スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • 人類はどこへいくのか

    人類はどこへいくのか

    著者/サティシュ・クマール

    2,484 円(税込)

    土(Soil)、魂(Soul)、社会(Society)。サティシュ・クマールが説く3つのS。すべてはここから。

  • うつわを巡る旅

    うつわを巡る旅

    作/赤木明登、赤木智子

    1,728 円(税込)

    いま、使いたいもの、こころが動くものは、どこにある?

    作り手でありながら、熟練の使い手でもある塗師・赤木明登さん。エッセイストでギャラリスト、洗練された選び手でもある赤木智子さん。お二人が、日本全国うつわを巡る旅に出ました。

  • インタビュー

    インタビュー

    著者/木村俊介

    2,376 円(税込)

    えんえんと、えんえんと、えんえんと、
    訊(き)く。纏(まと)める。

    20年にわたり1000人以上の人にインタビューしつづけてきた著者による、はじめてのインタビュー論。下準備、節度などの基本から、依頼の仕方、聞き方などの技術までを網羅。その上で、「インタビューにはなにができるか」という可能性を探る。

  • 今日の人生

    今日の人生

    著者/益田ミリ

    1,620 円(税込)

    むなしい日、幸せな日、おいしいものを食べた日、永遠の別れが訪れた日・・・。2コマで終わる 「今日」 もあれば、8ページの物語になる 「今日」 もある。「今日の人生」 の積み重ねが、私の人生。

  • 人と料理

    人と料理

    作/馬場わかな(写真・文)

    1,944 円(税込)

    皆が作り、食べるのだ。料理が本業の人もそうじゃない人も、 料理に対して語ることばを持っている人もいない人も。

    どんな人でも、毎日ごはんを作って食べる。そんな日々の営みを、ライフワークとして撮り続けてきたフォトグラファー・馬場わかなさん。興味を惹かれた人たちに、「いつもの料理を作ってください」 とお願いして、普段の表情や料理風景を撮影してきた。

  • こどものみかた

    こどものみかた

    著者/柴田愛子

    1,296 円(税込)

    未知のものへの好奇心、友だちとの葛藤、個性の違い・・・。毎日を精一杯生きる子どもたちのこころの中で、どんなドラマが起きているのか? 1982年、神奈川県に小さな幼稚園 「りんごの木」 をはじめた、著者・柴田愛子さん。本書は、保育の最前線で小さなひとたちをつぶさに見てきた柴田さんによるエッセイ。

  • 食の思想

    食の思想

    著者/小林カツ代

    1,188 円(税込)

     一人でも『家庭料理』と思いたいけれど、
     一人暮らしを家庭と呼ぶかどうか。
     家族とでもいいし、
     一人が自分のためだけの、
     個人が楽しむために作る料理でもいいし。
     うちで作ってただ食べるそのことを
     なんて呼べばいいかなァ。

  • 本の修理と仕立て直し

    本の修理と仕立て直し

    著者/美篶堂

    1,944 円(税込)

    カバーが破れた。ページが裂けた。背表紙が壊れた。本がバラバラになった・・・。何度も読んだ愛着ある本は、どうしても傷んでしまいがち。思い出のいっぱい詰まった本は、捨てるに捨てられない。 

  • かんしゃになろうよ。こころで、

    かんしゃになろうよ。こころで、

    作/佐藤春菜

    1,620 円(税込)

    ダウン症のアーティスト、佐藤春菜さんの作品集。 詩であり、絵でもある、新しい「ことば」の表現。

  • マーマーマガジン for men 第3号

    マーマーマガジン for men 第3号

    著者/服部みれい

    972 円(税込)

    ■追悼特集 中島正 思想入門/みの虫生活のすすめ
     不耕の民と都市とは?
     直耕の民と自然世とは?
     独立農民、どうやって?
     編集部がおくる みの虫生活のためのAction Plan11
     中島正インタビュー

  • 深読み! 絵本『せいめいのれきし』

    深読み! 絵本『せいめいのれきし』

    著者/真鍋真

    1,620 円(税込)

    絵本 『ちいさいおうち』 の作者、バージニア・リー・バートンの名作『せいめいのれきし』は、半世紀以上に渡り、読み継がれてきた科学絵本です。

    2015年、50年ぶりに改訂されたロングセラー『せいめいのれきし』、その改訂版を監修した恐竜博士・真鍋真さんが、地球が生まれてから今この瞬間まで続く、長い長い命のリレーのお芝居の見どころを解説します。

  • 一〇三歳になってわかったこと

    一〇三歳になってわかったこと

    著者/篠田桃紅

    540 円(税込)

    「いつ死んでもいい」なんて噓。生きているかぎり、人間は未完成。大英博物館やメトロポリタン美術館に作品が収蔵され、一〇〇歳を超えた今なお第一線で活躍を続ける現代美術家・篠田桃紅さん。「百歳はこの世の治外法権」「どうしたら死は怖くなくなるのか」など、人生を独特の視点で解く。凛としたことばに、生きる愉しみを見つける知恵が凝縮されたエッセイ集。

  • 小さな家のローラ

    小さな家のローラ

    著者/ローラ・インガルス・ワイルダー
    絵/安野光雅(監訳・絵)

    2,052 円(税込)

    名作 『大きな森の小さな家』 が、安野光雅さんの手によって 「絵の本」 になりました。

    かつて大ヒットしたテレビドラマ 『大草原の小さな家』、その原作 『大きな森の小さな家』 の世界に魅了された方も多いはず。安野光雅さんの絵と訳で描きおろされた本書は、緻密な描写と遊びごころあふれる美しい絵と、親しみやすい日本語訳で、アメリカ西部開拓時代を生きた家族の、あたたかく力強い暮らしを忠実に描きます。

  • 服を10年買わないって決めてみました

    服を10年買わないって決めてみました

    著者/どいかや

    1,404 円(税込)

    『チリとチリリ』などでお馴染み、絵本作家・どいかやさん。10年前、大掃除の時に、ふと思いました。「山ほど服を持っているのに、まだ服を買い続けている。衝動買いしたまま、着ていない服もある…。来年から、とりあえず10年服を買わないチャレンジをしてみよう」 

  • 食べ方帖

    食べ方帖

    著者/長尾智子

    1,728 円(税込)

     一日一穀 一度はお米を食べる
     一日三茶 朝昼晩とお茶をいれる
     一日七考 なにかと工夫する
     一日百笑 なるべく機嫌よくする
     一日千想 空見て想いをはせる
     一日手入 道具も自分も手入れする
     一日一菓 一つお菓子を食べる

tumblr

pagetop
×