スロウな本屋 オンラインショップ

カートを見る

新規登録

書籍

  • 「居場所」のない男、「時間」がない女

    「居場所」のない男、「時間」がない女

    著者/水無田気流

    968 円(税込)

    現代日本に暮らす人々はある種の貧困に陥りやすい。仕事一本で家庭や地域に居場所を失う「関係貧困」の男性たち。生まれた時から進学、就職、結婚、育児、介護と期限に追われる「時間貧困」の女性たち。世界が平等を謳えども、いまだ両者の間には深い分断が存在する。

    「普通」の幸せは、本当に在るのか? 凝り固まった構造の歪みを今こそ丁寧に解きほぐす。

  • 虫とゴリラ

    虫とゴリラ

    著者/養老孟司、山極寿一

    1,650 円(税込)

    希望と滅亡。未来はどっちだ!? 〈虫とゴリラ〉の目で、人間の世界をとらえ直す。情報化社会の中で、コンピューターに支配されつつある現代日本人に、生物界からの緊急提言。野生の感覚をとぎすまし、人間の危機を乗り越えろ。列島誕生から1500万年。解剖学者と霊長類学者が語りつくした、この国の未来像。

  • 北欧の森のようちえん

    北欧の森のようちえん

    著者/リッケ・ローセングレン

    2,970 円(税込)

    自然は、子どもたちがさまざまなことを試しながら成長できる絶好の環境です。この本では、なぜ自然が子どもの発達のために健康的で刺激的な学習環境だと言えるのか、その理由に迫ります。

  • 桃のお菓子づくり

    桃のお菓子づくり

    著者/今井ようこ、藤沢かえで

    1,760 円(税込)

    桃の魅力を最大限に生かしたレシピ集。

  • 本屋さんしか行きたいとこがない

    本屋さんしか行きたいとこがない

    著者/島田潤一郎

    1,100 円(税込)

    本屋さんに通い続けた、ひとり出版社の3年間の思考錯誤。本書は、夏葉社 島田潤一郎さんが、2つの連載を一冊にまとめたもの。

  • うたうおばけ

    うたうおばけ

    著者/くどうれいん

    1,540 円(税込)

    人生はドラマではないが、シーンは急に来る。失恋してラーメン屋に喪服でやってきたミオ、「ビニニでもバナナ」と大発見したのんちゃんとゆーきちゃん、暗号でしか告白できないスズキくんなど個性的な「ともだち」がぞくぞく登場。webでの人気連載に大幅増補の全39編。おだやかにかわいい百鬼夜行。

  • 京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ

    京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ

    著者/山極寿一

    660 円(税込)

    アフリカでゴリラ研究を重ね、総長の仕事は「猛獣使いだ」という人類学者で世界的なゴリラ研究者であり、京都大学総長が、グローバル時代を生き抜く力の磨き方を語る。

    「精神的な孤独が、自信につながる」 「他人の目が〈自分〉をつくる」 「他人の時間を生きてみる」 「信頼は時間によって紡がれる」 など、知的でちょっと泥臭い人生論。

  • ブックオフ大学ぶらぶら学部

    ブックオフ大学ぶらぶら学部

    著者/武田砂鉄、大石トロンボ、山下賢二、 小国貴司、Z、佐藤晋、 馬場幸治、島田潤一郎

    1,430 円(税込)

    全国47都道府県に店をかまえ、本のある場所として、多くの読者に支持され
    ている店ブックオフ。けれど、「本屋さん好き」の間でブックオフの名前が出る
    ことはほとんどありません。業界からは敵視され、あるいは軽く見られて、ブ
    ックオフとはなんなのか、という問いは長年おざなりにされてきました。

  • シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々

    シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々

    著者/ジェレミー・マーサー

    1,320 円(税込)

    パリ左岸にある、ジョイスの『ユリシーズ』を生み出した伝説の書店、シェイクスピア・アンド・カンパニー。貧しい作家や詩人たちに食事とベッドを提供していた二代目の店に、偶然住み着くこととなった元新聞記者が、風変わりな店主や居候たちと過ごしたドキュメント。文学と恋と人生をめぐる、本好きにはこたえられない奇跡の書店の物語。

  • 母の友 2020年7月号

    母の友 2020年7月号

    579 円(税込)

    特集は「身近な自然を感じる」。いつか親子でハイキングに出かけるための指南は、佐井和沙也さん。編集者・若菜晃子さんは、幼少期の思い出を綴るエッセイ「草原の花々」と、「自然を感じるブックリスト」を。ベテラン保育者・柴田愛子さんからは、子どもと自然を感じるためのアドヴァイス。小さなひとと自然に親しむヒントが満載です。

  • 見た目を、整える

    見た目を、整える

    1,320 円(税込)

    大人のための、「見た目」特集。さまざまなジャンルで活躍するひとの、「見た目」の整え方とは。

    「どんな人にも共通していたのが、「見た目」を変えれば、自分への信頼度がぐんとアップするということ。メイクででも、筋トレででも、洋服の選び方ででも、まだまだ私は変わることができる、と知る……。」

  • 月刊クーヨン 2020年 6月号

    月刊クーヨン 2020年 6月号

    880 円(税込)

    オーガニックな育児雑誌。特集は、「ウィルスをはねかえす子育て」。免疫力や発達が促される暮らし方を探ります。

  • 絵の内と外【入荷次第発送】

    絵の内と外【入荷次第発送】

    著者/谷川俊太郎(文)、後藤眞理子(編)

    1,870 円(税込)

    銀座・ギャラリーゴトウで2016年より開催されてきた「谷川俊太郎の世界を描く」展。谷川俊太郎の詩と、詩をテーマに描かれた絵画とのコラボレーションは、まさに谷川俊太郎のことばを視覚化し、絵画の魅力を言語化する幸せな出会いを生みだしてきた。そのエッセンスを1冊にまとめた。谷川俊太郎の未発表詩「絵の内と外」収録。

  • 暗やみの中で一人枕をぬらす夜は

    暗やみの中で一人枕をぬらす夜は

    著者/ブッシュ孝子

    2,090 円(税込)

    「暗やみの中で一人枕をぬらす夜は
    息をひそめて
    私をよぶ無数の声に耳をすまそう
    ……夜の闇にこだまする無言のさけび
    あれはみんなお前の仲間達
    暗やみを一人さまよう者達の声
    沈黙に一人耐える者達の声
    声も出さずに涙する者達の声」
    (本文より)

  • 志村ふくみ 一色を、一生をかけて追い求め

    志村ふくみ 一色を、一生をかけて追い求め

    著者/河出書房新社編集部(編)

    1,540 円(税込)

    植物の声を聞き、生命の色を染める染織家・志村ふくみ、95歳。民藝などの先達の言を礎に、国内外の文学にも精通し、随筆家としても活躍する、今なお現役の人間国宝の魂に迫る、はじめての総特集。

tumblr

pagetop
×