深い安堵に包まれる、と池田晶子はいうんだ。

    『14歳からの哲学』をはじめ多くの傑作を遺した孤高の哲学者、池田晶子。彼女が考え抜いたものとは何だったのか。その核心を読み解いた名著『池田晶子 不滅の哲学』(トランスビュー版)に書き下ろしの一篇「不滅の哲学」を加えた増補新版。
     

  • Letter

    Letter

    著者/皆川明

    3,300 円(税込)

    ミナ ペルホネンのウェブサイトで2011年8月から始まり、今もなお週に一度だけ更新され続けている人気ページ──「Letter」。文字通り皆川明からの短い手紙のようであり、詩のようであり、呟きのようでもある。服をつくる気持ちの底にほうにあるこれらの言葉は、わたしたちが暮らすこと、生きてゆくことの惑いを、静かに整えてくれる。

  • こんにちは未来 ジェンダー編・アメリカ編・メディア編(3冊組)

    こんにちは未来 ジェンダー編・アメリカ編・メディア編(3冊組)

    著者/佐久間裕美子、若林恵

    3,960 円(税込)

    NY在住のジャーナリスト佐久間裕美子と、コンテンツメーカー黒鳥社の若林恵。盟友二人がカテゴリーにとらわれず縦横無尽に語りつくすポッドキャスト番組「こんにちは未来」を書籍化。#MeToo 以降の「ジェンダー」、トランプ以降の「アメリカ」、ポスト・トゥルース以降の「メディア」。

  • 国道3号線

    国道3号線

    著者/森元斎

    2,750 円(税込)

    九州はなぜ「こう」なのか。彼女ら彼らはどのように抵抗し、反撥してきたのか。鹿児島の西南戦争を起点に、水俣裁判、サークル村、筑豊炭鉱、米騒動、はては神話世界へと国道3号線を北上しながら、国家に抗う民衆の諸相を描く地誌的思想史。宮崎八郎、宮崎滔天、石牟礼道子、緒方正人、谷川雁、火野葦平らの群像から、《思想/運動としての九州》が浮上する。

  • アルテリ 十号

    アルテリ 十号

    著者/田尻久子(責任編集)

    1,100 円(税込)

    熊本発の文芸誌「アルテリ」十号、谷川俊太郎さんが石牟礼道子さんと「空想の対詩」を試みる。他にも『苦海浄土』を世に出した頃の石牟礼さんインタビューや、岡田利規さんのエッセイなど。

  • 水晶内制度

    水晶内制度

    著者/笙野頼子

    2,640 円(税込)

    怒りと悲しみの上に生まれた女の国。私はここで、女だけの神話を完成させる。

    作家の「私」が亡命したのは、原発の受け入れを交換条件に日本から独立した女人国ウラミズモ。楽しい夜道、安全な子育て、女と女で暮らす性愛のなき「ディストピア」!  作家はこの悪夢に魅了されて……。読者悲願の「聖書」がついに復刊。渾身の書き下ろし自作解説一挙50枚。2003年センスオブジェンダー大賞受賞作。

  • フェミニズムはみんなのもの 情熱の政治学

    フェミニズムはみんなのもの 情熱の政治学

    著者/ベル・フックス

    1,980 円(税込)

    この本を読んでみてください。フェミニズムとはなにで、どんな運動をしてきたのか、わかるから。

    現代を代表するフェミニスト理論家のベル・フックスが新しい世代に向けてバトンを渡す、世界でロングセラーのフェミニズム入門書を復刊! 平易な語り口で、フェミニズムの定義、理解と前進のための批判、運動の変化と展望を説く。フェミニズムの歴史を知り、今に活かしたい新しい読者たちにとって最適の一冊。

  • こじれないNOの伝え方

    こじれないNOの伝え方

    著者/八巻香織

    1,100 円(税込)

    「ムリ!」と言えないこの空気、なんで? NOと言えない、断われない。それって性格のせいじゃない。小さなNOから変化ははじまる。こじれない、こわれない、つぎにつながるNOのレッスン。

  • まぁまぁマガジン23号

    まぁまぁマガジン23号

    1,650 円(税込)

    詩とインタビューの本『まぁまぁマガジン』、約4年ぶりの最新号。

  • ほんとうのリーダーのみつけかた

    ほんとうのリーダーのみつけかた

    著者/梨木香歩

    1,320 円(税込)

    非常時というかけ声のもと、みんなと同じでなくてはいけないという圧力が強くなっています。息苦しさが増すなかで、強そうなひとの意見に流されてしまうことって、ありませんか? でも、あなたがいちばん耳を傾けるべき存在は、じつは、もっと身近なところにいるのです。あなたの最強のチームをつくるために、そのひとを探しに出かけよう。

  • うちでごはん

    うちでごはん

    著者/一田憲子

    1,540 円(税込)

    「いつものおかずが、きっと明日の力になる」 がんばらなくても、「あ~おいしい!」とごはんが食べられれば幸せ。簡単レシピ・うつわ・盛り付け・道具の選び方……etc. 『暮らしのおへそ』ディレクター・一田憲子さんの日々の食卓。

  • こどもと大人のてつがくじかん

    こどもと大人のてつがくじかん

    著者/犬てつ(編)

    2,530 円(税込)

    “みんなのいる意味を感じるところ。 新しい世界に踏み出せる場所。”(小5の参加者の声) こどもと大人が一緒に対話し、紡いできたてつがくじかん。愛知県犬山市で営まれた、宝物のような三年間のドキュメント。

  • 弱さのちから

    弱さのちから

    著者/若松英輔

    1,430 円(税込)

    弱さを肯定するところから、生まれるもの——。強くあるために勇気を振り絞ろうとする。だが、そうやって強がろうとしても、勇気は湧いてこない。勇気は自分の「弱さ」と向き合いつつ、大切な人のことを思ったとき、どこかから湧出してくる

  • 14歳の教室

    14歳の教室

    著者/若松英輔

    1,430 円(税込)

    答えは誰かがくれるものじゃない。自分で見つけるものなんだ。

    進むべき道に迷ったとき、先が見えずに苦しいとき、生きがいを見失ったとき、言葉が君を支えてくれる。「おもう」「分かる」「考える」「読む」「書く」「聞く」「話す」 素朴な動詞の意味を問いながら、大切な言葉と出会う7つの授業 。

tumblr

pagetop
×